So-net無料ブログ作成
検索選択

688 ポンチキウ・チキウ岬(地球岬)=室蘭市母恋南町(北海道)親もいて子のあるチキウ岬は霧の中 [岬めぐり]

pontikyu01.jpg
 北海道では、アイヌ語源でない地名のほうが少ないのであろう。そもそも「室蘭」からしてアイヌ語の「モ・ルエラニ」に由来し、それは「小さな坂道の下りたところ」の意味だという。明治にはまだ“モルラン”と呼んでいたそうだから、室蘭の漢字を当てたのも、それ以降のことであろう。
 1854(安政元)年に、ペリー艦隊がここまで来ていて、絵鞆に入港して港内を測量したときには、“絵鞆”はあってもまだ“室蘭”はなかったわけだ。
 絵鞆半島の西の先端には、その地名を冠した“絵鞆岬”というのがあって、室蘭八景にも入っているのだが、これは国土地理院の地図に表記がなく、ここへくるまでわからなかった。エントモ岬というのも、この先の伊達市にはあるのだが、音は似ているので、なにかしらあるのだろう。
 絵鞆の先っちょは、北側を埋め立てて築港が行なわれたために、もとはあった絵鞆岬は消えてしまったらしい。こんな場合でも、岬の名だけは残ることも多いのだが、ここは残念だった。
 因みに、室蘭八景とは以下のようになっている。

  室蘭港の夜景
  測量山の展望
  黒百合咲く大黒島
  絵鞆岬の景観
  金屏風・銀屏風の断崖絶壁
  マスイチ浜の外海展望
  地球岬の絶景
  トッカリショの奇勝


 チキウ岬(地球岬)そしてトッカリショのほかにも、絵鞆岬、測量山など、お天気が良ければ歩いて見たいところも、この八景の中にもいくつかあったのだが…。
pontikyu02.jpg
 “金屏風”と呼ばれているところは、実は「ポンチキウ」である。「岬」はついていない岬で、チキウ岬の北側にある。小さなチキウは、チキウ岬の陰に隠れて注目もされていないのかと思えば、ちゃんと別の名で有名だった。
 赤い崖が特徴的で、日を浴びて黄金色に映えるというわけだが、ここでは一段と風と雨が激しく、傘をさしていてもジョウゴになりそうだ。
pontikyu03.jpg
 そこそこにタクシーに引き上げて、いよいよ地球岬へ行ってもらう。
 駐車場で待ってもらって、岬の見えるところまで行くが、深い霧があたりを覆っている。ポンチキウで吹いていたような風があれば、この霧もなぎ払ってくれるはずではと思うが、わずかの差でこの違い。
pontikyu04.jpg
 トッカリショでは鷲別岬まで見えていたのに、チキウ岬は濃い霧の中に、ぼんやりと灯台の形が浮かぶだけ。“絶景”どころか、な〜んも見えない。
pontikyu06.jpg
 タクシーの運転手さんは、せっかく遠くからやってきたのにと、しきりに気の毒がってくれるが、実はあまり残念だとも思わない。でんでんむしにとってのチキウ岬は、この霧の中にある。そういうのもあって、いいじゃないか。
 このタクシー、運転席と客席の間に、バーや透明の板などが取り付けられていて、シートの間の料金を出し入れするところしか開いていない。強盗対策なのだろうか。
pontikyu07.jpg
 電子国土ポータルでは、「チキウ岬(地球岬)」と表記してあるが、最近では一般に言い訳抜きで「地球岬」と称されることが多くなっているようだ。室蘭市も「地球岬」で通そうとしている。
pontikyu08.jpg
 室蘭市の室蘭八景ページの説明では、“地球岬”の項について、語源も含めて以下のように述べている。
 
 語源の「ポロ・チケップ」(親である断崖)が、チケウエ→チキウ→チキュウと転化し地球岬という当て字が使われたといわれています。いつころ、だれが、この字を使い始めたか、はっきりしていませんが、昭和60年の「北海道の自然100選」(朝日新聞)、昭和61年の「あなたが選ぶ北海道景勝地」(北海道郵政局)でそれぞれ第1位になり、室蘭の観光の拠点にふさわしい雄大な名前を残してくれた先人に感謝せずにはいられません。
 100メートル前後の断崖絶壁が連なり、快晴の日には遠く恵山岬や下北半島も眺望できる国内でも有数の景勝地です。
 世界地図をあしらった展望台・駐車場(バス6台、乗用車35台)のほか、昭和62年の「新日本観光地百選ヤングカップル部門」第1位に因んだ「さわやかトイレ」、地球岬の名に因んだ「地球儀型電話ボックス」などが整備され、観光客の目を引いています。

 
 つまり、「ポロ・チケップ」の親があって、ポンチキウの子がある。また、「チキウ」は「地球」とはなんの関係も因縁もないのだ。だが、それに因んでトイレや電話ボックスまでつくってしまうというのが、いとおかしである。
pontikyu05.jpg
 地球儀のそばにある看板も、とうぜん疑問の余地なく「地球岬」である。 

▼国土地理院 「地理院地図」
42度18分17.80秒 141度0分30.96秒 42度18分5.69秒 141度0分7.47秒
pontikyuM.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2011/07/15 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ


タグ:北海道 灯台
きた!みた!印(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 35

コメント 4

ねじまき鳥

おおー、ここ行ったよ。
by ねじまき鳥 (2011-09-03 00:39) 

ナツパパ

ああ、懐かしいところです。
室蘭には若い頃よく行きました...もう40年近く前ですが。
あの頃はまだまだ街にも活気がありましたねえ。
地球岬に行く途中に室蘭YHがありまして、よく泊まっていました。
懐かしいなあ。
by ナツパパ (2011-09-03 10:36) 

うっしい

懐かしいです。でも由来知らなかったなぁ。
ずっと地球が丸く見える岬だから地球岬だと思ってました。
by うっしい (2011-09-03 23:52) 

dendenmushi

@ねじまき鳥さん、ナツパパさん、うっしいさん。コメントありがとうございます。(すいません。まとめちゃいました。)
 「ここ行った行った』という人、きっと多いんでしょうね。襟裳岬の、きっと何倍か多いんではないでしょうかね。
 懐かしいと思い出す人も、その思い出はさまざまでしょうね。
by dendenmushi (2011-09-05 06:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました