So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

1521 大山崎=横須賀市浦郷町一丁目(神奈川県)この付近一帯はかつては津々浦々を凝縮したような地域だったのか [岬めぐり]

oyamazaki-6.jpg
 神奈川県横須賀市は、三浦半島の北東部にその中心部がある。市域は半島の東側を占め、北西側は逗子市と葉山町に隣接し、南端部は三浦市に譲っているが、その中間部では半島西海岸にまで及んでいる。この横須賀市の岬めぐりも全部終わったはずと思っていたら、地理院地図には確かにそれまでなかったはずの岬が、3つほど追加されているのを発見した。
 これはちゃんとフォローしておかないといけないと、さっそく出かけてきた。
oyamazakiM-1.jpg
 もともと軍港の街としての長い歴史をもつ横須賀では、市の北東部の海岸線には、自然地形はまったく残っていない。日露戦争のときの日本海海戦で旗艦をつとめた戦艦「三笠」も、岸壁に固定されたままでいる横須賀新港も東にあるが、そこから北東にかけての一帯はすべて米海軍の広大な基地になっている。
 また、それに続いては、海上自衛隊の港湾施設があり、わずかに残された基地以外の岸壁の内側には、工場地帯がある。横須賀市の北の端に当たる直線の岸壁で囲まれた出っ張りの一帯は夏島町と呼ばれ、そこには日産自動車の追浜工場が広い面積を占めている。
 貝塚遺跡もある夏島というこの町の名前も、実際にかつてはここが名実ともに島であったことを示すものだろう。日産の北西には平潟湾につながる水路があって、この水路の岸が横須賀市と北隣りの横浜市との境界線になっている。通常市境などは水路の場合はその中央で線引されるものだが、日産工場敷地では横須賀側の岸が境界になっている。それは日産か横須賀市が欲どおしく、境界線いっぱいまで埋め立てを進めたからではないかという想像もできる。
 野島、八景島という島も横浜市側にあるが、埋め立てや護岸工事が進んで、多くは島と島や島と陸地がつながったり、水路と海水面はだんだん狭くなっていったものだろう。
 この付近には、そうした痕跡がたくさん残されている。汐入、長浦、田浦、深浦、浦郷、追浜、六浦、平潟、福浦といった地名を拾うだけでも、海水面が広く広がり、陸地の間に複雑に入り込んでいた姿を想像することができる。
oyamazaki-1.jpg
 京浜急行電鉄本線の追浜駅で電車を降り、いかにも地方の商店街といった風情のアーケードの通りを東へ歩いて行く。
oyamazaki-2.jpg
 アーケードはやがて切れるが、駅から1キロちょっと歩くと左手に日産自動車の工場や研究所などの施設に行き当たる。そこから右折して、今度は浦郷町の工場地帯を南に進むと、岸壁に出る。
oyamazaki-3.jpg
oyamazaki-4.jpg
 そこは深浦湾という細長い入江で、周囲はぐるりと浦郷町。湾の北側は工場地帯で、南側は住宅が丘を上っている。
oyamazaki-10.jpg
 船舶修理の船台などがズラリと並んでいる入江の、出入口にあたる端の湾の南口にあるのが大山崎だ。
oyamazaki-8.jpg
 60メートルほどの小山から南東に向けて張り出した尾根の先がそうなのだが、そこへは行くことができない。この尾根の周辺がすべて米軍施設となっているからだ。したがって、浦郷町の工場地帯の南端岸壁が、大山崎をいちばん近くで見ることができる場所になる。
oyamazaki-11.jpg
 大山崎の米軍施設の西には、海上自衛隊自衛艦隊司令部という厳めしい表記が地理院地図には続き、その先が船越町という住宅が建て込む町になっている。
oyamazaki-12.jpg
 船越町を西に詰めていくと、標高50メートルくらいの峠があり、トンネルを西へ抜けると横須賀市から逗子市に入る。
 「船越」という地名は、全国各地に多い。だいたいそういう場所には低い峠があって、かつてはそこを船(舟)で越した(一部は船を曳いたり担いだりしなければならない)、ということから付いた名前であると思われる。
 船越にはもうひとつ意味がありそうで、船が峠を越すのではなく、島や陸を隔てる水路を船で越す、ということも考えられる。
oyamazakiM-3.jpg
 横須賀市の船越町は、京急田浦駅から西へ、谷間を詰めて峠を越え、逗子の沼間の水路につなげるという意味の「船越」だったのではなかろうかと、でんでんむしは勝手に思い込んでいるが、実際のところはどうなのだろう。
 そう考える理由は、もしここを船が越えることができれば、江戸湾から相模湾へ最短距離で抜けることが可能で、それは三浦半島をぐるりと遠回りするよりは経済的メリットがあったと思われるからだ。
oyamazaki-5.jpg
 この地域では、低い山の尾根筋に延びる谷間のことを谷戸(やと)と呼ぶ。ひだのように複雑な凸凹は浦々をつくり、その谷戸の奥のほうまで水路が広がっていた時代もあっただろう。それを考えると船越から沼間(これもいかにもの名前だが、もとは「沼浜」だったとされる)へ抜けることは、現在考えるよりは容易で現実的だったのではなかろうか。
oyamazaki-7.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
35度18分15.62秒 139度38分31.21秒
oyamazakiM-2.jpg
dendenmushi.gif関東地方(2017/11/03 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(21)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1520 十和田湖の岬まとめ=十和田市・小坂町(青森県・秋田県)ふたつの画像とリストで… [岬めぐり]

towadakoYuran-1.jpg
 「十和田湖」の語源も、実は「トーワタラ」というアイヌ語であるという。その意味は「絶壁だらけの湖」なんだって。なるほど、地図で見るとその通りではあるね。
towadako-1.jpg
 展望台などから見ると、もっとはっきり実感できるのだろうか。湖の周囲はぐるりと山に囲まれている。しかも、その山が切り立っていて、まるで屏風をめぐらせたかのような景観を示している…はずなのだが。湖岸で眺める景色では、山もそう高く切り上がっているようには見えない。それよりも、地図でみてその周辺の見えない部分も含めて想像するほうが、その実態はつかみやすいかな、と考えていた。
 するとたまたま、Batholithさんという人がスペースシャトルの地形データを使用してカシミールでレンダリングした図をパブリックドメインとして公開しているのを見つけた。さっそくそれを使わせてもらおう。(表記の文字はでんでんむしが加えた。)
towadakoMNK-2.jpg
 これで、十和田湖全体が大きな火口湖である様子がよくわかる。では、その火口をつくった火山爆発というのは、いつ頃のことだったのか、もういちどおさらいしてみると、約2万5,000年前(大不動噴火)の噴火と約1万3,000年前(八戸噴火)の陥没によると考えられているという。
 そこでまず、十和田湖の原型となる外縁がつくられ、第一カルデラを形成する。そしてその後、約1万年前にその大一カルデラの東南部で大噴火が起こる。カルデラ内部に別の新しい五色岩火山が形成された。爆発的噴火が多発しそれが火口を拡大し大きな山体を成長させていった。
 そして、約6,200年前の噴火でカルデラ内部に第二のカルデラをつくるが、火口壁が崩壊して第一カルデラの湖水が火口に流入した。これにより第一カルデラと第二カルデラがひとつになり、中湖ができた…ということになるのか。
towadako-5.jpg
 「1513 鴨ヶ崎」の項では「最初のカルデラ湖ができたのは5万5,000年~1万5,000年前」で、「中湖ができたのは約4,000年前頃」と書いていたのだが、参考にする資料が異なると数字まで変わってしまう。それくらい、はっきりとはわからない、ということだ。
towadako-2.jpg
 また、同じ項目で中湖については「1,100年前という説もあり」とも書いていたが、これは少し事情が違うようだ。915年(延喜15)年の大噴火というのがあったらしい。その噴火は、日本国内で過去2000年間に起きた最大規模の噴火であった、というのだ。それが御倉山溶岩ドームをつくったのだが、その記録がどうやら現地情報としてはっきり残っていないらしい。
towadako-3.jpg
 カシミールの3D地形図は、カルデラ壁を想像するのに役立つが、湖の中はわからない。「1515 千鶴崎」の項では、湖底にも眼を向けて断面図を描いてみようとしてめんどうだからやめた、と書いていた。そんなことはしなくても、十和田ビジターセンターで、ちゃんとその立体模型がメインで展示されていた。この写真を使えばいいのだ。湖水面の下から湖底まで「絶壁だらけの湖」だったことがよくわかる。
towadako-4.jpg
 これで、両々相俟って、十和田湖の全容を想像し、認識することができるだろう。
 「1512 日暮崎」から「1519 寺子ノ岬」まで、8つの岬のまとめを兼ねて、湖の全体像を俯瞰しておきたい。
 1512 日暮崎=十和田市奥瀬(青森県)御倉半島西側の岬は一日の終りに幕を引く岬なのか
 1513 鴨ヶ崎=十和田市奥瀬(青森県)この岬の下から千丈幕は湖の中にも何段か階段をつくっているような…
 1514 猿子崎=十和田市奥瀬(青森県)屏風のような崖と山で囲まれている十和田湖は巨大な雨水桶なのか
 1515 千鶴崎=十和田市奥瀬(青森県)湖底に目を向けて見えないところも想像してみると…
 1516 中山崎=十和田市奥瀬(青森県)中湖と西湖を分けるここで青森県の岬はおしまいに
 1517 猿鼻岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)廃藩置県以来137年目にしてやっと確定した十和田湖の境界線は6:4で線引
 1518 よどの岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)鉛沢と鉛山と鉛山峠を越えた向こうにあるもの
 1519 寺子ノ岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)その昔教科書で初めて知った十和田湖のこと

 これで十和田湖の岬めぐりは終了。towadako-6.jpg
 帰りは、休屋からJRバス東北のバスで焼山まで降りて、そこからまたバスで三沢まで戻った。
towadako-7.jpg
 三沢からは青い森鉄道で八戸まで行き、IGRいわて銀河鉄道に乗り換えて、岩手山を見ながら盛岡へ出た。青い森鉄道もいわて銀河鉄道も、元JR東北本線の在来線の一部を、第三セクター方式で引き継いだもので、相互に乗り入れもしている。そのお互いの境界駅が目時になっているのは、青森県と岩手県の県境のためでもある。
towadako-8.jpg
 いつも、新幹線で長いトンネルで走り抜けるところなので、こういう機会にのんびりと別の風景を楽しむのもいい。
towadako-9.jpgtowadako-10.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
40度26分26.11秒 140度51分40.92秒
とわだまとめM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/06 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(24)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

1519 寺子ノ岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)その昔教科書で初めて知った十和田湖のこと [岬めぐり]

terakonomisaki-1.jpg
 でんでんむしが十和田湖のことを初めて知ったのは、こどもの頃に学校で習った教科書でであった。それは、和井内貞行という人が、その山の上の湖でヒメマスの養殖にひたすら苦心するという話だった。
 以来、何十年経っても十和田湖もヒメマスも見ることもなく、まったく縁がなかった。そこへやっとやってきて、和井内貞行の養魚場などがあったと思しき辺りを遠くぼんやり眺めている。
terakonomisaki-2.jpg
 しかし、見渡す限り山と湖面が続くばかりで、なにがどこにあるのか、さっぱりわからない。
 大川岱という大川沢の裾が大きく丸く広がる平地があり、十和田湖プリンスホテルもそのへんにあるらしいが、それもはっきりわからない。寺子ノ岬もその北に位置するが、これまたほんの少し湖岸が膨らんでいるだけだから、どこがそうだかわからない。わからないだらけだが、十和田湖プリンスホテルに泊まるとかしなければ、その岬に近づいて確かめることもできない。
 地図ではホテルと岬の中間に「和井内神社」という表記がある。すると、その付近が和井内貞行夫妻の活動の中心地であったのだろう。
terakonomisaki-5.jpg
 休屋には十和田ビジターセンターという、環境庁か何かの立派な施設があって、そこには十和田湖のさまざまが展示紹介されている。もちろん和井内貞行についてもちゃんとコーナーがあって、そこにある写真が養魚場で、遠景に写っているのが寺子ノ岬であるような感じもするが、それも確かではない。というのも養魚場は何か所か時期によって移動しているからだ。
terakonomisaki-6.jpg
 寺子ノ岬の北側には銀山沢と銀山という字地名もあり、そこで旅館「観湖楼」を営業し、人工孵化場もつくったとされている。彼は、養殖だけでなく、十和田湖観光の基礎づくりにも努力したという、もう一面もある。
 彼は生まれたのは、小坂鉱山(前項参照)の南にあたる毛馬内村(現・鹿角市)で、南部藩毛馬内陣屋城代の筆頭家老職を務めていた家であった。ちょうど、井伊直弼が不平等条約である日米修好通商条約を結んだ1858(安政5)年で、成長する間に世の中は大きく変わる。
terakonomisaki-3.jpg
 教科書には出てこなかった、その時代を生きた彼の姿を追ってみると、まず毛馬内時代には、戊辰戦争で南部と秋田の戦争があった。もめた末に奥羽列藩同盟に残った南部盛岡藩は、奥羽越列藩同盟を離脱して新政府軍に参加した久保田藩(秋田)と戦争するハメになったうえ、盛岡藩が負けるという混乱に直面したはずだ。その敗戦のために南部盛岡藩領だった十和田湖西部一帯も秋田のテリトリーに入ってしまう。
 維新後、助教員を経て24歳のときに工部省小坂鉱山の十輪田鉱山に勤務するようになる。それからしばらくして、鉱山は藤田組に払い下げられ、吏員から社員に身分が代わる27歳頃から、貞行は養殖漁業に強い関心を示し行動を起こすようになる。その直接的な動機については、はっきりふれたものが見当たらないが、当初は鉱山で働く人々のため食糧調達を図る目的で始まったようだ。
 当時の十和田湖は、長年にわたって魚が一匹もいなかった。いまどきのように、車でやってきて外来種を捨てていく不心得者もいなかったので、ずっと生命のない湖だったわけだ。湖の神様が魚を嫌ったからだと信じている者も多かったらしいが、奥入瀬渓谷銚子の滝の落差が、魚類の遡上を許さなかったから、というのが原因だろう。
 目の前に十和田湖があるのだから、ここで魚が穫れるようになれば、と考えるのは自然だったのだろう。それでは、というので魚類の放流を始めたのは貞行が最初ではなく、何人かの人が試みていた。当初は、鉱山のための食糧調達という大義名分があったためか、上司の許可と支援も得て、漁業権の設定を行ない、コイの稚魚を放流することから始めた。ところが、貞行のいた十輪田鉱山のほうが休止に追い込まれ、小坂への転属が言い渡されるに及んで、藤田組を依願退社して養殖漁業に専念することを決心する。
terakonomisaki-4.jpg
 1900(明治33)年、43歳の頃、サクラマスやビワマスの卵を買い入れ、それを孵化させた稚魚を放流するようになるが、成果は上がらず借金だけが膨らむ。そのうちたまたま、アイヌ語でカバチェッポという支笏湖の回帰性のマスの情報を得るが、これこそが後にヒメマスと呼ばれるようになる魚だった。苦しい生活のなかで、なんとか資金を調達し、青森水産試験場の支援を受けて、50,000粒の卵を買い入れ、その孵化に成功して稚魚30,000尾を放流したのが1903(明治36)年で、このときに自分の名を放流したヒメマスにつけた。
 しかし、それが成功したかどうかは、成魚となったヒメマスが放流地点の桟橋付近まで回帰したことが、確認できて初めてわかる。貞行の養魚事業にかける思いが尋常でなかったのは、回帰を待つ不安な日々のなかでもへこたれず、ただ待つだけでなく日露戦争勝利を記念して新しい孵化場の建築を始めていることでもわかる。その場所は、休屋に近い生出の湖岸であった。
 ヒメマスの群れが戻ってきたのは、1905(明治38)年の秋であったという。
 教科書ではそのあたりのことを感動的に書いていたのだろうが、細かいことまではもう覚えていない。
terako-8.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
40度28分3.66秒 140度50分7.57秒
terakonomisakiM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/06 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:歴史 秋田県
きた!みた!印(29)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1518 よどの岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)鉛沢と鉛山と鉛山峠を越えた向こうにあるもの [岬めぐり]

yodonomisaki-1.jpg
 前述の2009年の「広報とわだ」の記事には、青森県と秋田県の十和田湖上の境界線の設定が図で示されている。線一本だってそう簡単ではない。なかなかお役所のやることは細かくて念が入っているが、こと自分たちの縄張りを決める境界線となれば、なおのことだろう。
yodonomisakiM-2.jpg
 なにしろ自治体の面積は、交付金の額などにも直接影響してくるらしい。
 湖の水面上の境界線は直線で示されているが、神田川の河口から北西にまっすぐ伸びた線は、よどの岬の沖合で、急に向きを北北東に変え、そのまま今度は湖の北の御鼻部山を目指している。
 その転回点が、ちょうど南の猿鼻岬と北のよどの岬を結ぶ正三角形の頂点に当たっているように見えた。厳密には三辺の距離は均等ではないので、正三角形ではないがほぼそれに近い。
 猿鼻岬とよどの岬は、境界線の位置決めのときには、なんらか役割を果たしたのかもしれない。
yodonomisaki-2.jpg
 十和田湖西岸の岬へは、国道454号線を北へ辿れば、それぞれ行くことはできるのだが、なにせ交通手段がない。西岸にある十和田ホテルとか、十和田プリンスホテルに泊まることにすれば、ホテルの送迎車で運んでもらうことができる。それも考えてはみたのだが、結局今回の計画ではそううまくいかなかった。したがって、以下もすべて船または休屋方面からの遠望のみになる。
 それらのホテルも営業は11月半ばまでで、春は4月も終わる頃でないと再開しない。冬季は長い休業期間に入っている。バスも遊覧船も止まっている今時分は、湖岸も雪にうめつくされ白い世界になっているのだろう。
yodonomisaki-3.jpg
 よどの岬の南側、緑の山の中に赤い屋根がみえるところがある。これが十和田ホテルであろう。その後ろには、山腹に崖が巻いているちょっと凸凹した山容が存在感を示している、標高900メートルほどの鉛山がある。
yodonomisaki-4.jpg
 ホテルの奥には、谷と沢が続いているはずだが、遠目ではさっぱりわからない。その鉛沢という沢を詰めて行くと鉛山峠を越えて、十和田湖の西側の盆地に広がる秋田県鹿角(かづの)郡小坂町(こさかまち)の中心に出ることができる。その山道は、昔の主要なルートであったが、現在ではもっと南の発荷峠から分岐する樹海ラインという自動車道が通っている。十和田湖と小坂の街への往来は、そのルートだけのようだ。
yodonomisaki-5.jpg
 十和田湖畔に鉛山や鉛沢があるのも、この一帯には広く鉱床が分布していた小坂鉱山の一部だった時期があり、残された山や峠や谷や沢の地名はそのことをわれわれに伝えようとしているのだろう。Googleマップによると十和田ホテルの近くには、現役で営業中の鉛山鉱業という会社もあるようだ。
 小坂は、江戸時代から南部盛岡藩が鉱山を経営していたくらいで、40年くらい前までは小坂鉱山といえば結構羽振りがよかったらしい。なにしろ、明治末期から大正初期にかけては、日本最大規模の鉱山だったというのだ。ここを「銅山」としている情報もあるようだが、ことはそう単純簡単ではない。
 緑色凝灰岩(グリーンタフ)については、前にもふれているが、この地帯に産する鉱床に黒鉱(くろこう)がある。黒鉱は銅や鉛、亜鉛、金、銀などの多くの有用金属が含まれている黒い鉱石で、高品質のうえ採算性にもすぐれていて、日本では非常に貴重な鉱床とされてきた。黒鉱は日本独自のものとされていた時期もあったようで、kurokoは世界で通用する用語だという。
 一説には、日本の銅、鉛、亜鉛の約半分が黒鉱鉱床から生産されたといわれるほどだが、その三大黒鉱鉱床が、大館など秋田県北部の十和田湖南西側に集まっている。小坂鉱山は、そのひとつだったのだ。
yodosaru-9.jpg
 しかし、それも昔の話、1994(平成6)年を最後に国内の黒鉱鉱床はすべて閉山してしまっている。小坂鉱山がまだ活動していた1980(昭和55)年には、黒鉱鉱床から産出した銅の生産量は3万4000トンで、国内総生産のうちの67%を占めていた。同様に鉛は3万トンで50%を占めていたから、銅と鉛については半分が黒鉱からというのは事実である。その頃、一度閉山した後で新鉱床が発見された小坂鉱山では、1980年の粗鉱採掘量は約68万トンあって、従事者も約1300人を数えたという。今は重要文化財として残るその鉱山の関連施設の建物などにかつての面影をみるくらいだろうが、精錬所やリサイクル事業は現在も続いているらしい。
 黒鉱と小坂鉱山の関係、久原房之助と製錬技術のことなど、もっともっと書くべきことはありそうだが、岬めぐりではあまり深入りしないで、適当なところで切り上げておくのがコツ…。
 なにしろ、山を眺めてその向こうを想像しているだけなんだから。

▼国土地理院 「地理院地図」
40度26分34.78秒 140度50分42.17秒
yodonomisakiM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/06 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(30)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1517 猿鼻岬=鹿角郡小坂町十和田湖(秋田県)廃藩置県以来137年目にしてやっと確定した十和田湖の境界線は6:4で線引 [岬めぐり]

saruhanamisaki-3.jpg
 何本も枝分かれした長い支流を持つ宇樽部川は、十和田湖に水を流し込んでいる最大の河川だが、休屋港を中心とする休屋の集落の南側を流れている神田川は、それに次ぐものと言ってよいのだろうか。この神田川が、青森県と秋田県の県境を流れている。この川の名は東京の神田川とは関係なくて、流域に神田という字地名があるからだろう。
saruhanamisaki-9.jpg
 港の桟橋で遊覧船を降り、400メートルも歩くと、この川に行きあたる。川とは言っても、水量はわずかしかないし、幅も広くなく、ほんの溝のような川だが、なにしろ県境の川だ。ちゃんとそれを示す標識看板も立っている。
saruhanamisaki-11.jpg
saruhanamisaki-4.jpg
saruhanamisaki-5.jpg
 青森県側の神田川右岸は、ビジターセンターやバスのりばもある広い園地になっていて、秋田県側の左岸は、数軒のホテルや旅館のような建物が集まっている。園地に架かる橋には、両国橋という名が付けられている。
saruhanamisaki-8.jpg
 陸奥国と出羽国のふたつの国にまたがるという、大きな名をもった小さな橋というつもりなのか…。
 いやいや、この両国橋の名は近年になって青森と秋田の境だからと、洒落センスで付けられたものだろう。道が遊歩道であること、橋の大きさやその佇まいからみても、昔からの道路ではない。もし、そうでなければ、後世の人間の思い込みによるもので、ずっと昔からはこの場所でそういうふたつの国という認識はなかっただろう。その点で、武蔵国と下総国を結ぶ橋だったところからついた隅田川の両国橋とは、大きさだけでなくかなり違うのではないかと思われる。

saruhanamisaki-6.jpg
 なぜならば、江戸時代の藩幕体制下では十和田湖の一帯全部が南部(盛岡)藩の所領となっていたのだから…(とは言えその境界区分も明確ではなかったはず)。1871(明治4)年の廃藩置県のときに、南部藩の一部が津軽藩とともに青森県になったことは、前にもふれたところだが、このときに十和田湖の東側は青森県で西側は秋田県という大雑把な線引がされ、湖水面の境界についてはちゃんと決めていなかったらしい。
 それが2008(平成20)年に青森県と秋田県、青森県十和田市と秋田県小坂町の間で、湖面の線引が行なわれて正式に確定している。なんと廃藩置県以来、137年目にして、やっとはっきりしたというわけだ。
saruhanamisaki-7.jpg
 現在の地図で、明確に直っすぐな線で引かれた境界線は、かつて青森県十和田湖町と秋田県小坂町の間で行なわれていた交渉の経緯も引き継いで、中山半島は十和田市とし、双方が主張する境界の中間線をとることで決着することになったその結果であるようだ。そのため、全湖面の面積比では青森6、秋田4の割合になった。
 …と書いてみたのは、そのほう(線引の結果湖面の割合が決まるというほう)が一見合理的と思われたからだったが、よく調べてみるとどうやらそうではなかったらしい。
 2009(平成21)年の「広報とわだ」によると、6:4というお互いの領有比率のほうが先にあって、それに合わせて線引をしたというのが真相らしい。(このあたりがネット情報にある新聞記事などでは、曖昧な書き方がしてあるので、ついそう誤解してしまった。)
 2003(平成15)年の十和田町と小坂町の議会による「十和田湖境界に関する特別委員会」の合意内容に「湖面部分は、青森県(十和田湖町)6割、秋田県(小坂町)4割の比率で分割する」という文言が入っていたので、それを踏襲したようなのだ。
saruhanamisaki-12.jpg
 6:4の理由はふれていないのでよくわからないが、十和田町側には宇樽部や休屋といった街もあり、十和田観光の出入りルートと拠点があるのに対し、小坂町の中心は湖の近くにはなく、秋田県側の湖畔は、どこも山が取り巻いていて、集落もあまりない。
 神田川を通る県境は、細い流れを湖に注いでいるが、河口の先、対岸が猿鼻岬になる。この岬の所在地は、秋田県鹿角郡小坂町となる。
saruhanamisaki-10.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
40度25分55.98秒 140度51分6.12秒
saruhanamM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/06 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(26)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -