So-net無料ブログ作成

619 黄金崎=西津軽郡深浦町大字月屋(青森県)なかなか泊まることができない温泉旅館 [岬めぐり]

koganezaki12.jpg
 海岸の岩場に、金色の湯を湛えた丸い湯船があって、日本海に沈む夕日が眺められる、そんな写真のポスターは全国の駅に貼り出されていた。
 フルムーンがその先駆けだったのか、一枚の観光PR写真で、その地が一躍脚光を浴びることがある。不老不死温泉の海岸の露天風呂も、行ったことがない人でも知っている人が多いはずだろう。それくらい有名な五能線沿線のシンボルでもある。
koganezaki06.gif そんな事前情報に引きずられて、一度泊まってみたいと思っていたのだが、超人気の温泉宿とあって、かなり前から予約しておく必要がある。今回もやはり満室ということで泊まることはできなかった。
 ここも、テレビでは見たことがあるが、テレビというのはほんとうになにも伝えてくれないことが多いので、いったいどんなところにあるのか、黄金崎とはどんなところか、よくわからなかった。
koganezaki02.gif
 黄金崎は、舮作の灯台のある台地と、小さな谷川を挟んでその北側にある月屋の集落のある台地の下に広がる、三つの岩の出っ張りが並ぶところだった。月屋という字地名をもつ地域は、舮作と横磯の間で、狭いところは1キロの幅もないくらい狭いところだ。川が境になっているので、三つの出っ張りのうち、北の黄金崎の表記のあるところだけが月屋で、不老不死温泉はの境に接する海岸沿いにあった。とても「一軒宿」などとは呼ぶのは似つかわしくないような、巨大な施設に増殖していた。
koganezaki07.gif
 建て増しを重ねてきた何棟もの旅館の建物は、海岸の岩場の上にずらりと巨大な壁をつくって北の岬を包囲している。
koganezaki08.gif
koganezaki01.gif
 真ん中の岬の上から見ると、その旅館の裏側を眺めることになる。海岸に降りたところには囲いがしてある温泉がある。これがあの写真で見ていた温泉なのか。こんな感じのものだったのかと、訳もなく意外な感じがする。あるいは、これは予備のもので、これとは別な露天風呂があるのかもしれない。
koganezaki03.gif
koganezaki04.gif
koganezaki05.gif
 温泉の上、舮作側の丘には灯台が立っている。そこにも行ってみたが、道は灯台で行止り、おまけに灯台の敷地には厳重な柵と施錠がしてあって、中に立ち入ることができないので、黄金崎の展望も叶わない。
koganezaki10.gif
 だが、今思うと、これくらいの柵だったら乗り越えていくことも可能だった。それと、たいていの灯台には、燈光会の標識をはじめ、さまざま名前を示す看板があるものだが、ここには、それもない。まさか“不老不死灯台”ではあるまいから、灯台の立っているところは月屋ではないが、やはり“黄金崎灯台”なのだろう。
koganezaki13.jpg
 ここまできて、改めて気がついたことは、もうかなり慣れっこになってしまってはいるものの、やはり電柱があるのとないのとでは、景色の感じ方がまるで違うということである。
koganezaki09.gif
 ウェスパ椿山にも電柱はなかったし、そこから舮作崎を経て灯台が見えてくるまで、まったく電柱がない道路を歩いてきた。こういうことは、普通の一般道路では極めてめずらしい、といってもよい。
 あちこちにある古い民家などを活かした街づくりの計画ができているところでは、電柱のない町や通りも増えているが、範囲が限定される。
 せっかく共同溝を巡らし、電線を地下に埋めてたそんなところでも、変圧器などの配電設備のボックスは置かなければならないので、それがまだ町の中に溶け込んでいかない。むずかしいところだ。
 電気がない生活は考えられないので、電柱や電線を悪者にするつもりはないが、共同溝のコストと普及の知恵にはさらに研究が望まれる。
 もう少し時間があれば、不老不死温泉には立ち寄りでも入浴してきてもよかったのだが、ここから先へはタクシーを呼ばなければならない。タクシー会社の電話番号を聞くためだけに、本館の玄関に向かって行くと、でっかい「不老不死温泉」という標識と、その名が染め抜かれた法被を着た従業員が団体客の到着を待ちかまえているような風情。
 ただ、「タクシー会社の電話番号を教えてください」という用件で入って行くのは結構勇気がいるが、ほかに人がいるようなところもないのでしかたがない。

▼国土地理院 「地理院地図」
40度36分56.74秒 139度51分41.30秒
koganezakiM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2010/06/29 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:灯台 青森県
きた!みた!印(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

きた!みた!印 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました