So-net無料ブログ作成
検索選択

873 立岩岬=函館市木直町(北海道)立岩も岩の岬も急な崖も暗い雨の空の下ではさっぱり見栄えしなかったが… [岬めぐり]

tateiwam04.jpg
 「岩」は「石」より大きい。岬の名前では「立石」より「立岩」のほうが少ない。両方合わせても全国で10くらいしかない。立岩がある岬という意味でつけられた素直な命名は、ここだけしかない。
tateiwam02.jpg
 ここは、函館市木直(きなおし)町。古部から覆道を抜けたところにある獅子鼻岬を過ぎて、なおも北西に向かって歩いて行くと、道路脇に小さな滝があって、「木直」の標識も立っている。滝は、小さいながら垂直に落ちている。左手の山の崖は急で、それを眺めながらなおも進んで行くと、前方の岬がだんだん大きくなってくる。
tateiwam03.jpg
 電子国土ポータルの地図では、道路からちょこんとくっついているように描かれているが、この立岩は、岬の名前になっただけのことはある。なかなか大きくて立派である。
tateiwam08.jpg
 本体の岬は、そこから少し離れて飛び出しているが、これまた岩が垂直に切り立った、堂々たる岩の岬である。
tateiwam07.jpg
 道を挟んで、海側に漁港があり、山側に人家が一筋あるが、すぐ後ろが急な崖になっている。
 古部から白井川付近まで歩いてきたが、ぼつぼつバスの時刻も気にしなければならない。来るとき乗ってきたバスは、椴法華まで行って、時間をおいてまた戻ってくるので、それをどこかのバス停でつかまえなければならない。木直の中心集落まで歩くには、まだだいぶ歩かなくてはならないし、この次の岬はバスを乗り換えてからなので、ここらで待つのが賢明だろう。
tateiwam05.jpg
 そう決めて、おそらく昆布漁に使うのであろう小さな漁船が引き上げられる傾斜のところでひと休みしていると、カーン、カーンと鋭い音が響いてきた。ナンの音だろうと、音のほうに寄ってみると、家の裏の山で杭打ちの工事が始まっていた。
 よくみると、この辺りの崖は急傾斜のため、一部はコンクリートで固めるなど保全措置が講じられている。どんな工事が始まるのかは不明だが、その準備のためらしいハシゴが、崖の上までつけられていた。
tateiwam11.jpg
 地形図からの大雑把な推測だが、ここでは崖の上100メートルの高さまで到達するのに、崖下から水平距離で約75メートル必要だ。ということは斜角は45度よりだいぶ急ということになる。
tateiwam09.jpg
 そんなおバカなことを考えているうちに、バスがやってくる予定時刻が近づいてきたので、バス停に立って待っていると、その後ろの家にいた年配の女性が、缶コーヒーをひとつもってきて受け取れと差し出してくれた。
 とりあえず御礼を言って受け取ったものの、なんとも予想もしないできごとで、驚いてちょっと動揺してしまった。宮内庁御用達の昆布を採っているという、この地域の心意気なのだろうか…。
tateiwam06.jpg
 そこへ覆道を抜けてバスが近づいてくるのが見えた。予定時刻よりも3分ちかく遅れている。また、帰りに乗ると言ってきたので、もしや…!?
 乗り込むと、また他の乗客はいない。一番前の席に座ろうとするところへ、先に運転手さん「ここまで歩いてきたんですか?」。
 そうなんです。ひょっとして、古部の停留所で待っていただいてたんでしょうか。
 「ええ、ちょっと…」
 そりゃどうも、すみませんでしたね。
 前日のせたな町は、歩くと汗をかくほど暑かったのに、一転して雨のこの日は風が吹くと寒いほどだった。
 ポケットの缶コーヒーもほんのりと温かく感じられ、思いがけなく行きずりにかけてもらった小さな思いやりが、こころをほかほかとさせてくれるようだった。
tateiwam10.jpg

▼国土地理院 電子国土ポータル(Web.NEXT)
41.878671, 141.095938
tateiwamM.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2012/09/04訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:北海道
きた!みた!印(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 35

コメント 4

ダミアン88

dendenmushiさんのブログでよく拝見する光景ですが
北海道の人達温かいですね。
前回の副題ではないですが、何も無くてもこれが地域の売りになると、そう思いました^^)
by ダミアン88 (2012-11-13 17:49) 

smik

ハシゴの写真がなんとも魅力的です。
このハシゴをのぼってみたい。
上から海のほうをみたら、気持ちいいでしょうねぇ。
by smik (2012-11-13 21:40) 

dendenmushi

@ダミアン さん、ひきこもりでんでんむしの岬めぐりは、ほかのことにはあまりふれず、ましてそのときの周辺の人びととの関わりはできるだけそっとしておく方針なのです。
ですが、たまにはこれくらいのことはあっていいかと…。
by dendenmushi (2012-11-15 06:36) 

dendenmushi

@おおっ、smik さんは、潜るだけではなく登るのも、お好きなんですね…。(^◇^)
いやいや、ひそかに「これはおもしろい!」と思って、いれておいたハシゴに共感していただき、ありがとうございます。
この日は、お天気がこんなでしたから、海のほうはいまいちでした。
by dendenmushi (2012-11-15 06:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。