So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

1422 江差津花岬=江差町字姥神町(北海道)急きょ計画を変更せざるを得なくなって思いがけなく再びの江差 [岬めぐり]

esashitubana-2.jpg
 はからずもやってくることになった江差は、三度目。といっても、そのうちの一度はバスで通過しただけだから、泊まるのは二度目。前に泊まったのと同じ「ホテル寺子屋」にお世話になった。今回は、行きで泊まって、帰りでも時間待ちをした。
esashitubana-3.jpg
 前の江差では、かもめ島の「155 クズレ鼻」の項目のほか、「154 大潤ノ崎」、「156 相泊岬」の3項目を書いていたので合わせて参照願いたい。
esashitubana-1.jpg
 「ホテル寺子屋」は、奥尻島へ行くフェリー乗り場にいちばん近いところというので選んだこともあるが、なにしろ、このホテルもそうだがその前にある通り(姥神津花通り)が気に入っている。横山家のような古い建物もあるが、昔の家並みを再現したというわけではない。平成に入ってから整備を始めた“いにしえ街道”という名もある通りは、ニシンで栄えた200年前の建物を残す横山家や中村家など古い建物を保存したり、新しく建てる場合もそれぞれレトロ感を前面に押し出したつくり(なんとなく明治の雰囲気)で統一されている。
esashitubana-6.jpg
 しかも、この通りには電柱が一本もない。管理用のボックスは歩道にあるが、電柱は地下に埋設されているので、道がきれいなのだ。
esashitubana-5.jpg
 帰りには、ここでずいぶんバスを待ったので、前に行けなかった追分会館とニシンそばの店をマークしてみたが、ニシンそばのほうは開店前でやはりタイミングが合わなかった。
 誤解を恐れずに言えば、江差は過去の遺産で成り立っているような街だ。そのひとつがニシンであり、江差追分だというのは、ちょっと独断と偏見に過ぎよう。ホテルのある位置は、姥神大神宮の近くで、その鳥居の前から海岸に向けて下ったところには、大きな山車(やま)が収められた倉庫がある。
esashitubana-8.jpg
 帰りには時間があったので、追分会館に行ってみると、この姥神さんの祭りと山車の展示室があった。
esashitubana-9.jpg
 ここでビデオを見ていると、いかにもニシン漁で繁栄を極めたかつての名残りが、この祭りに集約されて残っているような気がするのだ。この祭りのときには、故郷を離れていた人も続々と戻ってくるので、町の人口が5倍にも膨れ上がるという。
esashitubana-10.jpg
 13もある山車も、そうでなくては引く人も手も足りまい。山車に鎮座するキャラクターもばらばらで、それがまたおもしろい。なかには武田菱を掲げた山もあるのは、北海道へ和人が渡る初期の段階で、武田氏がこの付近(上ノ国)にやってきたという歴史的事実を反映したものだろう。
esashitubana-11.jpg
 「江差の五月は江戸にもない」と謳われた往時の繁栄を、今に伝える祭りは大きな遺産であり、それをまた後世に伝え残していこうという地元の情熱が感じられてうれしくなる。
esashitubana-12.jpg
 会館の2階には、江差追分など追分資料館もある。“正調江差追分”というのを聞いてみたが、とても簡単にはマネできそうもない。正調はとても嫋嫋(じょうじょう)として、その微妙な節回しと発声がなんともいえない。
 「追分」そのものは、なにも江差に限った歌ではない。主に北前船の乗員などによって各地へ伝播したとされ、日本海側のあちこちに、それぞれある。
 そのなかで、江差追分だけは毎年全国大会(熟年の部と少年の部まである)が開かれるほどの全国区なのは、どうしてなのだろう。館内には追分会という看板を掲げた部屋もあって、江差追分を守る町民の活動拠点になっているようだった。
esashitubana-13.jpg
 この項はあえて、「1422 津花岬」としてみた。それは、どこかで「津花岬」の表示を見かけたからである。
 「津花町」という町名は地図にもあるが、その岬名は載っていない。
tsuhanam-15.jpg
 鴎島と市街地を結んでいる埋め立て地の、ちょうど開陽丸のある南半分と、国道228号線が90度に折れ曲がる町の南側が津花町なので、ここにかつては津花岬があり、それは埋め立てで消えてしまったのではないか、とも考えられる。
 埋め立て地の北側半分は姥神町で、ここと追分会館の中間にフェリーの乗り場はある。
 「五勝手屋羊羹」は前にも買ったが、あのときにはJR江差線がまだ走っていたのだ。
esashitubana-4.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
41度52分0.06秒 140度7分27.35秒
esashitubanaM-1.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2016/09/02・05 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:北海道
きた!みた!印(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1421 道南の岬をめざしたものの=奥尻島・渡島半島・松前半島(北海道)震災の島とふたつの半島の落穂ひろいと… [岬めぐり]

donannomisaki-1.jpg
 JR東日本とJR北海道が提携して期間限定のフリーきっぷが、今年は北海道新幹線開業記念として、6月と9月に二度売り出された。6月はもたもたしているうちにいっぱいで買えず、9月の分で道南に行くことにした。
 北海道と東日本の路線が、5日間乗り降り自由で26,000円というのは、単独で切符を買って行くよりは安いとは言えそうだが、より安さを実感するには、乗りっぱなしでなければならない。だが、列車に乗っているだけでは、でんでんむしの目的は達せられないし、JR北海道の路線ダイヤは、決してうまくはつながらず便利とは言えない。
 新幹線で函館北斗まで行っても、そこからまた函館本線に乗り換えなければならない。長万部から函館本線はニセコ・余市・小樽経由で札幌に行くルートと、室蘭本線と千歳線で苫小牧経由で札幌に行くルートのふたつしかない。だが、函館本線は本数も少なく、千歳を経由する特急北斗(違いはわからないが、“スーパー”とつくのもある)が走るルートのほうがメインになる。
 北海道の乗り放題は、函館本線と室蘭本線・千歳線の関門を抜けてさらにどこまでできるかわからない。が、5日ではかなり限られる。といっても、前にはこの切符で旭川を経由して遠軽・網走までは行っている。
 今回は、道南の岬めぐりで残っているところと奥尻島がメインで計画を組んだ。函館北斗からスパー北斗(とにかく乗れる列車はこれしかない)長万部まで行き、そこからバスで渡島半島を横断して西海岸の瀬棚へ出る。そこから南北の沿岸に残っている岬を訪問して、瀬棚からフェリーで奥尻島へ渡る。
donannomisaki-2.jpg
 奥尻島の岬をめぐって、またフェリーで瀬棚に戻り、きたコースで木古内まで行く。木古内からは福島と知内の残っている岬を回って木古内から新幹線で帰る、という計画だった。
 この計画では、乗り放題と言っても、北海道内は木古内から長万部を往復するだけなので、あまり北海道フリーきっぷのお得感はない。それでも、とにかく道南で切れ切れに残ってしまった岬を片付けることを第一の目的として、東京駅までやってきたところで、思わぬ事態に遭遇する。新幹線乗り場の電光掲示板が、スーパー北斗の運休を告げていたのだ。
 ええっ! そういえば台風が通りすぎた北海道各地で被害が出ていたのは知っていたが、まさかスーパー北斗が止まっているとは…。
 念のため駅の人に聞いてみても、特急だけでなく各停も含めて全線運休で復旧見通しも立っていないという。
donannomisaki-3.jpg
 さて、どうするか。とりあえず函館北斗まで行く列車のなかで考えよう。混んでいる「はやぶさ」は、通路側の席しか取れなかったが、これだとまるで車窓の景色も見えない。新幹線もコンセントはついたが、WiFiまではないので、手持ちの地図と時刻表で考える。
 A案 函館北斗から代替バスが出ているだろうからそれで長万部・瀬棚を目指す。
 B案 次の台風も接近しているので、奥尻島計画を破棄して青森に引き返し、夏泊や下北の漏れているところを埋める。
 C案 木古内に引き返して江差に向かい、翌日の朝の便で奥尻島に渡り、また江差・木古内に戻る。
 検討の結果、いちばん計画を大幅にいじらなくてすむC案を採用することに決定した。近づく次の台風は、もう天に任せるよりしかたがない。
 この案だと、最初の泊まりの瀬棚をキャンセルして、江差でどこか泊まるところを探せばよい。船の時刻と島内の移動計画は修正しなければならないが、それもバスの時刻表でなんとか対応できると確認した。
 それにしても、これだとほとんど北海道フリーきっぷの効用は発揮されないことになる。
donannomisaki-4.jpg
 だいたいこのフリーきっぷは、乗客の少ない閑散期を狙ってしか発売されない。夏の場合は、夏休みが終わった直後に設定されるが、これは二百十日の台風シーズンのただなかである。平穏にすむほうが少ないと思ったほうがいいくらいだ。同様にこの切符で北海道までやってきた人たちも大勢いたはずだが、みんなどうしたんだろうね。まあ、被災した人のことを思えば、これしきのことで騒ぐわけにはいかない。
donannomisaki-5.jpg
 今回の計画のでメインは奥尻島だが、渡島半島西岸で残ったところをめぐりたかった。瀬棚からバスで大成富磯方面と、北上して三本杉から茂津多岬までの間の岬を回る計画を立てていたが、これが全部おじゃんになってしまった。そのほかにも、半島北部の島牧の岬も残っているが、これが非常な難物で、何度も試みたがなかなかうまく計画に入らない。今回もまた見送りになっていた。
 もうひとつ、木古内から松前半島東岸にも、小谷石と福島周辺に残っている岬がある。これまで、なんどか計画からこぼれ落ちてしまったところなので、これもなんとか片付けたい。
 心配なのは、奥尻島から帰りのフェリーまで、なんとか台風が待ってくれるかどうかだが、江差のホテルで天気予報を確認すると、スピードがずいぶん遅いらしい。これならなんとか台風の影響が出る前に、計画を終えることができるだろう。
donannomisaki-6.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
42度8分31.28秒 139度28分39.42秒
donanM-1.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2016/09/02〜06 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:北海道
きた!みた!印(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1420 獅子ヶ崎=小浜市田烏(福井県)長さ600メートル幅100〜メートルの崖でできた岬は小浜市の最東端 [岬めぐり]

shishi2-9.jpg
 常神半島の付け根は、いささか微妙ではあるものの、東は日向、西は塩坂越(しゃくし)とみて、まず不都合はあるまい。西海岸を走ってきた県道216号線も、ここから塩坂越トンネルを越えて三方五湖のほうへ出るからだ。このトンネルから南へは大きな道路はなく、ちょっと隔絶した感じで世久見、食見という集落があり、そこから北へ伸びる大きな出っ張りが固まっている。隔絶したといっても、世久見には世久見トンネルがあり、それで三方湖岸の国道162号線で常神からきた線と合流している。
 塩坂越トンネルに入って三方五湖へ出る前に、チェックしておかなければならない岬が、このシリーズの最後にもうひとつ残っている。
shishi2-8.jpg
 それは、小浜市の獅子ヶ崎。
 常神半島の南西にもこもこと突き出た半島の北端に、低く細長く飛び出た岬である。高さは50メートルくらいで、100〜150メートルくらいの幅しかないが、長さは600メートル近くある。
 この半島も周囲は断崖、とくに先端部分は全面急な崖で、この硬い崖のために侵食や崩落を免れた部分だけが、海中に突き出るようにして残ってこの岬になったと考えられる。この付近を通るときには、行きも帰りも雨だった。薄暗いなかにほとんど影のようにしか見えない。
shishi2-10.jpg
 この半島もほとんど集落らしい集落はなさそうで、見えているその半分弱までが若狭町。岬のある先端部分は小浜市の領域となる。
 小浜市に入る前に、若狭町について気になったこと。若狭町は「三方上中郡若狭町」だが、東隣りは「三方郡美浜町」であった。そして、おかしなことにどちらの郡もほかの町や村はなく、一郡一町なのだ。
 どうして、こういうことになったのか。やはり、昔は「三方郡」のなかに美浜町と三方町があったのだが、三方町が遠敷郡上中町と合併して「若狭町」となったときに「三方上中郡」を名乗ったという。しかし、なんで「三方郡若狭町」にならなかったのか。いったい、どういう不都合があったのだろうか。町のサイトをみても、さっぱりわからない。もしかして、「上中」という文字を残す必要があったからか。だが、それだけなら、どこでもあるように「若狭上中町」とかするのが普通だろうに。shishigasaki-11.jpg
 獅子ヶ崎が東に抱え込む湾には、地理院地図では記名がないのだが、Mapion に倣って世久見湾と呼んでおこう。この世久見湾の真ん中に、でんとあるのが鳥辺ならぬ烏辺(うべ)島。この島もその向こうも若狭町。これも、晴れた日だときれいに見える、海の美しさを楽しむことができるだろう。だが、こういう小雨霧雨のような風情もまた、墨絵を見ているようで味わいがある。
 おもしろいのは、こうした無人島でも、釣り情報だけはぞろぞろでてくるのだが、烏辺島に限ってはそれが見当たらず、スイミングとダイビングのスポットとしての情報があるきりだった。
shishigasaki-9.jpg
 烏辺島と獅子ヶ崎はほぼ東西に横並びなのだが、こちらは常神半島のほうから見ているので、バックは岬ではなく半島になる。
shishigasaki-5.jpg
 実はこの岬は、神子トンネルを越えて南に下った付近から見えていたのだが、そのときには岬の先端には隣にある黒崎もアタマを出していた。
shishi2-2.jpg
 このため、岬の先に岩島のように隆起した部分があるように見えていた。が、黒崎がかぶらない獅子ヶ崎の姿は、もっと南からみたこの姿になる。
shishi2-6.jpg
 小浜市の領域では、いちばん東の端になるのがこの獅子ヶ崎だが、そこから1キロ南西側にある黒崎は、小浜の岬めぐりで「579 黒崎=小浜市田烏」の項として書いていた。そこでも千島のことにふれていたが、沖の石は…。
 このときは、犬熊の海岸から矢代湾越しに見ていたのだが、バックには常神半島が見えていて、「あそこまで行くのは大変そうだなあ」という感想をもったことを記憶している。
shishi2-11.jpg
 また、常神半島から西へは、獅子ヶ崎よりもっと遠く薄く、長い半島のように見えていたのは、小浜市の最北端になる蘇洞門の断崖と久須夜ヶ岳であった。そこも、「569 長崎=小浜市宇久」「575 七蛇鼻=小浜市宇久」の項にあるが、ちょっとモヤが晴れた一瞬には、長崎の白っぽい崖がなんとなくわかるような気もした。
(このあたりの項目ではきた!みた!印は4とか8くらいで、常連さんを含めて近頃訪問くださる方々は皆無だったので、いちおうリンクを…。(お天気がいいときの若狭湾の景色もどうぞ)
shishigasaki-10.jpg
 というわけで、これでどうにか越前・敦賀・美浜・若狭・小浜へとつながった。そして、誤算続きのこのシリーズも終える。
mikataeki-1.jpg
 バスは、遊子・塩坂越とふたつのトンネルをくぐり抜け、JR三方駅に戻ってきた。この駅で失くしたというか忘れてきた帽子のことを、木ノ本駅に問い合わせてもらったことから、無事に戻ってくることになった、記念すべき駅になる。また、ここへ来て待合室の掲示ではじめて、予定していた日曜運行のバスがなくなっていることを知った。
kiyama-7.jpg
 三方駅のホームには、若狭町の「ラムサール条約登録湿地 名勝 三方五湖」などの観光看板。
kiyama-8.jpg
 これで、本州の日本海側は、竜飛崎から丹後半島最北端の経ヶ岬までつながったことになり、この次、西へは犬ヶ岬(京都府京丹後市丹後町)からとなるが、さて、それはいつ…。

▼国土地理院 「地理院地図」
35度34分34.39秒 135度48分41.12秒shishigasakiM-1.jpgshishigasakiM-2.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2016/07/18 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:福井県
きた!みた!印(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1419 神子崎=三方上中郡若狭町神子(福井県)神功皇后の影を残す半島の陸の孤島だった浜辺の集落と岬の名は“みこ” [岬めぐり]

kamikozaki-5.jpg
 なぜ常神で3時間も時間を潰さねばならなくなったかといえば、ひとつには常神岬が見えるところまで登ることができなかったので、時間が余ったというだけではなく、計画で予定していたバスの時刻が変更でなくなっていて、夕方の最終便まで待たなけばならなかったからだ。
kamikozaki-2.jpg
 すでにこのシリーズ冒頭から告白しているように、誤算続きの連続だったなかでは、“ネット上に流れているバス時刻表が変わっていた”、という要因によるものが多い。とくにこの半島を往復するにあたっては、4月からダイヤ改正があったというが、6月に調べた時点では古い時刻表しか流れていなかった。おかげで、わざわざ休日にのみ運転されるという10時のバスに乗り、15時のバスで帰ろうという日程にして計画してきたのが、まるで無意味になってしまった。このため往路で2時間、復路で3時間とロスタイムを生じてしまったわけだ。
 まあ、この日は1日かけて常神半島を往復するつもりだったので、2時間や3時間待っても…。(まけおしみ。でもそれくらい余裕をみた計画だったから、狂いが生じてもなんとか後に影響しなくてよかったよ、ほんとに。)
kamikozaki-3.jpg
 “神”の字があちこちに散らばるこの付近は、神功皇后が三韓征伐遠征の途中で風待ちをしたという言い伝えによるものだろうが、縄文遺跡もあり、常神のひとつ南の入江の奥にある常神社の祭神も神功皇后である。この神社も御神島(おんがみじま)にあったものが当地に移されたとされている。
kamikozaki-6.jpg
 戦前戦中には実在の歴代天皇に数えられていた神功皇后も、現在では神話とする考え方が主流のようだが、彼女が応神天皇の母であるという点は重要である。なぜなら、応神天皇こそは、実在が確かめられる最初の天皇(井上光貞などによる)というからだ。在位41年でその後の天皇家の系譜を確かなものにした応神の母本人が、“巫女”だったのではないかとの説もあり、さらにそれが“卑弥呼”で、いやそうではなくその後の“台与”だ…とか。
 このへんになると新羅人渡来説なども出てきて、想像の幅はどんどん膨らむ。想像は必要だが、確かなことがわからないので、門外漢のシロウトとしてはあまり深入りはできない。
kamikozaki-8.jpg
 常神の南にある集落は、神子(みこ)、小川、遊子、塩坂越(しゃくし)と点々と半島西海岸に並ぶが、その間隔は開いていて、山々に遮られている。若狭町営バスの三方線が走る道路は、その山の尾根に沿って迂回したり、トンネルで抜けたりする。
kamikozaki-1.jpg
 神子の集落へ出るには、北からだと神子崎の高いところの尾根を巻いて下り、南からだと920メートルの神子トンネルを抜ける。トンネルを抜けたところにあるその名も「岬小学校」は、常神半島唯一の学校らしい。
kamikozaki-9.jpg
 神子崎は、神子集落の北西側に張り出した岬である。道路はその上70メートルくらいのところをくねくねと巻いている。
kamikozaki-10.jpg
 神子の海岸も、砂浜にはあまり恵まれてはいないように見受けられるが、それでも民宿の看板が目立ち、海岸道路の下には、色とりどりの三角の小旗を数珠つなぎにしたロープが張られている。どうやらこれは、地元新聞社などが提携した海水浴場を意味しているようだ。
kamikozaki-11.jpg
 1972(昭和47)年に県道216号線の拡幅工事が終わって、ほぼ現在に近いような形で全通するようになるまでは、まったくの陸の孤島であったこの付近の浜辺の集落は、大きな意味と役割を持っていたことは留意しておくべきだろう。その意味も役割も、道路が通ってからは急速に薄れていくことになったのではないだろうか。
kamikozaki-4.jpg
 神子桜と呼ばれるヤマザクラが覆う入江を囲む山の下には、この地で古くから続く刀祢(律令制の官人)の大音(おおと)家で、先祖代々守り伝えられてきた『大音文書』という、県の有形文化財になっている史料があるという。それは、800年におよぶ期間の文書334点、冊子110点からなり、桐でできた背負い櫃(ひつ)に収められているという。
kamikozaki-12.jpg
 神子も海水浴ばかりでなく、釣り客が多いので、民宿もたくさんあるのだろう。その釣り人の間では、ちょっと有名らしい岩島が、神子の南西4.8キロの海上に浮かぶ千島である。
shishi2-3.jpg
 釣り人たちは、この無人島の岩島を“千島群礁”と呼んでいる。
 常神半島の岬は、これより南にはもうない。
kamikozakiM-2.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
35度37分28.37秒 135度49分28.86秒
kamikozakiM-1.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2016/07/17 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:歴史 福井県
きた!みた!印(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1418 常神岬=美浜町日向・若狭町常神(福井県)“ノドからアタマまで”は結局行けず3時間も常神集落で時間をつぶすことに [岬めぐり]

tunekamimisaki-20.jpg
 結論から言えば、美浜町と若狭町の境界線上に位置する常神岬は、結局、美浜町敦賀半島西岸側からの遠望のみ、ということになってしまった。
tunekamimisaki-21.jpg
 気山のレイクヒルズからバスに揺られ続けて、三方湖、水月湖の湖畔を通り、塩坂越のトンネルを抜けると、なんとかドラゴンのように細身ででこぼこした常神半島の西海岸に出る。そこをまた延々走って、1時間かけて辿りついたバスの終点が常神(つねかみ)である。そこはドラゴンというよりは水飲み鳥の頭のように下に向いてかしいでおり、常神の集落はその鳥のノドのところにあるが、常神岬はそこからまた一山越えた水飲み鳥の頭頂部のところにある。
tunekamimisaki-11.jpg
 地理院地図には、岬へ行く道はなく、標高約240メートルの山の上に灯台があり、そこまで行く道は描かれている。140メートルの峠があるので、灯台まで行かなくても、峠の上から常神岬の先端が見えるのではないか、当初の計画ではそう考えていた。ところが、それがそう簡単にはいかなかったわけですね。バスをめぐる誤算はここでもいくつかあったのだが、それはとりあえずおいて…。
 この日は、予定通り朝から雨で、それは覚悟のうえで敦賀駅前のコンビニでビニールのカッパまで買ってきた。山ひだの谷とその前にわずかに開けたところに集落が密集している。密集ということばが、ここでは実に適切である。細い路地の両側いっぱいに民家が軒を連ねている。地図ではそこに“常神のソテツ”と∴ 記号で示されている。ははあん、また例の古い時代に指定された天然記念物だな、と思ったがまずはそれを探して行ってみよう。
tunekamimisaki-7.jpg
 めったに人には出合わないので、たまにあった人をつかまえて聞いてみる。ソテツもだが、問題はこの集落の奥から灯台に続く鞍部への道の情報を確認することだ。
 民宿の案内図よりも実際はもっともっと細かく込み入っている集落の間を入ると、家からちょうど出てきたちょっと若目のおじさんに出合った。さっそくつかまえて峠への道を聞くと、「いやー、その道はムリだね、今は通れないから、やめたほうがいい」という。なんでも、いつも道の草木を刈ったりしていちおう整備はしているのだが、ここしばらくはそれをやっていないのでどうなっているかわからないのだという。
 そっかあ、それじゃムリだな。ダメを押すように雨も強くなってきた。それではソテツだけでもと路地を探すが、なかなかわからない。
tunekamimisaki-6.jpg
 通りかがったおばあさんに聞くと「そりゃなかなかわからんわ」と案内してくれた。民宿の軒下のようなところを通って、その民宿の庭に、そのソテツはあった。
tunekamimisaki-4.jpg
 細い谷間の傾斜を覆い尽くすようにして建っている民家の、多くが民宿をやっているらしい。その間を上へ上へと辿って行くと、道とも言えないような家の裏に出る。この家がこの谷では最奥だから、道があるとしたらここからだろうなと、なおも未練がましく覗いてみると、踏み跡も流されて消えかかっているがどうやらこれが道らしい。かつて標識だったものらしい木が倒れているのでそれとわかる。
tunekamimisaki-1.jpg
 確かに、このお天気でこの道を登るのはムリだわい。それにムリして登ったとしても、木が茂ったままだと鞍部から岬を見下ろすということもできないだろう。そう納得して、民宿の間を降りる。
tunekamimisaki-2.jpg
 集落からさらに西に道があるので、行けるところまで行ってみる。港の終わった先には公園があって、処理場のような建物があるところで岸壁も道も終わっている。
tunekamimisaki-9.jpg
 常神岬から南に続く断崖が南端に達するのがここで、この向こう西側には御神島という長細い無人島があるが、それは常神にくる途中の峠道からのほうがよくわかる。
tunekamimisaki-18.jpg 
 “神”という字が多く使われているのは、この地が神功皇后伝説の地でもあるからだろうか。
tunekamimisaki-10.jpg
 今では海水浴というよりも釣りやボート遊びなどと、民宿の魚料理が人を集めるのか、夏休み前というのに日曜日のこの日は、しばらくすると雨もやんで、結構大勢の人が海岸近くには寄ってきていた。海岸に魚料理の看板を掲げた店があったので、入っていくと迷惑そうな顔をした店の人に、今日は予約でいっぱいだと断られた。ほかに、カフェの看板もあったかなあと、また路地を探すと、どのくらい前までかはわからないが元カフェだったらしいところはあった。
 その以外には、まったく中に入って座る場所がどこにも、なにひとつない常神であった。集落の東のはずれにお寺があって、その前にわずかにある貧弱な浜で、家族連れが水遊びをしていた。
 地理院地図では、その上の出っ張りにお寺の記号が付してあるが、実際にあるお寺の位置とは違う。出っ張りの上に登ってみると、そこにはかつては建物があったが崖とともに崩落してしまったような痕跡が認められる。
tunekamimisaki-15.jpg
 下の新しいお寺も、外来者を迎え入れるようでもないので、仏の慈悲にすがることもできない。帰りのバスの時間まで、とにかくここ常神でうろうろと時間をつぶさなければならない。3時間。これはつらいですね。バスがきてやれやれ。
tunekamimisaki-16.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
35度38分30.27秒 135度48分54.48秒
tunekamimisakiM-1.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2016/07/17 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:福井県
きた!みた!印(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -