So-net無料ブログ作成
検索選択

976 伏房崎=本吉郡南三陸町志津川(宮城県)国体のバレーボール会場として建てられたベイサイドアリーナが… [岬めぐり]

fushubouzaki01.jpg
 伏房崎(ふすぼうざき)は、“はまゆり大橋”と名付けられた大森崎の上に架けられた道路橋の上から眺められる。
fushubouzaki02.jpg
 「ノ」の字のように細くなって撥ねた先が岩礁になっていて、それを利用したような人工物らしい点々が、地図には表示してあるが、1.5キロも離れているので、よくわからない。
fushubouzaki03.jpg
 その奥に続いている荒砥崎と合わせて、やはりベイサイドアリーナからの町民バスで荒砥へ向かうことも考えられたのだが、本数が1便のみで待ち時間に1時間のロスがあるので、伏房崎と荒砥崎は遠望でごかんべん願うことにした。
fushubouzaki04.jpg
 伏房崎の手前にあるのは袖浜の漁港で、ここでも復旧工事が進んでいる。袖浜と西の大森地区は、民家の多くが少し高いところにあったため、なんとか残った家も多いようだった。
fushubouzaki05.jpg
 はまゆり大橋に埋め込まれた銘板には、“2006年3月”と表示があった。
omorizaki13.jpg
 2011年3月の「東日本大震災」後の地図の更新を、いつどうするか。それがなかなかむずかしい問題であることは、充分に理解できる。まだ、しばらくの時間が必要だろう。
 西から水尻川、八幡川、新井田川という3本の河口が集まってくる志津川湾の北西奥の地図は、Mapionでは役場の位置が東の丘の上に移動している点は新しい情報だが、そのほかはほとんど変わらない。Yahoo!地図も同様で、写真表示に切り替えても震災以前のものしか出てこない。なんだか、もやがかかったようになっているのは、そういう断りの意味なのだろうか。
shizukawaM01.jpg
 国土地理院の電子国土でも、その点では同様、というより役場の位置も新しくなっていないので、震災後の更新をあきらめたわけではなかろうがまだ昔のままで、他のネット地図に遅れをとっている。
shizukawaM02.jpg
 その代わりというのもヘンだが、「地図」から「写真」に切り替えてみると、なんとそこには震災津波後の町の俯瞰図が、なまなましく残されていた。東の丘も、役場や病院の仮設建物ができる前のものらしい。真上からの写真なので立体感はないが、海から続く白っぽい茶色が、押し寄せる濁流のように見え、それが津波の到達範囲を示しているようだ。
 役場の仮庁舎がベイサイドアリーナにできるとともに、そこが南三陸町の復興拠点にもなった。町民バスの運転手さんに聞くと、この丘の上の住宅地も被災前からあったもので、その南のベイサイドアリーナというガラス張りの立派な建物は、国体のために造ったのだという。
fushubouzaki08.jpg
 なるほど、それで合点がいった。アリーナへ続く周辺道路も、その国体に合わせて造られたものであろう。最近の宮城県での国体は、2001(平成13)年の第56回大会で、ミレニアムにあわせて“新世紀・みやぎ国体”とうたわれた。この当時はまだ合併前の志津川町で、バレーボール会場となったのが、電子国土の地図では“スポーツ交流村”と表示されている、“志津川町総合体育館(ベイサイドアリーナ)”だった。
 全国の都道府県を一巡して二巡目に入っている国体は、開催県内全域にわたって競技会場をばらまくのが普通だったようで、志津川町の合併の相方である歌津町でも、山の中にグラウンド・ゴルフ会場として“歌津町平成の森林間広場”が設けられ、現在は野球場やキャンプ場などを含む、“平成の森”となっている。
 はからずも、ベイサイドアリーナも平成の森も、その周辺の空間を含めて緊急避難場所と復興拠点として、大きな役割を担うことになった。開催県が優勝するためにジプシー選手が現れるなど、もうスポーツの精神とはかけ離れた形骸化マンネリもいいところで、一部の体育関係団体や建設関係者(これが実は、地方行政では無視できないすごい勢力をもっている)にしか関係がないお祭りになっている国体にも、こういう効用があったのだ。
 現在では、両方とも災害臨時バスのターミナルにもなっているし、その町との位置関係も非常によく似ている。
 山の中にある志津川のベイサイドアリーナ周辺は、役場、病院、保育園、図書館、ボランティアセンター、商工会、被災者生活支援センターなどが集まる町の行政関係の中心地になっている。
fushubouzaki09.jpg
 これに対して商業関係の中心は、海からは離れた志津川中学校近くにある、南三陸さんさん商店街がその場所となっているが、今回は訪問できなかった。
 町と人が脈打って息づいているのを感じられるのは、主にそのふたつになっているようだった。

▼国土地理院 電子国土ポータル(Web.NEXT)
38.674681, 141.48169
fushubouzakiM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2013/07/03訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
きた!みた!印(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました