So-net無料ブログ作成

番外:大賀郷中を歩いて歩いて=八丈町大賀郷(東京都)ホテルも八丈島空港もそして八高から金土川また大小前また旧役場前と… [番外]

oogago-1.jpg
 ひとまず、これで初日の日程は終了である。これから八丈富士南麓の標高80メートルにあるホテルまで戻るわけだが、長崎からはほぼ一直線に、北へ伸びている広い道路が溶岩台地のスロープを上っている。
oogago-2.jpg
 この日は早朝羽田を発って、ホテルから乗ったタクシーを出発点の赤崎付近で降り、それ以来ずっと歩きづめに歩いてきた。その距離はおよそ12キロくらいになる。
 この日は、レンタサイクルの予定を片道だけタクシーにしたのでそうなったが、この日だけでなく、八丈島滞在中は結構よく歩くことになった。
oogago-3.jpg
 それは、ひとつには中央部を循環して走るバス路線がほとんど使えなかったことと、ホテルの位置が大賀郷の西山に寄っていたため、東山を回るバスに乗るために、ホテルからまた末吉方面に行くバス停まで、往復5キロも歩かなければならなかったからでもある。
oogago-23.jpg
 前にも書いたように、八丈島はひょうたん型で、ふたつの膨らみを繋いでいる中央のくびれ部分に町の中心があり、八丈富士を含めて島の北西側半分は、北が三根、南が大賀郷とふたつに分けられている。したがって、三根も大賀郷もかなり広いのだが、大賀郷の中心は八丈島空港の南、公共施設なども集まっている平らなところと、そこから八重根にかけて流れ下る溶岩のスロープ一帯がそうだといえるだろう。
 そんな大賀郷を歩き回ったときの写真を拾いながら、この地域を眺めてみよう。

*八丈ビューホテル
oogago-6.jpg
 まず、二泊した八丈ビューホテル。島には三根のほうに大きな高級リゾートホテルがいくつかあるが、大賀郷ではいちばんのホテルということになろうか。旅行会社の主催するツアーの客も多かった。
oogago-5.jpg
oogago-4.jpg
 ガラス張りのロビーからは、大賀郷が見渡せる…というほどではないが、横間ヶ浦火山もよく見える。大賀郷の中心の海寄りの斜面は、先にも使った帰路の飛行機が滑走路を離れてからのものがよくわかる。
oogago-18.jpg
 八丈島は、緑がとても豊かである。溶岩台地の斜面も、上から見ると森のようで、このなかに道路が走り、家々が埋もれている。
 
*八丈島空港へも歩いて行く
oogago-15.jpg
 八丈島空港は、もともとは海軍の飛行場であった。旧軍には空軍はなく、陸軍と海軍にそれぞれ航空隊があったが、さすが離島だけあってここは海軍の縄張りになっていた。
oogago-16.jpg
 現在はANAが、B737-800とA320を使って、羽田との間を朝昼夕と日に三往復飛ばしている。
 空港の出入口は北側の八丈富士の側で、二路線しかない町営バスの一路線がコミュニティバスとして運行されてはいる。これが、とても使いにくいルートとダイヤになっているので、観光客には不便。まず車で往来するのが常識となっている島の人には別にどうということはないのだろう。
oogago-13.jpg
 結局、帰るときの飛行機に乗るときも、大小前から八高を経由して、滑走路の下をトンネルでくぐり、空港まで2.5キロ歩いて帰ってきた。飛行機に乗るために延々歩くというのもおもしろい体験だった。
oogago-22.jpg
 
*バスのこないバス停八高
oogago-19.jpg
 大小前と八高は、いずれもバス停の名前で、大賀郷小学校前と都立八丈高等学校を示している。八高のほうはコミュニティと町が呼んでいる循環路線のほうのバス停だが、時刻表に「2便 八高 8:07」とあるにもかかわらず、ついにバスはこないとか、なかなかミステリアス。
oogago-20.jpg
 二日目はホテルから八高まで歩けば、大小前までバスに乗れると思っていたが、結局バスは姿も見えず歩くはめになって、末吉行きにも間に合わず、しかたがないのでタクシーを呼んで(タクシーは流してはいないので、地域ごとに数社あるタクシーの番号を自分で調べておいて呼ばなければならない)、横間ヶ浦の橋とトンネルを抜けて向里まで行くことになった。
 
*町営バスの“バスパ”でバスでスパへ
 大小前のほうは、八丈島の町営バスのメインの路線の停留所で、ここまで行けば東山の海岸に近い山麓をめぐることができる。この路線は、神湊から旧役場前を経て三原山を西から回りこみ、島南東部の末吉までのルートで、日に6便が往復している。
oogago-8.jpg
 この路線名が末吉に行くのは「坂上行き」、神湊へ行くのは「坂下行き」という不思議な名前になっていて、旅行者を惑わせる。坂下も坂上もどこにもそんな地名はないからである。
 考えるに、ひょっとしてこの「坂」とは、あの横間の橋の坂のことですかい?
buspa-1.jpg
 町営バスを利用する観光客には、二日間有効の“バスパ”(温泉入り放題、バス乗り放題というフリーチケット1,000円)がお得である。この手のフリーパスがいいのは、料金割引もさることながら、いちいち運賃をみて小銭を用意するという手間が省けるのがいい。でんでんむしもこれを最大限利用させてもらい、温泉にも二か所で入ってきた。
 
*大賀郷で昼飯を食いっぱぐれないために
 八丈島で観光客が注意すべきことは、昼飯を食いっぱぐれないための行動計画が必要なことである。
 飲食店は、もともとそう多くはないし、中心街にそれが集まっているということもない。大賀郷では、旧町役場の周辺に一部で有名な寿司屋と蕎麦屋があり、あと金土川というこれも不思議な地名の付近に食堂やカフェなどがあり、溶岩斜面の森のなかにも数軒の飲食店が散らばってあるようだが、午後2時を過ぎるとたいていの店が閉まってしまう。
innsyokuten-1.jpg
 だから、バスに乗って末吉方面に行き、帰ってきてなにか食べようと思っても、まずどこも開いていない。では、末吉方面で食べれば…と思っても、大坂トンネルを越えた向こうでは、一軒だけ郷土料理の店があるものの、まず飲食店はないと考えたほうがよい。
 旧町役場の裏手にある寿司屋の銀八には、なんとか滑り込みで間に合って、名物の島寿司をいただくことができたが、これはなかなかおいしかった。島寿司というのは、見た目はいちおう握りだが、握られているネタはすべてづけである。おやじさんが、これはなにこれはなにと魚の名前を教えてくれるが、一見するとどれも同じようで、色が異なるのは岩のりだけである。
 蕎麦屋や森のなかのレストランなど、多くは閉まっていたり、そこへわざわざ行くという行動計画が成り立たなかったので、行けなかったところがある。
 あ、そうそう。八丈島にはコンビニはありません。
 最初は一瞬あれっと思ったけど、考えてみれば当たり前だ。ここは東京都とはいえ離島。トラック輸送のネットワークを原点として成立しているコンビニはありえない。
 スーパーは、これもあちこちに散らばって数軒がある。
 
*大小前付近
 「だいしょう」ではなく「おおしょう」ですからね。ガジュマルの校門を入ると、芝の校庭が広がっている、八丈町立大賀郷小学校は、明治10年にこことは別の場所で開校し、明治36年からこの地へ移転したという古い歴史をもっている。現在のクラスは各学年ごとに1クラス、それに特殊学級を加えて全校生徒126名であるという。
oogago-21.jpg
 大小前の八丈町ができる前の大賀郷村は、この島の中心であった。大賀郷中学校はこの下の斜面を少し下ったところにある。
 もともとこの島に人が住み始めたのも、永く島の陣屋などがあったのも、この大小・大中の下、八重根のほうにかけてであったらしい。この先の資料館から南へ大里の付近の集落は、申し合わせたように丸い玉石を積んで家の囲いとしているが、そのあたりが昔からの島の中心であったようだ。
oogago-24.jpg
 いくつかの遺跡も、この大賀郷の南から三原山の南麓付近に集中しているようだ。
 
*旧役場前付近
 現在の行政の中心は、空港の南、新築して移転した町役場(正式には八丈支庁)や町立病院などがある植物園(結局そこには行けなかった)の東あたりに固まっている。だが、そこはちょっと奥まっていて、路線バスが走るメインストリートでのポイントスポットは、やはり旧町役場のバス停である。
oogago-7.jpg
oogago-25.jpg
 そこは、観光協会や町営バスのターミナル兼車庫になっていて、神港の方面から乗ってくると、ここでバス車両の乗り換え移動が必要になることも多い。
oogago-9.jpg
 その北側、黄色い標識が立っている三叉路を渡ると、こんもりした小山があって、天照神社がある。この小山はスコリア丘ではないだろうか。言ってみればこれも小規模の火山の噴火の跡で、噴石丘などとも呼ばれるが、噴火で飛び散ったマグマが冷えて固まった岩滓が火口周辺に積もり、円錐台形の山をつくる。
 伊豆は伊東の観光地大室山もそうだというのだが、それはかなり大きい。だが、この神社の小山くらいの小さいのがたくさんあったのではないか。
oogago-10.jpg
 神社を過ぎて少し行ったところで大賀郷の東端になり、住所表示は三根に変わる。律儀にも、その付近が西山と東山の間、くびれ部分の平坦部のちょうど真ん中あたりになる。

▼国土地理院 「地理院地図」
33度6分18.86秒 139度47分6.37秒
oogagoM-1.jpg
dendenmushi.gif関東地方(2016/04/15〜19 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
きた!みた!印(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:横間ヶ浦火山=八丈町大賀郷(東京都)八丈島形成の歴史はここから始まったのか? [番外]

yokomagaura-5.jpg
 ときどきふれていることだが、実際に見る風景と地図でのイメージを一致させるのにちょっと苦労する場合がある。ここもその例で、いかにも立派な岬なのに、なんで無名なの?と思ってしまう。だが地図を冷静にみると、ここは岬でもなんでもなく、ただ、ゆるく孤を描いて伸びる断崖の海岸線なのだ。
 そこはもう西山のテリトリーでもなく東山の範疇に入るのだが、ここには岬の名はない。これだけ目立っていると無視もできないし、ついでなのでちょっと触れておこう。
yokomagaura-3.jpg
 これは左手の三原山(東山)から西に伸びてきた山塊が、横間ヶ浦という島ではめずらしい砂浜の南に飛び出しているところである。
nagasaki-1.jpg
 まず、目立っているのが横間ヶ浦の上の山腹を、斜めによぎっている白い橋脚である。横間橋と逢坂橋というふたつからなるその橋が右手の山の上に消えていくのは、そこで大坂隧道というトンネルに入るからだ。
 そのトンネルの上に、215メートルのピークがある。ここも横間ヶ浦の浜とこの尾根はほとんど南北にまっすぐに連なっているので、実は海岸線は出っ張っていないのだ。
 そこから右手に続く次のピークまでもそうなのだが、断崖の浜が南に伸び、その先でカーブするところには地理院地図では横瀬と名のついたところがある。その上の尾根が、ここから見るといかにも岬のように見えるのだ。横瀬のところには小さな岩島がくっついている。
nagasaki-5.jpg
 さて、数少ない熱心な読者のみなさんには、ここで思い出していただきたい。「1363 下立鼻」の項で、「東山でいちばん古い火山という横間ヶ浦火山が活動を始めたのは、今から約14万年前の更新世の頃だとされている。」と書いていたことを…。
 その「横間ヶ浦火山」というのが、どうやらここらしいのだ。ここが、八丈島発祥の火山で、ここが噴火した後に火口は東へ広がり、東山の大噴火で大きな島になったということになる。
 だが、それは具体的にどこなのだろう。215メートルのピークが火口の頂きなのか、トンネルの手前の湾曲したところが爆裂火口の跡なのだろうか…。
yokomagaura-6.jpg
 「横間ヶ浦火山」なんて言い方は、おそらく一部の専門の学者くらいしか使わないのだろう。現に国土地理院を始め、各種地図にはそんな名はないし、町の地図にもない。しかし、でんでんむしは、それがそうなのであれば町の観光協会も教育委員会も、それをもっと使って広めるべきだと思う。yokomagaura-7.jpg
 八丈島の初日は、北東の端の三根から、西山をぐるりと逆時計回りに戻りながら岬を拾いつつ歩いて、大賀郷の最後の岬である長崎までやってきた。岬はここで終わりだが、大賀郷の領域はさらに南、横間ヶ浦の橋を上ったトンネルまで続く。そして、トンネルの向こうは八丈町樫立になるが…。
yokomagaura-8.jpg
 その前に、岬以外の大賀郷のまとめもやっておかないといかんだろうな…。

▼国土地理院 「地理院地図」
33度6分18.86秒 139度47分6.37秒yokomagauraM-1.jpg
dendenmushi.gif関東地方(2016/04/15〜19 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(44)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:崖の鼻…ではなくてこれは花4=家の前の崖に咲く花(神奈川県)増えてきたシャガにスミレ・タンポポも [番外]

hana3-1.jpg
 アヤメ科アヤメ属のシャガは中国が原産地だが、かなり古くから日本に帰化している植物のひとつである。茶花としてもよく知られてきた。
hana16-3.jpg
 染色体の関係から、種子ができないので、地下茎で繁殖をするというのだが、「Iris japonica」という学名のとおり、花はアイリスやアヤメとよく似ている。遠目には白い花のように見えるが、寄ってみると青い斑点や黄色の模様がある。
 扁平で一方向に流れる葉は常緑で、冬でも緑を保っている。このため、崖の手入れの際にも、シダとともに残すようにしていたが、これもだんだんと範囲を拡大して、大きな群生になってきて、いまやシダを圧倒している。
hana3-2.jpg
 乾燥地でなく湿気のある場所を好むようで、これがちょうどよい湿り気加減なのであろう。というのは、北に向いて開けた崖は、雨が降るとしっかりと山に水気を蓄え、これが徐々に崖に滲みだしてくるからである。柵の下の石積みにもいつの間にかきれいなコケがたくさん生えるようになった。
hana15-1.jpg
 こういう環境はでんでんむしにとっても好まれるのだろう。ときどき、かなり大きなでんでんむしがいる。アジサイも何本かあるのだが、これはフェンスの切れたごみ収集場所の崖なので、誰かが挿したか植えたかしたのだろう。これからの季節では、アジサイやヤツデの葉っぱとでんでんむしというのは、定番の組み合わせのようだが、この崖にはヤツデも多い。控えめな花が終わって実をつけ始めている。そのほか、アオキとかナンテンも多いが、これらもあまり大きくすると困るなあ。
 ちょうどヤマブキと花期が同じなので、どうやらこの崖はシャガとヤマブキで勢力範囲を競うようなことがしばらく続きそうな気配だが、もっといろいろな花が咲くようにしたいな。
 黄色と白の花が多いので、なにか赤い花をつけるのもほしいのだけど…。
 スミレ、タンポポという昔から伝統的に親しまれてきた野の花も、ほんの僅かだが、生えている。
hana10-1.jpg
 スミレはとくに頼りなく、数株がなんとか小さな花をつけているが、これも来年また出てくるかどうか。その周りにあるユキノシタは、もともとは家の庭うちにあったものだが、なにかのついでに崖に運ばれたものらしい。これも小さな花を鈴なりにつける。庭先にはこれも蒔いた覚えもないのにかなりはっきりした紫の花をたくさんつけた、しっかりした株が生えてきた。
hana10-3.jpg
 タンポポは、だいぶ前からニホンタンポポの減少が著しく、セイヨウタンポポばかりになってしまうのでは、と心配されていた。おそらく、ここらに生えて花を咲かせているのも、セイヨウタンポポなのであろう。
hana11-1.jpg
 その見分け方というのも、いろいろ言われているが、花と茎の付け根にある「総包片(そうほうへん)」という部分が反り返っているのがセイヨウタンポポで、それが反り返らないのがニホンタンポポなのだという。
hana11-2.jpg
 みたら、ちゃんと反り返ってました。
 昆虫や動物ももちろんそうなのだけれど、植物もどうしてこんなにたくさんの種類が繁殖し、花を咲かせ実をつけているのだろう。花も実もなくともちゃんと繁殖の術をそれぞれにもっているのにも敬服してしまう。
 だが、なによりも不思議なのは、この地球という惑星がどうしてこんなに、収拾がつかないほどかくも多種多様な生命体を抱え込み、育んできているのか、という根源的な問いであろう。
 今年も、また崖によじ登り、そこに生えてくる植物と対話しながら、楽しんでみたい。去年は、ちょっと休んだら茂りに茂って後始末が大変だったので、今年はもっとこまめに崖に登らなければなるまい。

dendenmushi.gif関東地方(2016/04/13 記)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:
きた!みた!印(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:崖の鼻…ではなくてこれは花3=家の前の崖に咲く花(神奈川県)クサイチゴはヘビイチゴよくその実をとって食べていた [番外]

hana14-2.jpg
 手入れと言っても、そうおおげさなことではない。もともと自分の土地でもない官地なので、市役所に管理の責任はあるのだろうが、目の前にあるのだから、自分が手を出しても差し支えない程度に、梯子と手の届く範囲で年に何回か茂る木々を刈るのである。
 道路も当然市道だが、その清掃も自分の責任範囲で、これは近所の他の家よりずいぶん広い。別に敷地が広いと言いたいのではなくて、三角形に近い角地なのでそうなってしまうだけだ。とくに秋から冬にかけては、崖と山から木々が葉を絶え間なく降らせてくれるので、落ち葉掃きも大変な仕事になるのだ。
 これも考えてみると、だんだん話がおかしなほうに曲がってると思うのだが、この頃では「垣根の垣根の曲がり角 焚き火だ焚き火だ 落ち葉焚き」ということができなくなっている。
 掃き集めた落ち葉は、大きなビニール袋に詰めて、ごみ収集に出すが、当市ではこれは“資源ごみ”である。だが、崖の手入れで刈り取った枝などは、庭木としてまた別の“燃えるごみ”の日に出さなくてはならない。
 とにかく、この崖にも手入れが必要だと思ったのは、放おっておくと一定の繁殖力の激しい名も知らぬ草木がやたらに伸び茂って、数年もすると大木にまでなってしまい、下草はみな枯れて暗い崖になってしまう。観察していて、それに気がついた。
 そうなる前に、年々こまめに手入れしていれば、明るい花も咲く崖の斜面が保てるのだ。
 最初は、花など咲いていなくて、シダが何種類も生えていた。シダも実はこの地域では貴重な自然なので、そのシダを保護する目的で、下草を刈り込み、大木が茂らないようにしていた。
 いろんな植物が生えてくるものだと、いつもそれを楽しく観察しながら除去しているが、そのなかで優先的に除去されるものに茎や葉に刺があるイバラの類などがある。
hana5-1.jpg
 今この季節には白い花をつけ、やがて赤いつぶつぶの実をつける草木がある。これも刺が鋭くて、はびこらせるとやっかいになる。
 でんでんむしがこどもの頃の山野にも、同じようなのがあって、それをヘビイチゴと呼んで、赤い実を取っては口に入れていた。
 ネットの図鑑でみると、どうやらこれはバラ科のクサイチゴという名前がついているようだ。キイチゴの仲間らしいが、背丈が低く草のようなのでその名がついたようだ。西洋の童話などにはよく登場するが、そのキイチゴの仲間は非常に多く、世界中ではなんと数百種もあるといい、そのうち日本には十数種が分布している。
hana5-2.jpg
 そのなかでもスター格のキイチゴほどちやほやされることも目立つことなく、ひっそりと半ば忘れられるようにして茂ってきたのだろう。だから、“ヘビ”などがついて呼ばれたりしたのだろう。
 こういう山が削られてできた斜面などに、いちはやく進出してきた植物のひとつである。
 今年はその花びらがいちだんと大きく、遠目にもその五弁の花が目立って群生している。作業の邪魔にならない場所を選んで、このクサイチゴの生息するところを確保してやらなければなるまい。
hana9-1.jpg
hana16-1.jpg
 どこかから飛んできた頼りないナノハナや旺盛なハナダイコン、これも植えた覚えも蒔いた覚えもないのに六弁の小さな花を咲かせている丈の低い草も、来年はどうなるだろうか、わからない。
hana16-2.jpg
hana12-2.jpg

dendenmushi.gif関東地方(2016/04/12 記)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:
きた!みた!印(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:崖の鼻…ではなくてこれは花2=家の前の崖に咲く花(神奈川県)最初は一本から始まって見事な群生になったヤマブキ [番外]

hana13-1.jpg
 部屋から隣近所の家が見えないというのが自慢だと、前項で書いたが、ちょうど今の時期だと部屋から庭の生け垣越しに見る崖の眺めは、こんな感じになる。
 この頃では、花も外来種が幅をきかせているので、花の名前も聞いたこともなく言いにくい名前の花ばかりだ。が、もともと図鑑とにらめっこでその名を究明するというそんな情熱もなく、ただぼんやりとそこに勝手に生えてきて勝手に花を咲かせているものを眺めている楽しんでいるだけだが、これがヤマブキであることくらいは、わかる。
hana15-2.jpg
 近年のネットの情報には、それを図鑑本をカバーするものがあるようだが、この図鑑というのが結構期待はずれというか、探そうとする花がちゃんと載っているほうが少なく、それでだんだん当てにしなくなって、今のような横着を決め込む原因にもなってきた。(ほら、またヒトのセイにしてはダメ!)
 植物図鑑も写真のものが主流になっているようだが、図鑑はやはりイラストのほうが、よくわかっていいような気がする。制作者側の身になって考えてみると、牧野式のイラストをオリジナルで網羅するというのは費用も時間も膨大になるので、やさしい企画ではない。
 もうだいぶ前のことになるが、近所の空き地や崖などに、黄色いコスモスに似た形の花がたくさん咲いた。そのときにも、苦心してその名前を調べたものの、やはり外来種でその長いカタカナ名前は、忘れてしまっていて思い出せない。
 ところが、その黄色い花は同じ黄色の外来種でもセイタカアワダチソウほどの生命力はないらしく、毎年続いて咲くかと思えば、だんだん少なくなってしまい、今ではほとんど見かけなくなってしまった。
 この地域の谷戸をつくる低い山々には、神奈川県の花になっているヤマユリがたくさん自生している。崖にもたくさん咲いた時期もあって、とくに初夏の夕暮れの薄暗がりのなかに、白く浮き上がる花はなんともいえない風情があるのだが、これも年々その数が減っていく。
 さびしいことだが、自然は人間の手を加えずとも、変わっていくのでそれが自然というものだろう。
 崖の植生には、クズの侵食が大きな影響を与えていることもあるようだ。これも昔にはなかったものが、向こうの山から崖に降りてきて、年々はびこっている。クズもその花はなかなか可憐なのだが、これもほおっておくとあのツルと葉っぱが崖全面を覆うことになってしまう…。
hana4-1.jpg
 この崖にヤマブキが黄色い花を咲かせ始めたのはだいぶ前からだ。最初はひょろんと一本だけだったのが、株が大きくなり見事な黄金の塊をつくるようになったのだが、ある年の市の刈り込みで、全部刈り取られてしまった。
 しかし、それからまたその周辺の別の場所から生えだし、今年の春は一段と大きく崖の上のほうにまでその範囲が広がっている。比較する人間とかが入っていないので、規模がわかりにくいが、フェンスの支柱と支柱の間隔が3メートルで、フェンスの高さが1メートルである。この塊でも6メートルの幅、高さも3メートルあることになる。
 これがひょろりの1本から始まったことを、最初から観察していて知っているでんでんむしには、結構感動もんなのである。
hana15-3.jpg
 道行く人の目も楽しませているようで、枝を切り取っていく人もあるようだが、ヤマブキは花瓶にさしてもなかなか水が上がらないのだという。
hana4-2.jpg
 太田道灌の故事にあるのは「七重八重…」というが、家の前の崖のヤマブキは一重である。wikipediaには、ちょっと独特な解説が加えられていて、それがおもしろいところもあるが、ヤマブキのこの歌でも新しい解釈があることを知った。
 通常、八重の花には実がつかないという解釈だが、「七重八重…」は花が幾重にも折り重なるさまをいい、「実のひとつだに」というのも、「山ほど花が咲くのに、(実が硬くて)食える実がつかないのは情けない」とする解釈もあるというのだ。だが、一重でも実をみた記憶がないし、これだと鄙には稀なる歌の教養ある佳人が、蓑のかわりに差し出す場面も登場する余地がなくなる。道灌の歌への開眼もなく、「わが庵は 松原つづき 海近く 富士の高嶺を 軒端にぞ見る」という歌も生まれなかったことになるので、やはりその解釈は不採用で却下。
 わが庵からも、当初は富士の高嶺が見えていたのだが、家が建てこんできて見えなくなってしまった。
 枝がずいぶん伸びてきたので、今年は花が終わったら剪定をするつもりでいる。そう、数年前からは、この崖の手入れを自分でするようにしているのだ。
hana12-4.jpg

dendenmushi.gif関東地方(2016/04/11 記)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:
きた!みた!印(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:崖の鼻…ではなくてこれは花1=家の前の崖に咲く花(神奈川県)時間稼ぎの番外が少し続きます [番外]

 でんでんむしが背負っている殻…ではなくて棲家は、もう築ン十年の古家である。その当初にこの土地を選んだ理由はいくつかあるが、できるだけ他所の家が目の前に見えないところというのも大きかった。そのときには、夏目漱石が『門』で描いた、宗助とお米の「崖の下の家」をなんとなく意識していたのかもしれない。
 「廂に逼るような勾配の崖が、縁鼻から聳えている」というほどではなく広い道路を挟んでいるが、「朝の内は当たって然るべきはずの日も容易に影を落とさない」という事態になるところは、冬至の前後に限っては似たような状況である。
 別に人の妻をとったわけではないから、彼らのように人目を忍んで住む必要もないが、「すぐの崖下だから、多少陰気ではあるが、その代り通りからは尤も隔たってるだけに、まあ幾分か閑静だろうというので」宗助とお米が相談のうえ崖の下の家を選んだ理由とも、いくらかは似ている。
 山を開いた新興住宅地の南のはずれで、大通りからは少し奥に入っていて、おまけに南が崖だから、自分の家の居間やその他の居室から、隣近所の家が視界に入るということがない。こんなところはほかにはあるまいと、これは実は密かに自慢している。見晴らしがよくて海が見えるというのもいいが、風当たりが強すぎる。それとはまた違うが、崖を借景にした景色もまた別の趣があっていいのである。とうぜん、かなりの海風で山と木々がうなりをあげても、下はなんともない。
 崖の上にはお金持ちが住んでいるというわけではなく、ヤセ尾根が南の鉄道の線路に伸びていく谷戸をつくっているだけなので、浅く低い山ながら自然の雑木林のなかで、一日中さまざまな野鳥が入れ替わり鳴き交わしている。今年のウグイスも、やってきて鳴き始めた。もうすぐ、ホトトギスも鳴き出すだろう。ときには、野生化したリスが木々の間をするすると走っていたりする。
 猫の額ほどの庭も、崖とは道路を挟んで続きのようなものだから、スズメはもちろん、オナガやメジロなどいろんな鳥が降りてくる。
 その庭には、越してきたときから、サクラとモミジを大きく茂らせるのが夢であった。今やその夢も実現してはるか後ろのほうに通りぬけ、大きくなり過ぎたサクラとモミジは、結局両方ともとうに切らなければならぬ羽目になってしまった。
 ここに住み始めた頃の崖は、シロウト診断では第三紀層の砂泥岩の地層が模様を描いていて、上の一部には見事な褶曲の地層を露出していた。下のほうの地層からは、小さな白い二枚貝の化石がたくさん見つかっていた。崖は山を削って住宅地にする大工事のために、人為的に出現したものである。
 たが、何年も経つと木々が茂り始め、いつの間にか大きな木々が道にはみだしてかぶさるようになって、市が刈りこみを行なわなくてはならなくなったりした。また、崩れるような崖ではないが、山向こう側の谷戸の宅造工事に絡んで、落石防護用の鋼鉄製のネットを貼るという騒ぎにもなったりして 、市では崖と道路の間に立派な石垣と金網を張った防護柵の工事をした。
 そのネットの間から植生がまた自然に復活して、すぐにネットも隠れてしまった。その植生が、なかなか不思議だなあと思ってみているが、だんだん経年とともに微妙に変化していくのはわかる。
 今年の春、家の前の崖には、こぼれ種や風に乗って飛んできた新顔も含めて、いろいろな花がいっせいに咲いている。もちろん、崖の上にはサクラも何本かあって、ちょうど目の前に白い花びらのオオシマザクラや少しピンクがかったソメイヨシノ花びらが雪のように舞い降りて、崖にも道路にも庭にも降り積もっている。
 そんな家の前の崖の花を、これも記録の意味を込めて、また次の岬めぐりの材料仕入れが整うまでの時間稼ぎに…。
hana2-1.jpg
hana2-2.jpg
 まずは、名前もよく知らないようなやつから…。(マクロレンズがすぐに出てこなかったので、いつもの岬と同じ普通のデジカメのオートです。なにしろ、写真には凝らないもんで…。よく花をきれいに撮っておられるみなさんからご覧になると、おそまつですんません。)
hana6-1.jpg
hana6-2.jpg
hana8-1.jpg
hana8-2.jpg

dendenmushi.gif関東地方(2016/04/10 記)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:
きた!みた!印(44)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:高松はこれが二度目=高松市(香川県)だが昔の記憶はほとんどなく初めてのようなものなので… [番外]

takamatsu-11.jpg
 初めて高松にやってきたのは、もうン十年も昔のことで、大阪から出張できたのだが、そのときどうやってきたのかまったく記憶がない。当然、まだ橋はどこにも架かっていないから、宇高連絡船(フェリーか)に乗ってきたはずなのだが、その記憶がない。わずかに高松の事務所に挨拶に顔を出したこと、仕事が終わって行った栗林公園の松と船からみた玉藻城の海城の佇まいをかすかに覚えている程度だ。橋ができて、それを初めて渡ったときは、坂出から善通寺のほうへ行ったので、高松には寄らなかった。
 今回の高松は、それ以来の二度目ということになるが、そんなわけだからまるで初めてのようなものだ。二度目は飛行機だから、市の中心からは南に15キロのところにできている空港からやってきた。
takamatsu-13.jpg
 高松港の桟橋に立ってみても、その昔連絡船を降りてどこをどう歩いたのかもさっぱり思い出せないが、今歩いてみると桟橋から高松駅までも距離がある。あたりの景色もすっかり変わっているはずだ。高いきれいなビルなどが桟橋と駅の間にあって、連絡船「讃岐丸」の錨が、モニュメントとして残されていた。
 まあ、どうでもいいことっていやあそうなんだけど、全般にこういうものをプランしたり設計したりする人たちの想像力というものに、疑問をもってしまうことがよくある。 鉄の錨を野外に残すなら、当然風雨の中でサビが落ちるということは、すぐにわかるはずなんだけどね。
takamatsu-9.jpg
 なんといっても「紫雲丸」のことは、忘れられない記憶である。もちろん、当時のニュースとして知っているだけだが、その影響などについても、前にも、「470 ナキンダ鼻=玉野市宇野(岡山県)宇高連絡船『紫雲丸』を知っていますか?」の項で書いている。この沈没事故があってから後、客車輸送は廃止され、連絡船自体もフェリーや高速船への移行が促進される。そして本四架橋の実現を、大きく後押ししたのもこうした事故があってからのことだった。
takamatsu-12.jpg
takamatsu-10.jpg
 宇高連絡船はなくなったが、高松港は今も瀬戸内海の各島を結ぶ航路がたくさんある。直島へ行く大きな船は、草間彌生もどきの赤い水玉模様。小豆島便が発着する桟橋からは、正面に長崎ノ鼻がある。
takamatsu-5.jpg
 高松の町も、岬めぐりでJR高松駅で乗り降りしたり、琴電の駅から歩いたり、うどん屋へ行くのにウロウロした程度で、あまりあちこち歩いてはいないが、アーケードの商店街が縦横に発達しているのはなかなか壮観である。
takamatsu-7.jpg
 町を歩いていると、さすがにうどん屋が多い。いたるところにある。昔は…とこれもさっぱり覚えていないが、昔からごく普通にあったのだろう。そこが偉大なところなのであって、どこぞのイベント屋が仕掛けたとかなんとかいうのは、どーでもいいことなのだ。
takamatsu-8.jpg
 空港から市内に入るリムジンバスから、ちょっと気になる銅像が歩道脇にあるのが眼に入ったので、そこへは改めて訪ねてみた。バスからちらっと見たとき直感的に、「おっ! これは『父帰る』じゃないのか?」と思ったからだが、行ってみるとやはりそれは当たっていた。
takamatsu-4.jpg
 そうか、これまで気にしたことはなかったが、菊池寛はこの街の生まれだったのだ。琴電の瓦町駅から西へ向かう通りはアーケードではないが、なんと“菊池寛通り”という名まであり、そのずっと向こうには菊池寛記念館もあるらしい。
takamatsu-3.jpg
 岬めぐりで計画がいっぱいなので、そこまでは行く時間はない。せめて、この銅像だけでもどうぞウ…。
takamatsu-6.jpg
 県庁や市役所のあるところとJR高松駅の間にある、兵庫町のホテルに3泊して、ここを拠点に香川県の岬めぐりをすることになったのは、ある出版社の連休を利用した行事に、ついでに混ぜてもらったからだ。その会社では旅行のプランも往復は団体行動だが、行ってどこで何をどうするかは、全部各人が自由に考えて行動するという方針なのである。これはユニークだが、なかなかおもしろいし、すばらしく先進的な考え方ではないか。
 「よかったら一緒に行きませんか」と声をかけてもらえるのは、とってもありがたいことである。感謝。香川の岬めぐりはまだ岡山側からちょこっとつついた程度でしかない。これ幸いと便乗して、それではと未踏のままだった香川県の海岸をめぐることにしたが、バスの都合などを考慮しながら計画を立てた結果、日々ちょこちょこと出かけては高松まで戻るという行動の組み合わせになった。
 だから、掲載順と実際の行動は前後するのだが、屋島の先端の長崎の鼻までで、高徳線沿線、香川県沿岸の東側約半分弱が終わったことになる。
takamatsu-1.jpg
takamatsu-2.jpg
 高松駅のホームの端が行き止まりになっているのも、元々宇高連絡船との接続を必要としていたためだ。この後は、予讃線で西へ行くことになるが、その前に予讃線が通らない海岸をバスで回っておかなければならない。というのは、予讃線自体が高松駅を出るとすぐに立ちはだかる山塊を、南に迂回して海岸線からは離れてしまうからで、坂出までは路線バス乗り継ぎの旅になる。が、また高松に戻ってきて出なおしたほうがいい。
 それもこれも、香川県といえばなにしろ日本でいちばん(面積の)小さな都道府県だからである。
 これも毎度お世話になっている国土地理院が公表しているデータなのだが、まず広いほう上位の三道県が、
 1 北海道 83,424.22 (単位:km2、以下同じ)
 2 岩手県 15,275.01
 3 福島県 13,783.75
となっていて、狭いほう下位の三都府県が、
 45 東京都 2,190.90
 46 大阪府 1,904.99
 47 香川県 1,876.73
となっている。
 うれしいね、堂々の47番目。「うどん県」は「日本でいちばん狭い県」なのだ。これこそもっと自慢していいかも。
takamatsu-16.jpg
takamatsu-15.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度20分46.83秒 134度2分45.11秒
takamatsuM-1.jpg
dendenmushi.gif四国地方(2015/10/31〜11/03 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:香川県
きた!みた!印(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:引田は「ひきた」でなく白鳥は「しらとり」でなく大内は「おおうち」にあらず=東かがわ市引田(香川県)この海辺の町が栄えた頃 [番外]

kagawakenM-1.jpg
 海なし県は別にして、また島嶼部も別にすると、香川県の海岸線はそう長くない。ざっと見でも富山県や京都府や佐賀県よりはちょっと長いか、という程度である。瀬戸内海に北面して、お椀を伏せたようなその海岸線では、その東のお椀の縁にあるのが東かがわ市であるが、香川県の東端のこの市には残念ながら岬がひとつもない。
 引田港の北には半島状に突き出た小山があり、灯台まであるのだが、どういうわけか岬の名はないのだ。かといって、このまま素通りするのも、もったいないので番外。今回の讃岐の岬めぐりは、 前項の徳島遠望からこの東かがわ市の番外を経て、さぬき市、高松市、坂出市、丸亀市、多度津町、三豊市、観音寺市と海岸線を東から西へ辿る。今回も実際の行動は前後するが、項目は地図の東から西への順である。
 まずはそのいちばん東側、東かがわ市というのは、2003(平成15)年に香川県大川郡引田町(ひけたちょう)、白鳥町(しろとりちょう)、大内町(おおちちょう)が合併と同時に市制を施行してできた、比較的新しい市である。「ひけた」だけでなく、「しろとり」も「おおち」も、誰もが読むであろう普通の読み方ではないところがおもしろいが、それはともかく…。
 一字違いでややこしいが、大川郡は明治期に敷かれた郡制でその範囲は現在の東かがわ市と西隣りのさぬき市を合わせた地域のことである。そして、その東半分の東かがわ市の市域は、明治期まで讃岐で1000年以上の永い間にわたって続いてきた、「大内郡」と呼ばれてきた地域と重なっている。
 例によって、でんでんむしの岬めぐりは、その訪問地について事前の下調べをいっさいしない方針なので、初めての駅に降り立ち、初めての町を地図だけを頼りにふらふらと歩いて行く。いつもそのようにして、前から知っていたこととは別にそこで初めて見聞きしたものを、“ほ~”とか“ヘー”とか新鮮な感動とともに受け止める。
hiketa-1.jpg
 この雨の降る讃岐の古い町の“ほ~”は、なかなかにレトロな印象であった。空襲にも震災にも大火にもあわない幸運に恵まれた、大きな高い建物もない町並みは、全体に黒っぽい。2階が低く虫籠窓と呼ばれる小さな窓が申し訳のようについているのが特徴。古い商店街もあると街角の案内板が示す辺りは、ちょうど道路工事中で入れない。
hiketa-2.jpg
 結構激しい雨の中を、とても“らんらんらん”という気分ではないが、ちゃぷちゃぷ港に向かって歩いていると、いかにも古そうな家々が並び、そのいくつかには歴史的建物として保存されているものらしい。
 そうした建物のなかのひとつ「讃州井筒屋敷」は、東かがわ市が保存のため所有し改修して公開しているもの。雨宿りを兼ねて飛び込んだ。
hiketa-3.jpg
 各地方の素封家には、酒造や醸造などを業として財をなしたものが多いが、引田御三家といわれたひとつ佐野家も、元禄時代からの醤油づくりで全国的に引田醤油(“ヒゲタしょうゆ”とは音が似ているが、それは銚子発祥なのでこれとは関係がない)の名を広めたといわれる。
hiketa-4.jpg
 この家の住居や蔵などを公開していて、イベント等にも使われているようで、ちょうどこの日は結婚式前の写真撮りかなにかが行なわれていたので、座敷や離れのほうには入るのを遠慮した。写真左上の白無垢が花嫁さんである。
 受付で昆布茶をごちそうになって、陳列を見ていてわかったのは、なんと引田は和三盆の発祥の地であるという。“ヘー”である。
 あの暴れん坊将軍吉宗の時代に、高松藩がサトウキビの栽培を始め、それまで黒糖中心だったが、“盆のうえで三度研いで白くする”和三盆の製法を編み出したものという。ここでは和三盆を固めて型抜きする干菓子づくりなどの体験ができるらしい。隣の阿波にも和三盆はある。
hiketa-5.jpg
 引田付近の古絵地図が展示してあったが、山が西北からの風を防ぐ地形に囲まれた丸い港は、瀬戸内海航路の重要な港のひとつであったことがよくわかる。なぜなら、ここは大坂にいちばん近い讃岐である。渦潮の合間をぬって鳴門海峡を通ってもいいが、淡路島の西岸に沿って北上し岩屋を回れば大坂はすぐだ。
 そして、内海航路は、陸上交通が発達して車のまま四国へ往来することができる現代では、想像もできないほどに重要であった。
 その引田港に出入りする船の船舵職人の子に生まれた久米通賢(1780〜1841)は、日本で初めて実測地図をつくった人で、それは伊能忠敬よりも早かったという。もっとも、その地図の範囲は讃岐にとどまりごく狭かったが、その2年後に伊能測量隊がやってきたときにはついて協力したという。外国船が日本沿海に出没する時期、この人は測量のほか洋学への関心からか海防に熱を入れるようになり、高松藩で銃器や軍艦の設計をするかと思えば、坂出の塩田開発をしたり、農業用揚水機やマッチなどいくつもの発明品も残したりして、“讃岐のエジソン”として地元では偉人のひとりに数えられている。
 地理院地図を見ると、引田港に流れ込む小海川の北に海に突き出た城山の内側に「引田」という地名がある。そのほかにも松原とか大池・安戸池といった汽水湖のような地形もあり、西へ山を越えると白鳥や三本松の町がある。
 この城山の内側を見ていると、直線で区切られた広い田圃があるので、またしても勝手な憶測では、ここにある「引田」こそが、“田を引く=干拓”からきたこの地名の起こりではなかったかと思える。
hiketa-8.jpg
hiketa-9.jpg
 引田駅に戻る頃には雨もようやく小降りになり、高徳線で津田まで引き返す電車を待つ間にほぼ止んだ。花が飾られた駅の陸橋に上がってみたが、城山の下の海は見えない。
 そうそう、笠置シズ子はこの町の生まれだった。(七尾市のところで、七尾伶子のことを書くのを忘れていたので、ここは忘れずに…。どっちも知らん? 昭和も遠くなりにけりじゃのう。)
hiketa-10.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度13分28.10秒 134度24分7.73秒
hiketaM-1.jpg
dendenmushi.gif四国地方(2015/11/02 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:香川県
きた!みた!印(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:時国氏庭園=輪島市町野町西時国(石川県)ふたつの時国家が400メートルと離れず並んでいる [番外]

shirsaki-2.jpg
 山また山が続く能登半島ではめずらしく、町野川の流域だけが山が切れて、幅が約1キロもある平地が展開する。地図ではその東側の山裾に、「∴ 」がふたつ並んでいる。町野町西時国の「時国氏庭園」と、町野町南時国の「上時国氏庭園」である。これはなんだろうと、前から気にはなっていたので、今回はそのひとつだけでも行ってみようと、白米千枚田、白崎を経由する町野線のバスで、下時国まできた。
tokikuni-1.jpg
 とりあえずふたつある時国家(ときくにけ)のうち、手近なところにあるほうで、間に合わせることに。
tokikuni-3.jpg
 パンフの説明によると、時国家は平時忠を祖とし、その子の時国の代からこの地に腰を据え農地を開き耕やし、時国村をつくってきた地域豪族である。江戸期には山廻役、御塩懸相見役、御塩方吟味人役など藩の役職を代々受け継いできた豪農大庄屋であったということらしい。その家が重要文化財として残されているわけだが、地理院地図ではどちらも「庭園」のほうがメインとなっている。どうやら家のほうは江戸期のものだが、庭園のほうはもっと古いらしいが…。
tokikuni-4.jpg
tokikuni-5.jpg
 鎌倉様式の回遊式庭園は、みたところあまりたいした感銘を得ることはないようだ。しかし、それが歴史ある“国指定の名勝”であるため、そういう扱いになっているらしい。
tokikuni-8.jpg
tokikuni-10.jpg
 因みにMapionでも「∴ 」で表示されているが、下は「能登安徳合祀時国家」と、上は「本家上時国家」となっている。
 下でもらったパンフには「重要文化財 時国家」と表に記してあり、裏に小さくかっこ書きで(下時国家)と表記している。
 横着をして足を伸ばさなかった上のほうのサイトでは、「珍しいタイプの民家 国指定 重要文化財・名勝」として「本家 上時国家」を名乗っている。サイトの作り方も専門家に依頼してつくった下と、いかにも手作り感あふれる上と対照的であるが、料金は下が600円で上が500円。
tokikuni-11.jpg
 そもそも、どうしてここにちょっとだけ離れてふたつの時国家があるのか。それは、1634(寛永11)年になって、13代目にあたる藤佐衛門時保が、時国家を二家に分けたからであった。
 なぜ、ふたつに分けたかといえば、天正年間に能登は加賀前田藩領になるが、その後の慶長年間には時国村の一部が越中土方領になるという事態になる。それを受けて、13代目自身は分家して加賀藩領に居を定めたということらしい。分家を決意した当主のほうが「下時国家」となるのだが、なぜ、自分のほうを分家にしたのだろう。
 越中土方領のほうが「本家」を称することになったいきさつはよくわからないのだが、上のほうのサイトには「当家は本家です。分家は川下に屋敷を建てるのが礼儀でした。それで川上の当家を上時国家、川下の分家を下時国家と呼ぶようになりました。」と記して、案内図には下のほうを「時国家(分家)」と表している。
 野次馬的観察では、この上下両家の間には、微妙な空気感が漂っているように見受けられて、なかなかおもしろい。
tokikuni-12.jpg
 下の庭には「能登安徳天皇社」なるものがあるが、“源平800年”の1985(昭和60)年を期に設立された“全日本平家会”が、赤間神宮から下時国家に分霊という形で邸内社を建立したのだそうだ。
 それはどういう因縁で? なぜここに? それがまたおもしろい。
 時国家の祖である平時忠は、壇ノ浦で義経の源氏軍勢に破れた平家の数少ない生き残りで、そのなかでは平大納言は最高位の平家重臣であった。捕らわれて京に連れ戻されても死罪に問われなかったのは、彼が武人ではなく文官であったこと、神器のひとつである鏡を守ったこと、自分の娘を源義経に嫁がせるなどの事情があったらしい。
tokikuni-13.jpg
 結局、1185(文治元)年、時忠は能登に配流されるが、その場所はここではなく、北東へ13キロの現在の珠洲市大谷であった。1189(文治5)年にそこで没していて平時忠公墓所もあるという。
tokikuni-14.jpg
 時忠が言ったとされる「一門にあらざらん者はみな人非人なるべし」の意味は、だいたいにおいてよく誤解されている。これは自身が責任者となっていた建春門院の御願寺・最勝光院の造営が完成し、翌年には従二位に叙せられた頃に、平氏の栄華をたたえての言であるが、“人に非ず”というのは「宮中で栄達できない人」という程度の軽い意味だというのが、現在では有力な説となっている。
 実際問題として、当時の状況はそれはごく当然、当たり前すぎるくらいのことであって、「言うまでもない」程度の常識にすぎなかった。言うまでもないことをことさら言うと、放言になってしまうという例なのか。
tokikuni-15.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
37度27分0.83秒 137度4分41.28秒
tokikuniteienM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/09/12 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:石川県
きた!みた!印(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:白米の千枚田=輪島市白米町(石川県)年会費20,000円で棚田のオーナーになれるそうですよ [番外]

shiroyone-4.jpg
 “千枚田”というのも、最近では全国あちこちで名乗りをあげているようだが、それらのなかでも有名なのがここであろう。
shiroyone-1.jpg
 駅はとうにないのに“輪島駅前”を名乗っているバスターミナルから、今度は町野線という路線バスに乗る。町野というのは能登半島の中央、曽々木の海岸から山の中にまで広がる集落で、バスは国道249号線を曽々木口に向かい、そこから町野川に沿ってそこを経由して横断し、内浦の宇出津(うしつ)へ出る。運転席の横にスコップが常備されているのは、能登半島横断路線の冬に備えてのことであろうか。
shiroyone-3.jpg
 大きな地図で見ると、ほとんど直線のような能登半島北側の海岸線も、山がぽこぽこと細かく出入りを繰り返し、国道もそれに沿って何度もカーブを描きながら東北東に進んでいく。この線の輪島駅前から曽々木口のほぼ中間にあるのが、輪島市白米(しろよね)町である。
 海岸線はわずか1キロにも満たないくらいの小さな町の名は、今では世界的にも知られているくらいだが、それもこれも千枚田のおかげである。
shiroyone-2.jpg
 深見町の集落を過ぎ、またぽっこりとカーブが膨らむところが道の駅になっていて駐車場があり、そのすぐ下の斜面に段々畑ではない段々田んぼ“棚田”がきめ細かく模様を刻んでいる。
shiroyone-5.jpg
 白米町の集落は、この棚田からさらに山のほうに入った緩斜面に散らばっていて、田もまだ上のほうに続いているらしい。川もなく、棚田はかなりの急傾斜で海に落ちていくが、必要な水がちゃんと確保できるという地理的な条件に恵まれたのだろう。
shiroyone-6.jpg
 高さは200メートルくらいしかない南北にある山が、開けた明るい谷間をつくりそこに水を溜めつつ、徐々に海岸の棚田まで潤しながら届くような仕掛けになっているようだ。そんなふうに、地図からは読める。
 ここの棚田は、それぞれ個人などがオーナーになるような制度もあるようで、それでいろいろなメディアにも取りあげられることも多く、全国的に有名な棚田になっているのだろう。
shiroyone-11.jpg
 道の駅のあるところで、60メートルくらいの高さがあるが、そこから道(国道249号線)は下り坂になり、千枚田を過ぎるあたりは30メートル、その先で白米町が終わって野田町になるあたりからは、海岸波打ち際まで降りて名舟海岸へといながっていく。
shiroyone-8.jpg
 その下っていく道路の下には、小さい“小泉純一郎さんの田んぼ”があり、そのすぐ下はもっと大きく“小泉進次郎さんの田んぼ”がある、と案内のパネルには表示してある。
shiroyone-10.jpg
 そのまた下の細長いのは“安倍昭恵さんの田んぼ”となっていた。
 そのほか、永井豪さんや、さいとう・たかをさん、ちばてつやさんなどの漫画家たちの名も並んでいた。永井豪は輪島市の生まれで、朝市通りには記念館もあるようだし、のと鉄道の車両にはキャラクターが描かれたラッピング車両が走っている。
shiroyone-9.jpg
 こどもの頃に手塚治虫の「ロストワールド」に出会って、以来漫画家になることを目指したというが、石森章太郎のアシスタントを経て、デビュー翌年の「ハレンチ学園」が大ヒットしたことは知っている。
 さいとう、ちば両氏は記念館の行事にも駆けつけるゴルフ仲間であるらしいので、その縁でここにも「ゴルゴ13」も「あしたのジョー」も名を連ねることになったものだろう。
shiroyone-12.jpg
 棚田のオーナー会員の年会費は20,000円で、マイ田んぼ1枚にオーナー名の表柱建立。オーナーの特典としては、収穫した米10キロに+地元山菜がもらえるという。
shiroyone-13.jpg
 ここは前に来たときも通過していたので、今回は西保線のバスが出るまでの間を利用して、輪島から往復してきた。バスも通るが車窓からではこういう景色は見られない。

▼国土地理院 「地理院地図」
37度25分31.52秒 136度59分58.32秒
shirakomesenmaidaM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/09/12 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:石川県
きた!みた!印(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:門前町総持寺祖院と再びのビュー・サンセット=輪島市門前町鬼屋・門前町北川(石川県)門前町の岬まとめを兼ねて [番外]

 2015年の能登半島の岬めぐりは、門前町深見の猿山崎で終わっていた前のルートを引き継ぎ、半島北西部の海岸から始まったが、北は次項の大長崎のある門前町皆月から南は門前町剱地の琴ヶ浜の黒崎まで、およそ17.3キロにわたって“門前町”が続いている。鳳珠郡門前町は2006(平成18)年に、隣接する輪島市と新設合併していて、この合併によって門前町内の108もの大字にはすべて、「輪島市門前町」を旧字名の上に冠することとなったためである。大字が108もある(煩悩の数と同じ!)というのが驚きだが、それも門前であることとなにがしか関連があるのだろうか。
monzenmachi-3.jpg
monzenmachi-7.jpg
 大きな寺社がある場合、その門の前から周辺にかけて町が形成される。それを“門前町”と呼ぶわけだが、それがそのまま町や行政区画の名称になっているところも全国で数えれば10か所くらい(もっとかな)はありそうだ。ここ、能登の“門前町”もそのひとつだが、ここの“門”はどこの門だろうか。それは「總持寺」である。総持寺と言えば今では鶴見だが、その発祥がここなのだ。
monzenmachi-21.jpg
 この地に、曹洞宗大本山總持寺ができたのは1321(元亨元)年で、後醍醐天皇や鎌倉幕府執権は北条高時という時代である。開祖の螢山紹瑾禅師は、後醍醐帝の綸旨を受けて勅願所となり、曹洞宗第一の道場の地位を固めたといわれる。
monzenmachi-9.jpg
 ナンでこんなところに曹洞宗大本山が…という思いも湧き出てはくるが、とにかくそれから1898(明治31)年に火災で焼失するまで、末寺一万六千余をかかえる大本山の役割を果たし、門前町も発展してきた。
monzenmachi-5.jpg
 火災で七堂伽藍の大部分を失ったのをきっかけとして、大本山は1911(明治44)年に神奈川県横浜市鶴見に移転され、復興を果たしつつ能登は總持寺祖院を称することになる。
monzenmachi-4.jpg
 この辺りのいきさつにどういう事情があったかは、拝観受付でもらったパンフにも、ほとんど触れていない。祖院として復興はしたものの、全盛期の大本山門前町の賑わいは、おそらく取り戻すことはできなかったのだろう。
monzenmachi-6.jpg
 前回の門前町訪問では、祖院の見学までできなかった。今回は空港からすぐ門前にきて、午後の五十洲へのバスの便まで時間ができた。寺内では仏殿などの大改修工事の最中ではあったが、今回はゆっくり時間をとって参拝し、紅葉の色づき始めた小雨の境内を歩き、門前のナマコ壁のカフェで一休みできた。
monzenmachi-8.jpg
 五十洲、皆月の帰りから、直接輪島市中心部へ出て、そこに泊まることを考えていたが、どういうわけか輪島市内のホテル・民宿の類いがどこもいっぱいで予約できない。そこで、コースとしてはちょっと後戻りになるが、前回も泊まったことのあるビュー・サンセットに能登半島最初の一泊することになった。
monzenmachi-10.jpg
 皆月から乗ったバスが門前に到着するのを、宿の車が迎えてくれて、以前も通った道を南に向かう。途中、黒島の集落辺りにはいろいろ観光案内の看板や幟などが出ていた。これは前にはなかったのだが、この地の廻船問屋の古い住宅などを保存して輪島市の文化財とし、「天領黒島」として売り出すことになったようだ。
monzenmachi-20.jpg
 ビュー・サンセットのことは、前にも書いていたが、広い敷地の多彩な建物を利用して、リゾート・ホテルからファミリー・インへ軸足を移したようで、家族連れや学校行事でやってきたらしい小中のこどたちの団体も泊りできていた。
monzenmachi-19.jpg
 今回泊まった部屋は広い庭にひとつだけある離れである。その離れには「荼?(どび)?=草冠+麻+非」という名がつけられている。ここの各部屋には花の名が当てられているが、離れだけは中国の花の名であるという。
monzenmachi-16.jpg
 そこで初めて知ったのだが、中国の二十四節気の花便り「二十四番花信風(にじゅうしばんかしんふう)」には、穀雨の花として牡丹とこの「どび}を配しているのだ。学名はRosa rubusというキイチゴ類らしいが、結局どんな花かはよくわからぬままであった。
monzenmachi-15.jpg
 この宿の設計がなかなか変わっていて、「いずれ名のある建築家」の作品であろうと前には書いていたのだが、二度目だからそれもちゃんと究明しなければならない。
monzenmachi-17.jpg
 その建築家は、毛綱毅曠(もづな きこう 1941〜2001)という人であった。最後には多摩美で教授を務めたこの人の作品には、岬めぐりでもここのほか、釧路フィッシャーマンズワーフMOO や北越急行ほくほく線のくびき駅舎、今回のルートで通る石川県能登島ガラス美術館がある。
monzenmachi-18.jpg
 多摩美が開いた特別展では、このようにいう。
 
 日本や中国の神仙思想、アジア諸地域の独特な来世観などに取材し、その時空を越えた「人と宇宙、自然との共生」への意識を現代に生きる我々の建築や都市空間にどう応用できるかが、重要なテーマとなっていました。そうした超越的な宇宙観へと飛躍するイメージの展開は、あまりの斬新さに時として賛否の声が起こることもありましたが、建築や都市問題へのグローバルな循環意識、環境や文化へ奥行きの深さを昇華していくデザインを一貫することで、国内はもとより、海外においても高い評価を受けました。

 また、wikipediaは「ただし彼の作品は、実用性、メンテナンス面で非常に難があるデザインの建築物であることも指摘されている」とも言う。
 確かに、風変わりな設計だけに、今後もこれを維持していくのには苦労もあろうかと思わせる。
monzenmachi-11.jpg
 曼荼羅を表すという客室のひとつで、どんな夢をみたのかは思い出せない。

■関連リンク
番外:国民宿舎足摺テルメ=土佐清水市足摺岬(高知県)建築家ここにあり

*輪島市門前町の岬・全リンクリスト(北から南へ)
 1265 大長崎 (次項に掲載予定)
 1264 小崎=輪島市門前町皆月(石川県)通ヶ鼻からさらに北へ細い道を行くとあれっ?また小崎ですよ
 1263 通ヶ鼻=輪島市門前町皆月(石川県)クラゲのような形をした「神様岩」がある港も船も小さいが…
 1262 小崎=輪島市門前町五十洲(石川県)猿山岬に続く次の岬は皆月線のバス終点の先にある風の岬で…
 1261 猿山岬=輪島市門前町深見(石川県)能登半島の西海岸線をつないでいくルートはここで分断されているので…
 730 猿山崎=輪島市門前町深見(石川県)猿山岬と猿山崎は別の岬でこの付近を能登半島地震が直撃した
 731 上長谷崎=輪島市門前町鹿磯(石川県)いまさらながら“岬”は日本の海辺の風景に欠かせないと思う
 732 赤神崎=輪島市門前町赤神(石川県)赤い神の岬を守ってきた八ッの島は砕けて岩礁になったのか
 733 黒崎=輪島市門前町剱地(石川県)ここはいちばん多い岬の名前がついた岬ですがなにか…

▼国土地理院 「地理院地図」
37度17分11.71秒 136度46分12.93秒 37度16分8.64秒 136度44分1.53秒
monzenSojijiM.jpg
monzenVSM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/09/11?12 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:石川県
きた!みた!印(35)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

番外:新潟県立大潟水と森公園=上越市大潟区潟町(新潟県)潟の自然を活かした公園で潟の風景を偲びつつ… [番外]

ogata-15.jpg
 そう、“潟(かた・がた)”とはなにかといえば、辞書などを引くと「ラグーン」というのがすぐに出てくるのだが、「新潟」の「潟」を想像するに、これではなんとなくピンとこない…。
ogata-1.jpg
 信越本線の列車を降りた駅は「潟町」。ここならそれらしいイメージも…と、頭に入れた地図をなぞりながら道を探して行くと、駅から初めてその公園の看板を目にした。なにしろ、駅にも駅前にも、なんの情報もない。看板にひとつ、道案内のひとつもないのは意外だったが、まず十中八九というより十中の九・九は車でやってくるので、でんでんむしのように信越本線から来る人間などおよそ想定外で、無視してよい範囲なのだろう。
ogata-4.jpg
 車で来る場合は、北側の道路から正門があるらしいが、へそまがりはそういう道は行かない。なるべく駅から近いルートを探して、信越本線の線路を陸橋で越え、住宅の間を抜けて北陸自動車道を橋で渡り、公園内に入る。入場無料だから垣根もゲートもない。歩いて行けばそこが「新潟県立大潟水と森公園」の中だった。
ogata-3.jpg
 園内の写真を適当に並べて置くが、でんでんむしの想像では、公園としてきれいに整備はされているが、その多くはもとからの自然のままであったろうし、そこにこそ「潟」の風景があるのではないか、と考えたのである。
ogata-14.jpg
 この付近にいくつもある大きな池のひとつ、鵜ノ池を中心にして、広い園地の中を歩いているとそれはほぼ合っているのではないかと思えてくる。
ogata-10.jpg
 池の中に突き出た島の上には、古墳時代の円墳があるくらいだから、水と森は人々の生活の場でもあったのだろう。
ogata-6.jpg
潟(かた)もしくは潟湖(せきこ)
湾が砂州によって外海から隔てられ湖沼化した地形。ただし完全に外海から隔てられたものはほとんどなく、ごく狭い海峡により外海とつながっているものが多い。したがって、ラグーンは塩湖である。
日本では北海道のサロマ湖、秋田県の八郎潟などがラグーンにあたる。
(ウィキペディア)
ogata-7.jpg
潟 かた lagoon
砂州によって外海から隔離された海岸の湖。浅海の砂が沿岸流などによって移動して砂州が形成され,内側が湖になる。潟は浅く,波が静かで,海と通じる口が狭いものほど塩分が少い。土砂の堆積によって,次第に浅くなり,淡水化して,やがて湿地となり,ついに海岸平野の一部になる。
(ブリタニカ国際大百科事典 コトバンク)
ogata-8.jpg
 ふたつの解説・定義を並べてみたが、「ラグーンは塩湖」と限定したものより、「ついに海岸平野の一部になる」という後者の解説のほうが、この場合ぴったりくる。
ogata-16.jpg
 この上越市の海岸線付近の地形は、まさしく砂州により陸地の内側に水域が閉じ込められたか、という感じである。公園になっている鵜ノ池の周辺には長崎という横長に固まっている集落や、その周りにいくつもの新田の名があるのも、近代におけるこの辺りの開発過程を示しているようだ。
ogata-9.jpg
 そして、この付近よりもずっと後から、同じような条件に川が加わってできた「潟」が、だんだんと陸地として固まってできたところが「新しい潟」「新潟」だったのではないか。
ogata-12.jpg
 「番外:新潟の鉄道路線」の項で書いたようなことと合わせて考えてみると、それはほんとに“新しい”ことだったとわかる。
 ただ、断っておくがこれはでんでんむしの私見である。あえて申し述べるのは、「新潟」の語源・由来については、どうも確かなものがないようなので、それならばとどこにも書かれていない(と思う)新説を披瀝しておこうと考えたからである。
 「新潟」がいつからそう呼ばれるようになったか、その由来はなにか、については“信濃川河口に潟があったから”といったところでは共通点があるものの、“「方」が「潟」になった”とか諸説があってはっきりしない。いつから、という点でも一説では16世紀からというが根拠が明らかでない。はっきりしているのは、日米修好通商条約の結果、幕末に初めて公式に五港開港とされたひとつに「新潟」があることだけだ。

ogata-13.jpg
 例によって、ChinchikoPapa さんからは、前項について「犀潟」の次の駅、「くびき」も気になる名称ですね。」とのコメントをいただいた。「くびき」というのは、犀潟から乗り換えて、六日町へ向かうほくほく線の次の駅名である。大池にも近く高田平野の東の終わりに近く、山に入って行く手前だが、周辺には駅名以外にその名を示すのは中学校と郵便局くらいしか残っていない。だが、そこらは2005年に合併して上越市に吸収されるまでは「頸城村」だったところで、現在は上越市頸城区となっている。
 いわゆる行政区画ではないが、かつて越後の国には「頸城区」があり、その範囲は柏崎の一部から糸魚川におよび、山側では妙高や十日町まで含まれていた。だが、「頸(くび)」が意味する地形的な特徴も「城」の意味も定かでなく、現在の地図上やネット情報からはなにひとつうかがい知ることもできない。
kubiki-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
37度13分45.49秒 138度20分54.65秒
oogatakouenM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/07/02 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ


タグ:新潟県
きた!みた!印(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:笠島海岸=柏崎市柏崎市大字笠島(新潟県)芭蕉にはどうも関係がないらしい丘の下の浜で“あまちゃん”発見! [番外]

kasajima-9.jpg
 小さな漁港と夏には海水浴場になるこれまた小さな砂浜と弁天社が祀られた赤茶色の岩むき出しの笠島と防波堤があるだけのような静かな海岸である。
kasajima-4.jpg
 駅の裏手にも民家はあるが、笠島集落の主体は、ほとんどがその裏手の丘の上や斜面に固まっている。その丘は海岸までせり出しているので、平地はほとんどない。
 東隣の青海川集落の場合には、谷根川という川が米山山系の奥深くから流れ出ているので、その川筋にも民家があるが、笠島では川もなく海岸線の斜面に細長く集落がへばりついている。
kasajima-7.jpg
 静かな朝の笠島海岸である。砂浜のそばにある東屋のようなところで一休みし、しばし小さな漁村(広い畑らしいものもほとんどなさそうなので)の朝である。
 すると、ウエットスーツ姿のようなおばあさんがひとり猫車を押して笠島の弁天社のほうへ行った。まもなく、今度は若目中年のおじさんが同じような格好で、見知らぬよそ者にも朝の挨拶をしながらトンネルのほうへ過ぎて行く。挨拶を返すと、またひとり…。
kasajima-10.jpg
 なにげなしに見ていると、弁天社のある笠島のほうに行ったおばあさんは、弁天さんに手を合わせてお参りすると、なにやら身支度を調え、浮きを浮かせ、それを押すようにして海に入っていった。
kasajima-11.jpg
 ベテランの“あまちゃん”なのだ。
 すると、トンネルのほうへ行った男の人たちも…。
 田塚鼻の先には岩礁が伸びているようだし、男たちはそっちのほうへ、あるいはトンネルをくぐって牛ヶ首のほうへ行ったのかも知れない。女の人は近場の笠島周りが、仕事場になっているのだろう。
kasajima-3.jpg
 素潜りだから、あわびやさざえといった貝類か、また季節によってはわかめなどの昆布類もあるのだろうか。
 田塚鼻についても笠島についても、実質的に中身のあるネット情報はきわめて乏しい。
 そのなかでは「田塚屋」の「日本一と言われる笠島産もぞく」というのが唯一目立っていた。“もぞく”というのは“もずく”のことである。
 そこでは、「出雲崎産と笠島産の違いは、取れる場所は当然違いますが色、太さ、歯ごたえが多少違います。日本一と言われる笠島産のもぞくは深い海の底の石に着きますので、色も黒くミネラルもたくさん含んでおります。何をとっても歯ごたえがシャキシャキして素晴らしいです。」とあった。
kasajima-8.jpg
 「かさしま小唄」の碑が立っている浜からすぐのところを信越本線の線路が走り、そこから丘への上には国道8号線が通り、さらにその上を伸びる北陸自動車道が笠島の東で米山ICとSAになっている。浜から自動車道まで水平距離では380メートルしかない。
 その狭い幅の間に三本の幹線が通っているのは、そこから南には標高993メートルの米山を中心とした大きな山塊があるためである。米山三里と呼ばれた青海川から関所のあった鉢崎まで米山の裾を越えて行かなければならないこの付近は峠を上り下りして越えていかなければならない旅の難所でもあったろう。
 この笠島の海岸と山のわずかな隙間をぬって旧道があり、古来からの多くの旅人は、必ずここを通らなければならなかったわけで、奥の細道の帰路の芭蕉と曾良もここを通って行ったはずだ。
kasajima-5.jpg
 曾良の記録によると、陰暦7月5日雨上がりの道を鉢崎まで行き、その日の宿は“たわらや六良兵衛”方に泊まっている。問題はその前にある。

 「五日 朝迄雨降ル。辰ノ上刻止。出雲崎ヲ立。間モナク雨降ル。至ニ柏崎一ニ、天や弥惣兵衛へ弥三良状届、宿ナド云付ルトイヘドモ、不快シテ出ヅ。道迄両度人走テ止、不止シテ出。小雨折々降ル。申ノ下尅、至鉢崎 。宿たわらや六郎兵衛。」

 曾良の旅日記では、5日の朝には出雲崎を出立していて、本来はその日は柏崎に泊まるはずであった。ところがよほどそこでの対応に頭にきたらしく、「不快シテ出ヅ」のみならず、二度までも追ってきた人が止めるのを振り切って、小雨の中を鉢崎まで足を延ばしている。出雲崎から米山の鉢崎までは、40キロ近くもある。芭蕉さん、相当な根性である。
 そういう事情だったから、笠島を過ぎるときにも決していい気分ではなかったろう。
 国道8号線が田塚鼻の南を越えるところには、「芭蕉ヶ丘トンネル」が通り抜けている。“芭蕉ヶ丘”ってえと、なんかそれらしい謂われがあるのだろうと誰でも思うが、どうやらなにもなく、勝手なイメージでそうつけたとしか思えないようで…。
 ではこちらも「村の鍛冶屋」のメロディに送られて、笠島を後にするとしましょうか。
kasajima-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
37度20分10.06秒 138度27分55.49秒
kasajimakaiganM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/07/02 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:新潟県
きた!みた!印(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:新潟の鉄道路線=(新潟県)なんでこんなへんてこな形に線が引かれているのだろうと思ったことありませんか? [番外]

 駅弁の次ぎには、新潟の鉄道路線を改めて眺めてみたい。
 新潟の鉄道路線は、一見でたらめのようなまことに不可思議で無秩序な筋を地図上に残している。上越新幹線、信越本線、磐越西線、白新線、羽越本線、越後線、それに弥彦線と北越急行ほくほく線と路線の数も多い。だが、どうしてこんなヘンな形にレールが引かれているのだろう。
 これらの鉄道路線はそれぞれ複雑な経緯をもっているが、大まかに開通順にみると、信越本線の前身北越鉄道の開業が1897(明治30)年、磐越西線が新津につながったのが1910(明治43)年、白新線の新津=新発田間 が信越線として開通したのが1912(大正元)年、村上まで伸びたのは1914(大正3)年、越後線と弥彦線は1912(大正元)年と1916(大正5)年、ほくほく線の開業はいちばん新しくて1997(平成9)年である。
 おっと、忘れちゃいけない上越新幹線の大宮=新潟間開通(暫定)は、1982(昭和57)年だった。
niigatarosen-2.jpg
 そのときどきのさまざまな事情もしのばれるが、ひとつ言えることは、阿賀野川と信濃川、そしてそれらのたくさんの支流が流れる越後平野にレールを引くことは、それなりに大変なことだったろう。
 最初の信越本線(北越鉄道)は、まず信濃川右岸の山に近いところを選んで走っている。現在の新潟市の中心部は、始めから通っていないのだ。臨海線を含め現在の新潟市街地に近いところを鉄道が通るのはまず貨物線としてであり、1904(明治37)年に初めてできた駅は沼垂(ぬったり)駅で、その場所は現在の佐渡汽船乗り場のある万代島の東付近であった。沼垂という名前が象徴しているように、新潟付近の地盤は固まっていない時期が長かったと想像できる。
 1897(明治30)年の北越鉄道は沼垂=新津=一ノ木戸(現在の東三条)を結んで走り、1899(明治32)年には北越鉄道の沼垂=直江津間が全通している。そして1904(明治37)年に北越鉄道が新潟駅まで延伸されているので、新潟駅もこの頃にできたようだ。
 だが、当時の新潟市街地は、信濃川左岸が中心であったため、新駅の誘致合戦などいろいろあって大もめしたらしい。この頃の信濃川は川幅が1キロもあって広く、当時の技術では鉄橋の建設には莫大な資金がかかるということで右岸になったが、それからまたひともめあったらしい。
 1912(大正元)年になって、越後鉄道の白山=吉田間が開業して、越後線が延び、新津=新発田間にも線路が引かれた。上越線が上野まで全通するのは、1931(昭和6)年で清水トンネルができたからだった。
 このように、線路も駅もなんとなくごちゃごちゃとなっていて、新潟のレールがすっきりしないのは、水田や湿地帯や河川敷が大きく広がっている湿地帯の越後平野は、山とはまた違う意味で線路の敷設には難題があり、それが地盤の安定ということだったのだろう。
 現在の車窓からは、想像もできないが、阿賀野川と信濃川の度重なる氾濫で、長いこと地面も河川敷も田畑も、右往左往していたのではないかと想像できるのである。
niigatarosen-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
niigatarosenM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/06/29〜07/02 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:新潟県
きた!みた!印(37)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

番外:駅弁=焼きたらこ大トロ鮭弁当(新潟県)「いなほ」で駅弁を食べ損ねたので新潟駅で買った駅弁が… [番外]

 でんでんむしの岬めぐりでは、なによりもまず公共交通機関のダイヤ時刻表が優先されるので、その土地土地の名物やうまいものなどを食べ歩くという習慣も興味もない。なので、ときどきは食事をする時間もなく、食いっぱぐれになってしまうこともある。そんなときにも頼りになるのが駅弁である。
 ところが、「いなほ」ではその駅弁にも見放されてしまった。たまたま行きも帰りも乗ったのが酒田=新潟の運行だったせいもあったのかも知れないが、弁当の類いを積んでいない。おまけに、駅弁は車内ではなく駅で買うものだという屁理屈さえも、近頃ではすっかりその論拠が崩れている。
 駅弁を売っていない駅が、思いのほか多いのである。村上駅でも酒田駅でも駅弁はない。とうとう、駅弁はデパートの催事場で買うものになってしまったのか。
 とはいっても、大きな駅や新幹線などでは、そんなことはない。駅弁を山積みにした売り場では、飛ぶように売れている。「いなほ」が着いた新潟駅でも、在来線から新幹線の乗り場を結ぶ通路にある売り場もそうだった。
 「いなほ」でお預けを食らっていたためか、それに吊られて買ってしまった。外に出てレストランを探してなに食べるか考えるのもめんどくさいし…。
 ま、そんなときにも駅弁は便利なのですよね。(先日チラ見の新聞に天皇陛下がお好きなチキンライス弁当?とかの写真が載っていたが、駅弁にも宮内庁御用達とか一般のとは違う特別なのがあるのだろうか。)
ekiben-1.jpg
 見た目のボリュウムと値段から、この辺がよかろうかと選んだのは、“焼きたらこ大トロ鮭弁当”。
 ところが、これがものすごい「上げ底」でちょっと驚いた。
 日本の“上げ底文化”には歴史と伝統もあるらしいが、弁当でも昔からそれがないわけではなかった。昔の四方の枠が木で、底がヘギでできていた弁当の折箱でも、底から1.5〜2ミリくらいの微妙なところに底ヘギを差し込む溝が掘ってあったものだ。
 一時期、過剰包装が問題になって以後も、相変わらず上げ底はなくならない。ペットボトルでさえも、容量を大きく見せるデザインが多い。駅弁の上げ底は、菓子折などと並んで多かれ少なかれ広く定着していたものとも考えられる。
 プラスチック成型が容器の大勢を占めるようになって、上げ底も自由自在にできるのか。
 しかしねえ、これはちょっとどうなんだろうか? 
ekiben-2.jpg
 横から見ると、弁当の中身が入っている部分は、このちょっと折れたようになっている高さから真ん中の半分にあたる部分だけ。下は上げ底、上も上げフタ、なかなか大胆な上げ底で、実に上げ底率は50%である。
 ここまでくると、上げ底も立派な詐欺の領域に入ってしまいそうだ。

▼国土地理院 「地理院地図」
niigataekiM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/06/30 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:新潟県
きた!みた!印(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:山居倉庫=酒田市山居町一丁目(山形県)本間家と酒井氏となかなか趣と貫禄のある倉庫と… [番外]

sankyosoko-8.jpg
 だいたいが、過去のことなど今さら何の意味もない、そーゆーことにこだわるのは愚だ、とする意見・主張はかなり根強くはびこっている…。過去に拘泥して耽溺するという弊害があると言えば、それにも一分の理がないわけではないが、嵩じて家だとか家系だとかルーツだとか先祖だとか、そーゆーものや、昔語りまでを否定するような傾向には反発がある。
 もともとでんでんむしは、そーゆーことにこだわるのがだ〜い好きなのである。自分がなぜ、今ここにいるのか、その不思議を考えると、どうしても昔のこと先祖のことなど思わないわけにはいかない。
 そもそも、過ぎた過去のことは忘れよう無視しよう、あるいはそれを自分の都合のいいように解釈してそこから学ばない、といった姿勢自体こそが愚者のものであり、大きな間違いなのではないか。
 ここでも自分とは縁もゆかりもない坂井家や本間家にも、ちょこっとだけ関心を向けてみたい。
 佐渡の岬めぐりに行ったとき(1097〜1149、2014/06〜10掲載)、羽茂本郷の付近を中心に本間氏の足跡が残されていることを初めて知った。鎌倉時代から戦国時代にかけて、佐渡の国を支配していた本間氏の名も相模国愛甲郡の出身地に由来するというから、これまた鎌倉幕府によって派遣された守護地頭がその勢力の始まりだった。
 その後、佐渡の本間氏は一族間の争いや会津の蘆名や出羽の最上と組んで反上杉の立場をとったため、上杉景勝の佐渡侵攻(1589)によって滅ぼされてしまう。このときに、上杉側についた一部の本間氏族が上杉の転封に伴って越後・会津・米沢と移っている。
 酒田の本間家は、そのようにして山形に根を下ろし、江戸時代には海運業から金融業に進出する。庄内や米沢で藩の財政を支えるほどの豪商になった。
 徳川政権の要職を占めてきた酒井氏は、三河以来の譜代ではあるが、江戸時代に作成された系譜ではそのルーツを三河の海東氏の庶流としている。これは大江広元の五男の大江忠成を開祖とするもので、どうもその頃の系図を飾り立てる風潮に乗ったものと思われる。というのも、この時期に幕府が諸家に命じて家系図の提出を求めたことがあり、このときにおおあわてで体裁を繕おうとして、ムリヤリ清和源氏にくっつけたりしたものも多かった。その後、武家以外に広がり商売でこれを行なう者も現れ、家系図の信用を落とす一因にはなっているが、さまざまな資料を記録して残したという功績の一面もある。
 だいたいが、徳川譜代が外様大名の系譜(毛利は広元の四男が祖)と同じ大江広元にルーツを求める必要があるのか、飾り立てるにしてもピントがはずれていておかしいだろう。
 出羽庄内藩に移封された酒井家は、老中を長く勤めたがそのためもあって藩の財政は窮迫していたので、領内酒田で経綸の才があった本間光丘に藩の財政再建を託すことになり、「本間様には及びもないがせめてなりたや殿様に」と歌に謳われることになる本間様と殿様はこうしてつながる…ということになる。
 その結果庄内藩の財政もなんとか立て直しに成功し、本間家も莫大な利を得るが、一地方の大地主で事業家ではあったが財閥になることもなく、結局戦後の農地解放で没落の憂き目をみる。
 本間美術館には、前に酒田へ来たときに行っているので、今回は山居倉庫(さんきょそうこ)である。
sankyosoko-1.jpg
 もともと当初計画にはなかったのだが、定期船乗り場と酒田駅のバス便が悪く、結局行きも帰りも歩くことになった。幸い、帰りの「いなほ」の発時刻までは少々時間があったので、同じ歩くなら少し遠回りをして寄り道をすることにしたのだが、それを決めたのは、船の待合室と海鮮市場の間に貼ってあった山居倉庫の観光ポスターを見てからである。これも吉永さんのJRの広告にあったな。
sankyosoko-2.jpg
 そうだよね。これ有名だもんね。酒田のシンボルだものね。
 せっかくきたんだから、ちょっと見て行こうと、港からてくてく酒田港に流れ込んでいる新井田川に沿って東へ。
sankyosoko-3.jpg
 新井田川と最上川に挟まれた中州であったと思われるこの付近には、亀ヶ崎という地名が広く残っている。この付近までは岬の形で残ってきた地面で、その先の山居町の辺りは山居島と呼ばれる中洲で、地盤もまだ安定していなかったのだろう。
sankyosoko-4.jpg
 土盛りから始めた倉庫づくりは、思いの外新しく、1893(明治26)年から始まっている。しかし、それを建てさせたのが酒井家だったというので、ちょっと驚く。倉庫の管理・運営も酒井家が行なっていたというのだが、戊辰戦争では敗北して後に恭順したとはいえ、奥羽越列藩同盟の一翼を担っていたはずの庄内藩酒井家が、明治も半ばに至るまでこの地でどういうわけでそういう役割を果たすことができたのだろう。
sankyosoko-5.jpg
sankyosoko-6.jpg
 4年かけて完成した14棟の酒田米穀取引所の付属倉庫は、なんとかのロケに使われたとか、そんなことで観光名所になっているようだが、今でもその大部分は現役でその機能を発揮しているそうである。
sankyosoko-7.jpg
sankyosoko-9.jpg
 本間家の旧本邸の横を抜けて、酒田駅に到着。これで粟島・飛島とふたつならんだ日本海離島の岬めぐりはおしまいです。
sankyosoko-10.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
38度54分42.98秒 139度50分12.08秒
sannkyosoukoM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2015/06/30 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:歴史 山形県
きた!みた!印(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:飛島のウミネコ繁殖地=酒田市飛島(山形県)「国指定天然記念物」かどうかはもしかしてビミョウなのか [番外]

umineko-2.jpg
 海水浴場には小松浜という名もあるらしいが、その右手には大きな岩島の断崖がそそり立っている。それは隣の蛭子前崎のある岩山と狭い切れ目で接していて、そこいらじゅうがウミネコだらけになっている。
umineko-4.jpg
 前項でふれた御積島周辺も地理院地図の表記がそうだったが、ここもそうである。ただ、位置の特定に少しずれがあって蛭子前崎のほうにその表記がある。小松浜の入口には、誰が立てたのかわからない看板があったが、それによると「館岩」がウミネコ繁殖地として天然記念物になっているとの説明がある。酒田市の飛島マップでも、確かに「国指定天然記念物」との表記がある。しかし、地理院地図でもMapionでも「∴ 」マークはついていない。
umineko-5.jpg
 ウミネコの繁殖地だという館岩の表記は、地理院地図によると蛭子前崎の北壁あたりを指すらしいが、そこらにはウミネコの姿はほとんどなかった。
 現在その中心になっているのは、陸続きになっている館岩のほうではなく、島になって近いとはいえ陸とは離れている百合島のほうに繁殖地は移っているようだ。
umineko-3.jpg
 そのほうが、自然の流れであり、道理にもかなう。それと天然記念物指定とは、なにか関連があるのだろうか。
 看板には、ほかにも“石砦遺跡”とか“古代文字”などの、なんだか魅力的な言葉も並んでいて、地続きの蛭子前崎に登って行く階段の道もあるようだった。しかし、これもパス。
 “古代文字”といえば、なかにし礼の「石狩挽歌」である。その歌詞の舞台は、主に小樽の北に突き出た半島周辺なのだが、“古代文字”については「719 畚部岬=余市郡余市町栄町・小樽市蘭島(北海道)海水浴場と中学生と遺跡と古代文字」の項で書いていたが、これも現物は見ていない。
 ここのも、マップには“刻線刻画石”と“謎の石屈”という文字が、蛭子前崎の上には記されている。
 とくに史跡とかになっているわけでもないし、古いものを残すということは、なかなかむずかしい。
umineko-1.jpg
 橋を下るとヘアピンカーブになって、そこを降りて行くと、定期船乗り場になる。
 そこをそのまま通り過ぎて、自転車を返しに行かなければならない。
umineko-6.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
39度10分54.51秒 139度32分50.01秒
uminekoM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2015/06/30 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:山形県
きた!みた!印(39)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

番外:特急「いなほ」=羽越本線(新潟県・山形県・秋田県)見とれてそれと知らぬ間に早くも過ぎる幾十里… [番外]

inaho-1.jpg
 岩船港に着くと、タクシーが待っていて、運転手さんが名前を聞いてきた。帰りの乗合も予約はまた一人だったので、普通のタクシーの横っ腹にペタンと乗合タクシーのステッカーを貼り付けて走り出すと、再び「汽車」の歌碑が立つ村上駅まで戻ってきた。
inaho-2.jpg
 この唱歌の作曲者は村上市出身の人だが、作詞者が不詳としてあって、特定されていない。唱歌にはよくあることだが、当然、それはかの人の作品だという諸説・異説もでてくる余地を残す。
 でんでんむしもこどもの頃、よく歌ってハーモニカで演奏したりしていたこの歌は、改めてよく読むとなかなか歌詞もすばらしい。汽車に乗って走る情景を、みごとに写し取っている。
 
 文部省唱歌「汽車」
    作詞:不詳 作曲:大和田愛羅 1912(明治45)年
 
  今は山中今は浜
  今は鉄橋渡るぞと
  思う間も無くトンネルの
  闇を通って広野原

  遠くに見える村の屋根
  近くに見える町の軒
  森や林や田や畠
  後へ後へと飛んで行く

  回り燈篭の絵のように
  変わる景色のおもしろさ
  見とれてそれと知らぬ間に
  早くも過ぎる幾十里


 この歌詞には、モデル探しも、実際にどこかの鉄道路線に当てはめることなども、まったく無意味なほど普遍的で、汽車で走る景色の楽しさにあふれている。
 羽越本線の沿線の風景もまた、この歌詞のとおりだ。 
inaho-3.jpg
 新潟から村上までくるときも、乗ったのは白新線と羽越本線を走る特急「いなほ1号」だったが、今度は「いなほ9号」で酒田まで行く。9号は酒田止まりだが、この特急は秋田まで行く羽越本線の幹線列車である。というか、この線ではほかには休日運行の観光列車「きらきらうえつ」があるだけで、とにかく少し遠くへ少しでも早く行くとなると、この特急「いなほ」しか実質的に使える列車はないのだ。
inaho-4.jpg
 しかし、この線を走る特急列車に、「いなほ」という名前は実にぴったりである。なにしろ、越後平野・庄内平野・秋田平野と、三大米どころをつないで走っているのだから…。稲穂が稔る前の、緑のじゅうたんもまたよい。
inaho-5.jpg
 羽越本線では、最上川を越えた酒田までが約半分強ある。この酒田=新潟間は、何度か通ったことがある。が、今回の粟島・飛島の岬めぐりが終わると、もうおそらく二度と通ることはないのかも知れない。
inaho-6.jpg
 この南半分強に当たる区間では、なんといっても村上の先から鶴岡の手前まで続く、日本海沿岸が特徴的である。山がせって海に落ち、その間に平地はほとんどなく、海岸線には笹川流れといわれる岩のつくりだす海岸風景が展開する。
sasagawa-1.jpg 秋田から酒田までは、2007年秋の岬めぐりで、やはり「いなほ」の上りに乗っているが、この区間もこの一度だけ。男鹿半島からの帰りに通ったこのときの記録は、「173 芹田岬=にかほ(秋田県)いつの日にか歸らん」や、番外:象潟・酒田(秋田県・山形県)へそ曲がり鳥海山の裾野を行くなどにある。
 佐渡も終わったので、今回は残る日本海の離島の岬めぐりを企画したわけだが、新潟県の粟島は終了。次は、山形県の飛島である。

inaho-7.jpg
sasagawa-3.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
inahouetsuM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/06/29〜30 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
きた!みた!印(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:弁天岩=岩船郡粟島浦村(新潟県)「そそど、んごんご」1メートルも島全体が隆起したあわしまへ! [番外]

benteniwa-11.jpg
 フェリー「あわしま」が発着する岸壁の前には、粟島汽船の待合室や発券窓口、観光案内所などがある建物がある。3階建てのこの建物と港の南にある学校が、粟島ではいちばん大きな建物であろう。村役場はその右手奥にあるが、もっと小さい。
benteniwa-9.jpg
 その建物を通り抜けて山のほうに出ると、広い道路があって、その奥にあるのが弁天岩である。
benteniwa-2.jpg
 この弁天岩、地理院地図にもはっきりとその存在感を示して描かれているのだが、Mapionときたらまるで地図の用を自ら放棄しているがごとくで、まったくあきれかえってしまう。「地図の間違い指摘」なんてボタンを付けているが、およそ間違い以前の問題である。(Mapionについては昔から問題提起をしてきているが、相変わらずのようで、これにも歴史があるのだ。)
benteniwaMm.jpg
 弁天岩があるのは、単に池のある庭の端に大きな岩があって、その上に赤い社殿があるのがちらりと見える。
benteniwa-3.jpg
 この島の電力をまかなっている発電所の横から裏に回ってみると、そこに弁天社の赤い鳥居があった。benteniwa-4.jpg
benteniwaMk.jpg
 地理院地図では、岩の北側に水準点の表記があって、2.9と表示してある。
 標高も等高線もまるでいいかげんなMapionは別にして、一般に地図をつくる測量をするうえで重要な役割をもつ水準点は、その地域の標高の基準点となっている。
benteniwa-5.jpg
benteniwa-6.jpg
 ところで、この弁天岩はなぜに地理院地図で目立っているのだろうか。
 それは、粟島マップを見るとわかる。そこには、「新潟地震前は海に囲まれていました。」と説明があるのだ。
 “新潟地震”という場合は、1964(昭和39)年の新潟地震のことで、2004(平成16)年の“新潟県中越地震”のことではあるまい。そうか、あれからもう半世紀が過ぎたのだ。
 この当時はまだ地震対策はおろか、震度などの観測態勢も充分にきめ細かく整っていなかったが、日本海を震源とする震度6相当の地震は、新潟市・村上市・鶴岡市・酒田市など各地で家屋が全壊するなど、広範囲に被害が及んだが、奇跡的に死者が26名と少なかった。また、テレビがカラー化して普及し始めた時期で、津波・火災・液状化・落橋など地震の記録映像がたくさん残された、最初の地震であったということもできる。
 震源に近かったのが粟島で、この地震で粟島は島全体が1メートルも隆起したという。
 このため、海岸にあった弁天岩も持ち上がり、海から遠くなってしまった。内浦港の港湾整備はその後で行なわれたのだから、自然に弁天岩の周りは港の岸壁で内陸側に取り込まれたが、その周りの水域だけはなんとか残して弁天岩のかつての姿を少しでも保とうとした…。
 そんな様子がしのばれる、弁天岩であった。
 そうです、これは池なんかじゃなくって、海なのです。
benteniwa-1.jpg
 どこかで港とつながっていて、海水が入っているのだろう。立派そうな釣り道具一式を持ってきた若めのサングラスおじさんが、歩道の柵越しに岩の前の小さな海面に釣り竿を出し入れしている。道には30センチ近くもあろうかというクサフグ?が、無造作に捨て置かれている。魚だって生き物なんだから、あまり無益な殺生はしないようにしたほうがいいのではないか。…というのは、ぼつぼつ仏心もついてきた老人の感想であった。
 そういう釣り人も含めて、この夏もたくさんの人が粟島を楽しみにやってくるのだろう。温泉もあるが、時間がなくて入れなかった。ほんとに、首都圏にもっと近ければ、大人気超お勧めのスポットですよ、ここは…。
benteniwa-7.jpg
 港の北側にある明るい茶色の建物は、「そそど」というカフェで、魚の切り身などが入ったカレーがおいしかった。ここを経営する夫婦も地域おこしの協力隊かなにかで、島にやってきて住み着いた人たちだろうか。
 案内所に置いてあった「あわしまんごんごMAP」という折りたたみ手書き手造り地図は、島中の情報がコンパクトに収められていて便利。
benteniwa-8.jpg
 「そそど」ってどういう意味ですかと聞いてみたら「ゆっくり」の意味だという。「んごんご」は「行こう!行こう!」というこの島の方言だと、MAPに書いてあった。
ngongoM.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
38度28分2.52秒 139度15分14.75秒
benteniwaM.jpg
dendenmushi.gif北越地方(2015/06/29 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:新潟県
きた!みた!印(37)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

番外:沖縄本島の岬めぐりと沖縄戦まとめ(沖縄県)ざわわざわわ…とざわつくところいたむこころ… [番外]

 沖縄本島の岬めぐりでは、まだひとつふたつ追加しなければならないところもあるが、今回の北部の岬めぐりで大筋でまとめることができる。
 それぞれ、項目番号をマッピングしてみると、やはり南部には岬は少なく、その多くが北部に集まっている。
 その理由のひとつは、中南部では山がないこと、また島の成因が異なることも、大きく影響しているのではないかと思われる。
 だが、それも考えてみれば理由をつけるための理屈のようなものでしかないのである。
 残る本島の岬は、今回積み残しになった石川西海岸の空寿崎と、南端で喜屋武岬の東にある荒崎である。空寿崎は市街地の岬で、荒崎は喜屋武岬と平和祈念公園の間にある。平和の礎(いしじ)には行っているので、荒崎も項目にあげたと思い込んでいたが、探してみるとそれがなかった。
 離島では、慶良間諸島や久米島や渡嘉敷島も、まだ残っている。
 だが、ここまでの軽いまとめでも、改めて沖縄の戦争と基地の問題はどうしても意識せざるを得なかった。
 常にそれらのことを考えながら、岬をめぐっていたので、その断片はそれぞれの岬に託してふれてきたこともある。
 たまたま、2015(平成27)年は沖縄戦から数えても70年…。
 たまたま、このシリーズ連載を続けてきたのが、4月から6月と、ちょうど70年前の沖縄戦の時期とも重なっている。
 ごくごくおおまかに、この3か月足らずの間にこの島で起こったことをできるだけ想像してみるよう努力しただけでも、これが戦争なのだ!ということがわかるだろう。
 でんでんむしも原爆被災者だが、空から大きな新型爆弾がひとつの町を壊滅させるのも怖いが、この地上で戦車が走り、兵隊が銃を打ち、ガマと呼ばれる琉球石灰岩がつくる無数の洞窟に火炎放射器を放つ…。そういう戦争も恐ろしく悲惨である。
 ただ、こちらはそれを直接体験したわけではないので、記録からそのイメージをふくらませてみるしかない。それについて具体的に書くことはできないので、国内唯一の地上戦(これについては硫黄島などもあるから唯一ではない、という指摘もある)が行なわれた沖縄戦の記録は、探せばいくつかある。最近では沖縄タイムス、首都大学東京・渡邉英徳研究室、GIS沖縄研究室が共同制作したデジタルアーカイブがある。「沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言(いくさゆーからぬちてーぐとぅ)」は、「沖縄戦を未来に継承するため、証言、データ、地図など、それぞれが蓄積してきた技術とコンテンツを駆使し」たというもので、今なおデータは増殖中だという。
 ただし、このデータが重すぎるのか、つくりかたが悪いのか、でんでんむしのコンピュータ環境では読み込みの時間がかかりすぎて、どうにもならない。最初のマッピングだけで延々時間がかかってしまって、まったく実用にならなかった。ところが、iPadで見るとちゃんと動いた。どうしてそうなるのかわけがわからないが、「取り扱いに注意」という条件付きで、比較的入りやすそうな沖縄タイムスのサイトに、いちおうそのリンクを貼り付けておこう。(ここからでも、アーカイブスへ入るときには要注意かも。0のオッサンがツブセとか言ってるらしいけど、ガンバレ!オキナワの新聞。)

 詳しい証言はそちらにゆだね、ここではアメリカ軍の侵攻速度・日付けで想像しながら追ってみよう。
 約20万人もの死者を出したという沖縄戦だが、そのうち12万人以上が沖縄県民で、さらにその9万4000人は軍人や軍属ではない一般人であったという。
hontomatome.jpg
 アメリカ軍の沖縄攻撃は、1945年の03/26、まず慶良間諸島への攻勢で始まった。日本軍は予想していなかったというが、ここを占領して海上から沖縄本島攻撃に備える足がかりにするというのは、至極当然の作戦とも言える。
 そうして、04/01を期して上陸作戦を敢行したのは、残波岬の南に延びる中西部の海岸線であった。日本軍が水際防衛作戦を取らなかったので、上陸自体はたいした抵抗も受けることなく行なわれ、嘉手納や読谷にあった飛行場も占拠された。のみならず、04/03には早くも東海岸に進出し、奥武岬のある中城湾一帯を抑えた。
 これにより、沖縄本島と日本軍は完全に南北に分断されてしまう。ただでさえ指揮命令系統や作戦などにも問題の多かった日本軍の沖縄防衛計画は、これでほぼその破綻がはっきりみえてくる。
 以後は04/04から08までの間に、アメリカ軍は北部への侵攻を続けて辺野古崎から名護まで到達し、04/13には最北端の辺土岬に達している。
 一方、アメリカ軍の沖縄本島南部へ向けての侵攻は、04/08のラインで、いったんストップしている。それから、05/21の首里に迫るまでに40日以上かかっている。首里城と那覇市街から知念岬の南へ進出したのは06/03である。
 それからも本島南部への侵攻には時間がかかっており、現在ひめゆりの塔や健児の塔などがある摩文仁の丘付近、平和の礎などがある最南端地区へは06/20に達している。アメリカ軍の侵攻に時間がかかったということは、すなわち激戦地であったということで、南部地域では一般市民の死亡率が宜野湾市で26.9%、浦添市で44.6%、西原町で44.6%、糸満市で36.9%に達していたという。崖から多くの住民(主に女性)が投身した本島最南端の喜屋武岬にアメリカ軍が到達できたのは、06/21のことであった。摩文仁で牛島司令官らが自決したのが06/23。この日をもって日本軍の組織的戦闘が終結したとして、後にこの日が沖縄慰霊の日として制定された。その日は、米軍西海岸上陸から84日目のことであった
 上記の、アメリカ軍の侵攻日付けと犠牲者数、市民死亡率は、2015/06/18の(あの0のオッサンが「本当につぶれて欲しいのは…」とご指名の)朝日新聞朝刊特集「戦後70年」の記事によった。

▼国土地理院 「地理院地図」
26度21分20.07秒 127度46分3.23秒
ryuukyuukoM.jpg
dendenmushi.gif沖縄地方(2015/04/04〜08 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:歴史 沖縄県
きた!みた!印(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:名護市=(沖縄県)ゆがふ・21世紀の森・ゆるキャラ名護親方・六諭・ウコン・徳球も生まれたあけみおのまち [番外]

busenam-10.jpg
 名護市には、結局4泊したのだが、宿泊したのは「ホテルゆがふいんおきなわ」だけで、名護バスターミナルに近いここを拠点にして、沖縄本島北部を回ろうと考えた計画だった。
nagashi-1.jpg
 北部のそれぞれの地で宿泊場所を探すこともできたのだが、バスの便を考えると、結局これに落ち着いた。
 「ゆがふ(世果報)」というのは沖縄の古い言葉で、豊年とか五穀豊穣とかの願いが込められていて、字義の解釈は“果報な世の中。幸せで素晴らしい世界”という意味にもなる。本土でもこれを名前にした食堂などがたくさんあるようだが、それらは「ちゅらさん」の居酒屋にあやかったものも多いのではないかと思われる。
nagashi-4.jpg
 このホテルのロビーに、日本ハム・ファイターズの大きな掲示が出ているのは、ここが日ハムのキャンプ地だ(だった)からなのだ。その球場はホテルの目の前にある名護市営球場だ。
nagashi-2.jpg
 だが、この市営球場も老朽化が進み、どうやら来年(2016年)は日ハムが名護でキャンプを張ることはなくなったようだ。とすると、ロビーの掲示も取り払われるだろうが、ホテルも痛手だな。
nagashi-3.jpg
 ホテルから市役所までの通りの海岸側は、21世紀の森という大きな公園になっていて、あけみおSKYドームから市民会館まで、さまざまな市の施設が集まっている。
nagashi-6.jpg
 また、名護湾に面し、南には部瀬名岬や遠く恩納村の山も見えるその海岸は、きれいなやはり人工の砂浜が東西に広がるビーチで、これも市営らしい。
nagashi-10.jpg
 名護市のもともとの商業的な中心地は、きれいに柱のように花を飾り立てた名護十字路の付近だったのだろうが、近年は北のバイパス沿いや南の東江のほうに移っているようにも見える。
nagashi-11.jpg
 西の名護湾から南の部瀬名岬、東の辺野古崎・天仁屋崎まで、名護市の市域は広いが、27,870世帯、61,995人(平成27年5月1日現在)の多くは、かつて古くには運河開削計画もあった本部半島の付け根に集まっている。nagoshiM2.jpg
nagashi-13.jpg
 最近どこでも大流行のゆるキャラが、名護市にもある。ほかのゆるキャラといえばだいたいカワイイのとかオモロイのとか相場が決まっているのだが、名護市のそれは、“じいさんキャラ”でしかもちょっと硬派である。
 
nagoyurukyara.jpg

 名護市のサイトにその紹介があるが、名護ゆるキャラは「名護親方(なぐうぇーかた)」という。このじいさん、ただものではないのだ。
 三山時代に続く琉球王朝が1609年の島津侵入によって終わり、行政再編が進められた結果、17世紀中頃から18世紀中頃にかけてのこの地域は、それぞれ名護・羽地・久志の各間切は按司や親方によって知行されてきた。
 そうした流れの中に、久米島生まれの程順則(てい じゅんそく)は、1728年に名護間切総地頭職を勤める。
nagashi-7.jpg
 後に聖人親方として有名になる彼は、その前に琉球で最初の公的教育機関となる明倫堂の創設を建議するなど、近世沖縄を代表する文人・学者・教育者でもあった。名護ゆるキャラ「名護親方」が右手に持っている本のタイトルは「六諭」(6つの諭(さと)しの意)。
 これは彼が中国で入手した『六諭衍義(りくゆえんぎ)』で、明朝期国民の守るべき規範として伝わる、いわば道徳の本であった。やさしい言葉で書かれているし中国語を学ぶためにもいいと考えた順則は、これを自費出版して日本に持ち帰る。その自費出版本が1714(正徳4)年に、薩摩藩主・島津吉貴に献上されると、時の八代将軍吉宗の元に届けられる。
nagashi-8.jpg
 それが、荻生徂徠や室鳩巣の手によって、儒教思想による道徳の教科書や手習いの本として活用されるようになっていく。そして、ついにはかの教育勅語にも大きく影響を与えることになる。
 もともとは、「教民傍文」の中の一部だった「六諭」だけを取り出して范鉱という人が解説したのが「六諭衍義」である。
 1722(享保7)年に室鳩巣が和解を施した『六諭衍義大意』は、その後、明治年間まで版を重ね続けたが、普及の過程では、本文をさらに簡略化して通釈した異本も数多く出た。その一つであり、最も端的に「六諭」をまとめているのが『教訓道しるべ』であるという。
 
第一 孝順父母  是ハ人の子たるもの。孝行を専らとし。何事も親にそむかざるべき教を諭せり。
第二 尊敬長上  是ハ我より年かさなる人と。我より目上なる人に。無礼なきやうにと。行儀を正すべき諭しなり。
第三 和睦郷里  是ハ家内をはじめ一ツ所ところに住居する人々。たがひに中よくくらし。ねんごろに附合すべきの諭しなり。
第四 教訓子孫  是ハ子や孫をよくよく教へ導ちびき。善人に仕たつべきの諭しなり。
第五 各安生理  是ハ人々天よりあたへ給たまふ産業(すぎはひ=生業?)をつとめ。仮にも外をおもふまじき諭しなり。
第六 毋作非為  是ハ道理と不道理といふ事ありて。人々悪事をせぬやうにとの諭しなり。


nagashi-9.jpg
 沖縄北部のこの地域では、小さな漁業はあっただろうし、後には林業も少しはできたが、やはり農業以外の主な産業はまずなかったのだろう。主食は芋で、租税としてサトウキビ作と米作が地域によって割り振られ義務づけられていた。
nagashi-5.jpg
 本部半島の付け根、東際を流れる羽地大川の改修工事(1735年)、は、米作のための国家事業として、当時の土木技術を動員して行なわれた。その名残は、名護市北部の条理にもみられるようだ。
 山原の特産物としてはウコン(鑿金)の栽培も政策的に実施され、18世紀中頃には本土ではこれが黄染料として使われ、今に定着しているタクアンの黄色も、山原のウコンによるものだったという。
 ふしぎな縁であるが、いずれにしてもその暮らしは厳しいものであったろうと思われる。タクアンを囓るときには、そんなこともちょっと思ってみたい。
nagashi-12.jpg
 「あけみお」とは、夜明けの美しい静かな入り江の青々とした水の流れ。海のかなたのニライカナイから人々に豊穣をもたらす流れであり、海の外へと広がり行く水の流れでもあります。人々の幸せを願い可能性に向かって突き進む名護市の進取の精神を表した言葉です…とサイトのトップに説明が出てくる。
 「ようこそ あけみおのまち名護市へ」というタイトルと名護湾の夜明けの動画で始まる名護市のサイトでは、もうひとり、ゆるキャラにはできないだろうが有名な人物の名があった。
 徳田球一の記念碑が、名護市の文化財と史跡のなかにあったのだ。まったく思いもよらず意外だったが、「徳球・とっきゅう」が、この町の中心地名護十字路近くに生まれたとは…。でも、考えてみればこの名も奄美に多い名前だしね。
busenam-11.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
26度35分23.12秒 127度58分55.39秒
nagoshiM.jpg
dendenmushi.gif沖縄地方(2015/04/04〜08 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:歴史 沖縄県
きた!みた!印(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:エメラルドビーチ=国頭郡本部町字備瀬(沖縄県)美ら海水族館もある国営沖縄記念公園の海洋博公園で [番外]

kinenkoen-13.jpg
 結構大きな本部半島にも、岬は備瀬崎ひとつしかないが、その南でちょこんと突き出ている、でんでんむしの角のようなふたつの出っ張りがある。そこにはエメラルドビーチという名が付けられていて、白い砂が目を射るように輝いている。
 ヤシの木も並んでいて、施設も整っているのだが、全体になんだかつくりものっぽい感じがするというか、なにか芝居の書き割りの中を歩いているような妙な感じがした。
kinenkoen-8.jpg
 そのためかどうかわからないが、結局このビーチを北から南へ横断する間、一度もカメラを構えてシャッターを押していなかった。
kinenkoen-9.jpg
 どういうわけなんだろう。なにか、ふしぎな雰囲気に圧倒されて、我を失っていたのかも知れないし、なにかの魔法にかかっていたのかも知れない。あるいは、もっと現実的に考えれば、一面を覆う白い砂に照りつける太陽光線がぎらぎらと反射して、単にあまりの暑さに大急ぎでビーチを横切り、建物を目指したためかも知れない。
kinenkoen-5.jpg
 魔法が解けて、我に返ったのは美ら海水族館のところまで来てからだった。そうだ。岬でなくてもここはやっぱり写真には撮っておかないと…。
 やっと気づいてシャッターを押したのは、水族館の上から北側を眺めたときである。ビーチの北向こうには、備瀬崎が伸びている。
kinenkoen-10.jpg
 その西には伊江島。ここは国営沖縄記念公園のうちの「海洋博公園」のなかである。地理院地図では「沖縄記念公園」としか表記がないが、国営沖縄記念公園には、もうひとつ「首里城公園」があるので、沖縄記念公園だけでは場所の特定をしたことにならない。が、心配しなくともここはそれよりも海洋博公園、いやいやそれよりも沖縄美ら海水族館で有名なのである。
kinenkoen-12.jpg
 そもそもからいえば、ここにこんな広大な国営公園ができているのは1975(昭和50)年から1976年にかけて開催された、沖縄国際海洋博覧会の跡地利用としてなのである。
kinenkoen-11.jpg
 そういえば、そんなんやってたんだなあというくらいしか記憶もないし縁もなかったのは、その当時はまだ沖縄へも行ったことがなかったからだろう。その博覧会は、時の首相佐藤栄作が通産官僚だった堺屋太一らに指示して、沖縄県の本土復帰記念事業として国が主導して実施した。堺屋を再び起用するなど、明らかに大阪万博の盛り上がりに便乗して二匹目のドジョウを狙ったものだったが、入場者数は想定を大きく下回って終わった。
kinenkoen-7.jpg
 エメラルドビーチは、その海洋博覧会のためにつくられたもので、日本初の人工ビーチだったのだ。沖縄の海を象徴するエメラルドグリーンと、サンゴの白い砂が美しいが、いかにも人工っぽいのも当然で、まさに作り物そのものだった。
 振り返ってみれば、この海洋博への大規模投資が、沖縄復帰後のインフラ整備の基になったという事実はある。しかし…、とそこには若干の疑問も挟み込む必要もあろう。58号線沿線の整備で植えられたヤシなどには、元来沖縄の植生ではないものまで含まれていたという。ヤシの木に白い砂に青い海と空と輝く太陽…そうしたイメージの根幹は、本土からやってきた人間が勝手に植え付けようとしたものではなかったか。その陰には悲惨な戦争と厳しい基地の島という現実から、本土からやってくる観光客の眼をそらすという意図もあっただろうし、その効果もあった。
 事実、堺屋は「沖縄の歴史の話はもうやめよう」と、あえてそれを封印したことを認めている(2015/06/08朝日新聞 朝刊)。
 本土の人間が沖縄の戦争と戦後の基地に土地を奪われてきた現実を、充分に理解し反芻する間もなく、そうした問題には蓋をしたまま、青い海とヤシの茂る白い砂の浜辺のイメージはつくりあげられていった。今にも本土と沖縄のギャップが、なかなか埋められない背景には、そういう一面があったこともまた事実であろう。
 ところで、このエメラルドビーチの説明には、「全国でも唯一といってよい礁湖(ラグーン)内にあるビーチ」というのがあちこちで使い回しされているのだが、はて?
 この意味するところが、どうもピンとこない。ラグーン内のビーチなど、めずらしくもないのでは…。これは「ビーチ造成当時には」ということなのだろうか。であれば、今ごろこういう説明を麗々しく残しておくことはないのだが。
 コピペで記事をつくることが一般に習慣化してしまって、誰でもどこでもやっているので、それでもいいのだと大目に見られているようなネット情報では、こうしたことも稀ではない。よくないことである。時代に合わせて制度自体の見直しが必要だとしても、まずは著作権の理解をもっと広めることを徹底することから始めなければ…。
kinenkoen-1.jpg
 本部半島の西端で南北に長く、広大な博覧会の跡地には、水族館のほか、イルカショーのオキちゃん劇場、植物園、プラネタリウム、郷土村などの施設もあるらしいが、広大な敷地をもてあましているような感じもなきにしもあらず。ここでも、一見すると日本人と変わらないが、話している言葉が違う人々が大勢やってきていた。
kinenkoen-3.jpg
 さて、そこで思い出したのが、2015年に例の官房長官が沖縄県知事と初めて会談したときのこと。官房長官は、“辺野古を認めればUSJをもってくる”というような意味の発言をしていた。これもずいぶん沖縄をバカにしたような話で、政府が考えてきて今も変わらず考えている“沖縄振興策”とは、結局あちこち補助金を振りまきお祭り会場をつくるくらいのことでしかない。
kinenkoen-4.jpg
 そのUSJ話は、根も葉もないことではなく、すでに根を張り芽が出て葉を広げ始めているようだ。2015年5月には実際に政府関係者が、当然のように関係者の念頭にあったらしいここ海洋博公園を視察に訪れている。
 実は辺野古をかかえる名護市にも、その候補地として名もあがっていたネオパークオキナワという観光施設があるのだが、その視察日程にはそこは入っていなかった。
kinenkoen-14.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
26度41分55.84秒 127度52分38.97秒
kinenkoenBM.jpg
dendenmushi.gif沖縄地方(2015/04/05 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:沖縄県
きた!みた!印(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:今帰仁城跡=国頭郡今帰仁村(沖縄県)優美な曲線と曲面が印象的な石垣を眺めグスク時代の歴史を偲ぶ [番外]

nakijin-2.jpg
 琉球王朝の成立以前には、沖縄を北・中・南の三地域に分けて、それぞれに王をいただく三山時代があった。3つの勢力図がほぼ確定した1314年から、1429年の三山統一までがその時期で、鎌倉幕府の末期から室町幕府の初期に当たる時代である。この時代を、グスク時代というように、権力者が各地に城塞を構えて按司を置いて、地域の支配体制を固めようとした。
nakijin-1.jpg
 今帰仁村(なきじんそん)のサイトにある今帰仁城歴史年表では、「山北王」となっているが、これは中国の史料に基づく正式な国名が山北・中山・山南とあったことによる。しかし、現在では後の史料の北山・中山・南山という表記が一般的に多くなって、両方が混在していてでんでんむしのような初心者を惑わしてくれる。要するに、「山北王」と「北山王」は同じである。
 今は城跡の石垣だけが残る城塞遺構の今帰仁城跡は、その北山の中心地であった。この付近に人が住み始めたのは13世紀末頃とされるが、この城をいつ誰が築城したかなど、詳しいことはわかっていない。
nakijin-3.jpg
 三山に共通していたのは、明朝の中国や東南アジアとの交易を経済の柱にして成り立っていた王国であったことだ。貿易といっても、この当時のことだ。対等な貿易はあり得ず、明朝に朝貢し冊封してもらうという従属的な関係が基本にあったはずである。けれども、実際に冊封を受けたという記録は中山王と南山王で、北山王の記録はない。
 朝貢の記録も中山・南山に比べると少ないので、このあたり北山の独自の立ち位置も想像できるのだが…。
 北山・中山・南山と三分割とはいえ、支配地域面積からいうと、北山がいちばん大きく広く、うるま市石川付近までがその領域だったというから、ほぼ沖縄本島の北半分強を占めていたことになる。
nakijin-4.jpg
 奄美の島々までその勢力下に置いていた北山王は、もとは羽地按司で羽地内海に流れ込む羽地大川、羽地ダムなどの名が残る本部半島の北付け根に、そのルーツを辿ることができる、地方豪族のひとりだったのだろう。従兄弟の子で山北王であった今帰仁按司を討ち、自ら山北王となったといわれている。支配面積は広かったが、地形的には山地ばかりで、国力はさほど豊かとは言えなかったと思われる。
 因みに、中山は那覇付近までで、その南が南山となっていた。こういうことは、ないがしろにできないものであって、この区割りが後に郡になり、現在もなお国頭・中頭・島尻という地域区分として活きている。
 しかし、版図が大きいからといって戦争に勝てるとは限らない。
nakijin-5.jpg
 三王統の鼎立が100年続いた後、いろいろあって(ちょっと複雑なので簡単に省略)結局は中山が他を抑えた形で、尚思紹王を始祖とする第一尚氏が琉球最初の統一王朝を打ち立てることに成功する。これも地政的には山地がなく人口も周密で海に開けた中山のほうが、政治的にも軍事的にも優位であったからなのだろう。
nakijin-8.jpg
 その結果、今帰仁城を本拠とする北山地域も、琉球統一後は王府から派遣された監守という役人による地方管理の拠点になるが、その規模は首里城に匹敵したという。
 1609年になって、薩摩藩が琉球を攻略したときには、まずこの今帰仁城が本島攻略の第一目標となるのは、地政的にいって当然の順序であった。奄美の島づたいに南下侵攻してきた薩摩の軍船は、城の北に広がる今泊付近の海岸に大挙して押し寄せたのであろう。
nakijin-6.jpg
 城は炎上し、監守もその役目をなくした後は、もっぱら祭祀の場として御獄のような性格をもってきたようだが…。
 山の斜面とその傾斜を利用してつくられた城郭は、今に残る石垣で想像するしかないが、その優美とも言える石垣の曲線と曲面は、歴史の記憶をなんとか留めようとしている。
nakijin-7.jpg
 1972(昭和47)年に国の史跡に指定された今帰仁城跡は、2000年には首里城跡や勝連城跡などとともに、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産(文化遺産)リストに登録された。
nakijin-13.jpg
 名護から今帰仁城跡へ行くには、南側国道449号線と北側505号線が本部半島を循環道路が一周しており、このルートを琉球バス交通と沖縄バスが走っている。そのほか、那覇空港から運天港行きのやんばる急行も運行している。
nakijin-10.jpg
 時間的にも距離的にも、北側ルートで往復するのがいちばん早いので、羽地内海から今帰仁村に入り、備瀬崎へ向かう途中のバス停、今帰仁城跡入口で降りて、標高110メートルの城跡まで、山坂道を往復してきた。
nakijin-11.jpgnakijin-12.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
26度41分27.96秒 127度55分46.83秒
nakijinjyosekiM.jpg
dendenmushi.gif沖縄地方(2015/04/05 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:歴史 沖縄県
きた!みた!印(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:本部半島=(名護市・今帰仁村・本部町)沖縄本島西海岸で目立っているけど岬はひとつしかない丸い出っ張り [番外]

hontohokubuM.jpg
 沖縄本島北部の西海岸の、やんばるふんばる国頭村を南下していくと、奥間の道の駅を過ぎて田嘉里川を越えたところから大宜味村(おおぎみそん)になる。この村も海岸のわずかな平地に集落が点在する。途中に塩屋の入江を橋で渡るが、海岸沿いの道には岬と名のつくものがひとつもない。
motobubisse-1.jpg
 その国道58号線を南下するバスの車窓に見えるのは、古宇利島・屋我地島のふたつの島で、小さな奥武島とともに橋でつながっている。
 島といっても横から見る限りあまり島のようには見えず、かろうじて見える橋からどうにかそれと知れる。
motobubisse-2.jpg
 津波山付近の境界線から始まる名護市は、屋我地島と古宇利島を結ぶ古宇利大橋の途中までで、その橋の北側と古宇利島は今帰仁村(なきじんそん)になる。
unten-1.jpg
 屋我地島の西には本島との間に4キロにわたるワルミ海峡という水道があって、その北の口にあるのが運天港。伊平屋島や伊是名島への連絡船は、そこから出ている。
unten-2.jpg
 橋と島で囲まれた羽地内海(はねじないかい)と呼ばれる水域周辺にも、岬のひとつやふたつくらいあってもよさそうなものだが、これがまったくない。
yagati-2.jpg
 名護市がここらから本島東海岸までを押さえているわけだが、その付け根から西へ丸くぽこんと飛び出している半島状の出っ張りは、沖縄本島全図のなかでも際だって目立っている。そこを指し示す呼び名は地図にはないのだが、それもなにかと不便である。名護市の北西部と、国頭郡今帰仁村と国頭郡本部町、さらに西の島には伊江村があるこの出っ張りを、仮にここでは本部(もとぶ)半島と呼んでおくことにしよう。
untenkouM.jpg
 本部半島全体でも、岬と名がつくものはただひとつだけしかない。それは半島北西部に飛び出た備瀬崎。本部の西には伊江村の伊江島があり、瀬底島水納島もあるがそこらにもなく、半島の名護湾側にもあってもよさそうなにそこにもなく、次の岬は…名護湾の南端にある部瀬名岬までない。
nagowan-3.jpg
 そもそも、数ある日本国土を形づくる海岸線の出っ張りや飛び出しに、岬の名前がつくものはごく一部でしかない。だが、その一部にだけわざわざ名前がつき、そして何世代にもわたってその名が伝えられていくのは、それなりの理由や背景があったからこそだろう。
 でんでんむしは、岬の名がつき残っているのは、そこに人間との深い関わりがあったからこそだろうと思い、これまでもそう書いてきた。
 だが、こうして沖縄本島の西海岸に回り込んで改めて眺め回してみると、今度は逆に、「なぜ岬の名前がつかないか」が改めて疑問に思えてくる。それは、単に答えを反対にして人間との関わりがない、もしくはそれが薄いから…というだけでもすまないような気がしてくるからだ。
ukorijima-2.jpg
 沖縄本島の西海岸では、名前のある岬は辺土岬以南では、まず赤丸岬があった。それから以下に取りあげる予定の、本部の備瀬崎、名護湾の部瀬名岬とが控えている。その次は長くてでこぼこも多い恩納村でも真栄田岬ひとつだけで、次ぎには読谷村の残波岬があるくらい。
 さらに南に下っても、浦添市の空寿崎と那覇空港内の大嶺崎があるだけで、南端部の喜屋部岬まで岬はない。
 単純に東海岸と比べることにも、どちらが岬がいくつ多いとかいう数字にもあまり意味はないだろうが、岬の数だけで言えば東西の海岸線では倍以上の差がある。けれども、人との関わりという点だけからすると、東海岸と西海岸では地形的にも人口の周密度などからみても、際だった差があるようにも思えない。
 それでもやはり、この本部半島で岬がひとつだけというのは、東西対抗では西側のマイナス要因のひとつになっている。
 こうして、いつものように答えの見つからない堂々めぐりループに入ってしまう…。
 ま、これもなにも答えをどうしても見つけたいというよりも、あれこれと下手な考えをひねくり回して遊んで楽しんでいるだけなんだけどね。
yagati-4.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
motobuhantouM.jpg
dendenmushi.gif沖縄地方(2015/04/04〜05 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:沖縄県
きた!みた!印(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:再び「鹿折唐桑」へ=気仙沼市新浜町(宮城県)打ち上げられていた船も解体されてなくなっていたが… [番外]

sisiorikarakuwa-1.jpg
 誤解のないように前項に付け加えておくが、先に「1202 恵比須鼻」の項 で紹介したPDF情報には、住民が実施したアンケート調査の結果も詳しく述べられている。それによると、住民がみんな県の防潮堤計画に反対しているわけではない、ということだ。「位置や構造の話し合いには応じるが、高さは絶対に変えられない」という県に対し、打開のために住民が自ら意見集約をはかろうとしたアンケートの結果は…。
 意外にも、3分の1もの住民は、県が計画する9.9メートルの防潮堤を支持していることがわかったのである。アンケートに回答した住民564人のうち県の計画支持は35%、震災前と同じ1.2メートルでというのが6%、中間の5メートルでが20%、防潮堤は不要というのも17%あったという。
 このアンケート結果が発表されたのは2013年3月のことで、でんでんむしが初めて被災地を訪れたのはその4か月後のことだった。
sisiorikarakuwa-7.jpg
 そのときには、南三陸町から気仙沼市を歩いたのだが、鹿折唐桑(ししおりからくわ)の印象も深いものがあった。そこをバスで通ったときの記録は、「991 神明崎2=気仙沼市(宮城県)たくさんの船が流され陸に置き去りにされたが最後まで残った“第十八共徳丸”も…」 に書いているが、大きな漁船の船体が、鹿折唐桑駅(駅ももちろんなくなっていたが)の前付近の道路脇にどーんとあった光景が眼に焼き付いていた。
sisiorikarakuwa-5.jpg
 この船の処置をめぐっては、その後も全国ニュースで報じられたので、よく知られることになった。
 今回の山田町から釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼までの岬めぐりの最後に、再びこの地を訪れたのは、BRTから唐桑半島に入る路線バスに乗り換えるためだった。
 この被災地訪問の最後に、あえて1項目を設けて、その後の鹿折唐桑付近を記録しておきたい。
sisiorikarakuwa-2.jpg
 陸に上がった漁船は解体されてすでになく、流された建物の土台の間に草が生えていた気仙沼市みなと町から新浜町にかけての一帯では、土盛りが盛んに進められ、復興商店街なども新しくできた盛り土の上に引っ越していたのだろう。
sisiorikarakuwa-6.jpg
 前のこの地の写真と見比べてみれば、とても同じ場所とは思えないほどだ。
sisiorikarakuwa-3.jpg
 コンビニなども店開きをしていたが、まだまだ基盤整備の最中であった。全体に地面の嵩上げをして、市街地の復興を図ろうという計画も、考えてみれば大変なことだ。
sisiorikarakuwa-4.jpg
 再びまたJR気仙沼駅にやってきた。前回と同じコースで大船渡線に乗り、一ノ関駅から新幹線に乗り換えて、帰ってきた。
sisiorikarakuwa-8.jpg
 直接被害を被ったわけでもない部外者が、被災地や復興計画についてあれこれいうことは、なかなかむずかしいところがある。
 願わくば、多くの国民が同じようなおもんばかりの気持ちをもって、被災者に寄り添いたいと願っていることが、すみやかなよりよい復興の応援になることを祈るばかりである。
sisiorikarakuwa-9.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
38.915467, 141.581042
sjikaoriM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2014/11/07 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:宮城県
きた!みた!印(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:再び「奇跡の一本松」へ=陸前高田市気仙町(岩手県)改めてここを再訪してみる気になったのは… [番外]

kisekino-1.jpg
 マグニチュード9.0の大地震は、気象庁の正式名称では「東北地方太平洋沖地震」というらしいが、被害は東北地方だけではなかったということからか、「東日本大震災」のほうが定着しているようだ。陸前高田市では、押し寄せた大津波によって市の中心部が壊滅し、全世帯のうち7割以上が被害を受けた。JR東日本大船渡線の竹駒駅・陸前高田駅・脇ノ沢駅・小友駅と線路も流失した。2011(平成23)年の6月末で、陸前高田市の死者は1,656人、行方不明者は95人であったという。(おくればせながら、「陸前高田市」の「高田」は「たかた」です。)
kisekino-2.jpg
 この地震によって、海岸線も大きく変わってしまったが、小友町では84センチ、米崎町では58センチの地盤沈下を観測したという。
 現在、陸前高田市の平地では、気仙川の西にある山から土砂をとって、市街地を嵩上げする工事が盛んに行なわれているようで、その土を運ぶ銀色に光るコンベアなどが、やたら目立っている。
kisekino-7.jpg
 前回、バスの雨の車窓から、淋しく眺めていた「奇跡の一本松」を、今度はちゃんと現地で見てみようと思ったのは、この一本松のモニュメントをつくるにあたっては、日本の自動車メーカー各社の技術者が知恵とワザを出し合って完成させたと知ったからだ。
kisekino-3.jpg
 見たからといって、技術者でもない素人に、感心すべき何がわかるわけでもないが、見に行くことにもそれなりの意義があるように思えたのだ。
 東西に長く続いていた松原の、西の端っこに、津波が引いた跡にたった一本だけ残った松の木。
kisekino-4.jpg
 それもやがて枯れてしまうが、その姿をなんとか残したいという思いは、日本中の人びとの被災地にたいする思いを象徴していたのかもしれない。
 最初の「なんだかなあ…」という印象から、徐々にそっちへ意識が変わっていったのだ。
kisekino-6.jpg
 「奇跡の一本松」は、かつての松原の北側にあった古川沼の水路が、西の気仙川の河口に接するところ、ほんとうに西の端で、水路の名残を橋で渡って行ったところにぽつんと立っている。バイパスから南へ海岸にかけての字地名は砂盛。文字通り、嵩上げ工事で巨大な砂の盛山ができているが、地名の由来は気仙川の河口と松原の海岸の砂が堆積してできた土地であることを示しているようだ。
kisekino-8.jpg
 壊れていた水門も、以前と比べると多少は片付けられているが、周囲はすべて工事中で、そこへ行くための通路と、土砂を盛り上げたところに階段と手すりで囲った見晴台が、訪れる人用に設けられていた。これは、別に観光用に設けたわけではなく、一帯で大がかりに進められている土盛り工事の過程でできたもののひとつを、階段と手すりをつけて臨時の見晴台にしたものだ。
kisekino-10.jpg
 一本松の南には、遠く左手には広田半島が、近く右手には長部漁港の恵比寿鼻と白浜崎が望める。これで前回と今回二回にわけての被災地の岬めぐりは、いちおうその輪をつなげて閉じることになる。
kisekino-12.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
39.003445, 141.625171
kisekinoipponM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2014/11/07 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:岩手県
きた!みた!印(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:門之浜湾・碁石海岸口駅=大船渡市末崎町(岩手県)白い高い防波堤とBRT代替バスの駅 [番外]

kadonohamawan-7.jpg
 明治三陸地震津波と昭和三陸地震津波に襲われたリアス海岸地区では、その教訓や津波の到達点「海嘯来襲地点」を後世に伝えようとする石碑などがたくさん残されている。
 館ヶ崎のある門之浜湾の奥にも、そういう石碑が4つもあるらしい。
 漁港の北に位置する谷になっている門之浜地区や、その西に続く鶴巻・大田地区の奥まったところにあるようだが、東日本大震災でも門之浜湾ではほぼ同じようなところまで津波は到達していたようだ。
kadonohamawan-4.jpg
 まだ復興工事が終わっていない漁港の東端では、遠目にも目立つ白くて高いコンクリートの防波堤がつくられていた。ちょうど門之浜地区の海側にあたるところなのだが、その高さは2階建ての建物よりももっと高い。
kadonohamawan-5.jpg
 気仙沼でも高い防波堤で覆う計画が論議を呼んでいたが、これはなかなか悩ましい課題であろう。防波堤でも完全に津波を防ぎ切ることはできまい。仮にできるとしたら、それは海岸線のすべてにもれなく張り巡らさなければ意味がなかろう。
 素人考えでは、このような部分的な防波堤に意味があるとは思えないので、この後もこの白い高い壁は、まだこれから湾沿いに西へ延びていき、門之浜湾をぐるりと囲むことになる計画なのだろうか。
kadonohamawan-6.jpg
 旧市街地の中心地だった大田地区は、浜から続く平坦地なので、ここは今回の津波でも甚大な被害を受けたようだ。その一帯はうずたかく土盛りがされていたので、ここも土地を高くして復興をはかろうとしているのだろう。
 それでも、大田地区も数百メートル先からは土地が次第に高くなっているので、その高いところは浸水だけで済んだり、津波からは免れたりした家も多かった。
kadonohamawan-8.jpg
 そのさらに上の高台には、末崎小学校と末崎保育園、ドラゴンレール大船渡線の上には末崎中学校がある。中学校の隣には市営球場のグランドがあったのだが、そこは全部仮設住宅がぎっしりと並んで建っていた。
kadonohamawan-9.jpg
 そこが球場だったことを忍ばせるスコアボードの裏を回ってから道に出ると、碁石海岸口駅という大船渡線代行バスの停留所がある。
kadonohamawan-1.jpg
 ここには、都合4度も乗り降りしていて、すっかりおなじみの駅になった。碁石海岸へ行くにはいちばん近い駅なので、ここに駅があるのは当然のように思って利用していたのだが、実はもともとJR大船渡線としては末崎地区の駅はここから北ひとつ大船渡寄りの細浦駅のつもりであったらしい。
 細浦の次は、陸前高田市の小友駅で、その間には駅はなかったのだ。
kadonohamawan-2.jpg
 JR大船渡線が各所で寸断されて、従来通りの鉄路の復旧が困難になったとき、その線路のあった場所を専用道路にして、そこに代替バスを走らせることになった。それが、バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム=BRT)である。
 BRTは、場所によっては復興工事の関係で旧線路の跡地を道路にして走行できないところもあり、そういうところは一般道路を走ることになっている。
kadonohamawan-3.jpg
 大船渡の盛駅から小友駅までは、ほぼ旧線路の跡地がBRTバス専用道路になっている。この区間が開通したのは、2013(平成25)年秋のことだった。
 そのときに地元の末崎地区が、大船渡市の市長に働きかけてJRに陳情書を提出して要望した結果、臨時駅としてここにこの駅が設置されることになった。そう思ってみると、確かにこの駅は元々から駅があったような場所ではない。踏切の脇に駅をくっつけたようだが、門之浜湾ではここ以外には適当な場所はなさそうだ。
 BRTになると、普通の踏切とは遮断機が逆になって、専用道路のほうにバーが降りる。
 小友駅へ行くバスを待っていると、乗用車が二台やってきて“駅前”に停まるとスーツ姿の少し若めのおじさんたちがどやどやと降りてきて、辺りを見回していたが、やがてまた車に乗り込んで去って行った。なかに一人えらそうなのがいてそれになにか説明していたので、どうやらどこかのお役所の視察で寄った、ということだったのだろう。
kadonohamawan-10.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
38.995463, 141.716616
kadonohamawM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2014/11/06 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:岩手県
きた!みた!印(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:碁石海岸=大船渡市末崎町(岩手県)北の岬は今もなお忘れられない「おもいで岬」 [番外]

goishikaigan-3.jpg
 碁石岬の灯台を後に、北へ続く海岸の松林のなかにプロムナードがある。宿でもらった碁石海岸のマップによれば、ここから北へが碁石海岸で、いろいろな名前のついたいろいろな大小の岩がたくさんある。その最北にあるのが、穴通磯と名付けられているメガネ岩のように穴が3つも開いた岩だが、そこまではおよそ3キロ以上の道を上り下りしなければならない。
goishikaigan-1.jpg
 このコースは、自動車道もなく、海岸の遊歩道としては途中の大浜くらいまでがいいとこで、たいていの観光客はそこまでも行かず、せいぜいが海馬(とど)島あたりまで行けばいいほうであろう。
goishikaigan-2.jpg
 見事な松林は、この碁石海岸の特徴になっているようだが、この松林の歴史も古く、1816(文化13)年に地域の住民が防潮防風林として植林したのが始まりだという。
 この道は、「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選定されているのだそうだが、こういう「…選」も大流行で、実にいろんなのがある。碁石海岸は、このほかにも「日本の渚・百選」であり、岩に打ち付ける波の音が雷のように響くという雷岩の音は「残したい日本の音風景百選」に選ばれているという。
goishikaiganM2.jpg
 前項の碁石海岸とはどこかという設問だが、地理院地図では2万5000の縮尺までは西海岸に、それ以上の地図では東海岸に、その表記をつけている。
goishikaigan-4.jpg
 西海岸には、広い道が碁石浜から博物館のほうに通じており、その沿道には歴史もありそうな温泉旅館やら遊覧船乗り場やらがあるので、どうやらこちらのほうがもともと開けていた、古くから意識されてきた碁石海岸なのだろうと推測できる。
goishikaigan-6.jpg
 ところが、大船渡市が博物館やら温室やら大駐車場やらガイドセンターなどの施設を海馬島からも碁石岬からもそう遠くない中間点に整備した。
 どうやら、これ以降観光客がやってくる碁石海岸は、東海岸にその比重が移っていったのではないか。
goishikaigan-7.jpg
 そんなふうに想像できるが、おそらくそう的外れではあるまい。
 そう考えながら歩いていると、三陸復興公園に指定されてから後に環境省が建てた看板では、「碁石海岸は、末崎半島の太平洋側に面した約6kmの海岸線を指しています。」とのっけから“太平洋側”に限定した表記に出くわした。
 もっとも、その説明のなかには碁石も入っているので、碁石浜のある西海岸はまるっきり除外されるということではないらしい。
goishikaigan-8.jpg
 雷岩と高さ数10mの断崖が切り立つ乱曝谷の付近は、東海岸の一般観光コースの中心であるらしく、テラスなどの設備が整っている。その先の海馬島付近から西へ道を辿ると、ネイチャーガイドセンターのしゃれた建物があるが、これも国の支援ででき、大船渡市に管理運営が移管されているようだ。
goishikaigan-9.jpg
 その駐車場の向かいには椿館という大きな温室があり、世界から集めた椿が展示してある。
goishikaigan-10.jpg
 その前に結構大きな石碑がでーんと座っている。道路のほうには背が向いていて、駐車場側の表には「おもいで岬」という歌詞が刻んである。これはご当地出身の歌手・新沼謙治のデビュー曲の歌碑なのだ。
goishikaigan-11.jpg
 テレビのオーディション番組で出てきた1975年の新人歌手は、それまで左官をやっていた。5回目の挑戦となるその決戦で合格したときの、審査員の一人だった阿久悠の講評は、なかなかこの純朴な青年の真骨頂と将来を見通していたような鋭さがあった。(本人が出た何かの番組でそのエピソードを知った。)どうやら、阿久悠の予言通り、持ち前の純粋さを保ちながら長くこの芸能界を渡ってこれたのは、喜ばしい。碁石海岸を思いながら「おもいで岬」を歌ったという歌手は、その後の活躍で大いに大船渡市の知名度向上に貢献したことを称えて、この碑は建てられた。そこに刻まれた歌詞はその阿久悠が、彼のために書いた。
   北の岬は 今もなお 忘れられない
   忘れられない おもいで岬

 近年は、震災後の被災地の復興活動にも、お隣の陸前高田市出身の千昌夫とともに活躍していて、“いわてけん!”のスターである。
goishikaigan-12.jpg
 そこから道路を下ると、大船渡市立博物館の大屋根がある。この博物館もなかなか見事な、工夫された展示がしてあって、こどもたちがこの海岸と地域を勉強するのにも役に立っているのだろう。
goishikaigan-13.jpg
 博物館から下ると、いよいよ碁石のある碁石浜に出るが、書ききれなくなったのでこれはまた次項に…。そうそう、この道の途中に「新沼」という表札の家があった。この地方に多い名前なんだろうか。

▼国土地理院 「地理院地図」
38.985952, 141.741747
goishikaiganM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2014/11/06 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:岩手県
きた!みた!印(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:リアス海岸の岬=山田町・大槌町・釜石市・大船渡市・陸前高田市(岩手県・宮城県)釜石に出る前に計画がすべてパア [番外]

wanmapM.jpg
 でんでんむしの岬めぐりは、文字通り分刻みのスケジュールに従って動いている。別に自慢するようなことでもないし、公共交通機関を利用しての…という限定があれば、当然にそうならざるを得ない。
 いつも事前にバスや電車の時刻表をチェックして、連絡、乗継ぎに齟齬のないように計画は立てるのだが、交通機関のほうに齟齬が出ると、とんでもないことになってしまう。
 今回の三陸の岬めぐりは、これまでまだ取りあげていなかった、宮古から南、陸前高田から北の海岸線である。
 これは大変な難所なんですよ。なにしろ、あのリアス式海岸(ria coast)ですから…。
 それに、2011年の大震災では、くまなく大津波に襲われた地域で、まだまだ復興がなったとは言い難いところだ。ほんとうは、不要不急の物見遊山といわれても仕方がない岬めぐりは、まだ遠慮したほうがいいのだろうとも考えたが、大震災大津波の後の状況を記録しておく意味もあろうということで、2013年の南三陸・気仙沼訪問の続きとして計画したのものである。
hanakamaM.jpg
 東北新幹線の「はやぶさ」で新花巻まで行き、そこから釜石線に乗って釜石まで出る。そこからバスで北へ向かい、山田まで行ってまた引返してくる。要所要所の海岸で降りてはまたバスに乗りながら、釜石でその日は一泊。
 翌日もまた残ったところをめぐって、今度は釜石から三陸鉄道南リアス線で大船渡へ出る。大船渡の碁石海岸に二泊して、大船渡と陸前高田の岬をめぐって、気仙沼から大船渡線で一ノ関へ出て、新幹線で帰ってくる…。
 ざっとそういう計画を立てていた。
riasuwan-2.jpg
 前日まで北日本を低気圧が通過していて、午後にはそれも太平洋へ抜け去るだろうと予想していて、お天気は回復して青空が広がるなかを、2両編成のJR釜石線は順調に遠野を過ぎ、東へ走ってきた。
riasuwan-1.jpg
 1000メートル近い分水嶺を土倉トンネルで抜けると、釜石線は深い谷のどん詰まりにある釜石鉱山の手前でぐるっと一回転して陸中大橋駅に着く。
riasuwan-3.jpg
 ところが、この陸中大橋駅で停まったきり、動かなくなってしまった。風が強いので運行を見合わせる、とのことである。
riasuwan-5.jpg
 「陸中大橋」というからには、大きな橋でもあるのかと、あたりを見回すが、それらしきものはない。大橋というのは橋の名前ではなくて、この谷間の集落の名前らしい。
 風は確かに吹いているが、谷間を下っていく電車の運行に差し障りがあるようにも思えなかったが、こちらはただ動くのを待つしかない。
riasuwan-6.jpg
 やっとちょっと動いたかと思うとまた停まる。そなんことを繰り返しながら、下っていくと途中で横から谷筋が合流するところが2か所ほどある。その谷からの横風が吹いてくるここら辺が危ないというのだろうか。
riasuwan-7.jpg
 上を見上げると、遙かに高いところを道路が通っている。人間の行なう土木工事というのは、どこまでもキリがないらしい。これは仙人峠道路という283号線のバイパスのようだ。これだと、やはり風が吹くと通行止めになりそうだが…。
riasuwan-8.jpg
 結局、釜石駅には定刻を1時間以上遅れて到着した。事前に立てた計画がまったく意味をなさなくなってしまった。分刻みの計画はすべておじゃんだが、まあなるようにしかならない…。これが旅の空では重要なこと。
riasuwan-9.jpg
 その日は、釜石湾の岬を眺めるだけにして、早々にホテルに入って急きょまったく別の計画を組み直さなくてはならない。復興工事が進む市街地に新しくできたビジネスホテルは、やはり復興工事関係の人が多いらしい。玄関を入るとまず靴を脱いで、スリッパに履き替える方式である。
 翌日から改めて山田行きの早いバスで往復することにしたが、もう途中で降りる時間的余裕もなくなっているので、乗りっぱなしで車窓風景だけになってしまう。
 さて、「あのリアス式海岸」と書いたが、近頃では“式”はなしで「リアス海岸」ということになっているらしい。この宮古以南のリアス海岸は、半島が飛び出して入江・湾があって浜があり、また半島になって…を交互に繰り返す地形がずっと続いている。宮古の山田湾から陸前高田の広田湾まで直線距離で61キロに渡って、そういう地形が連続しており、湾の数は13にもなる。
 岬めぐりの難所としては、以前に三重県の南伊勢付近 をあげていたが、要するにリアス海岸では、半島には集落も道もないところが多く、交通機関はほとんど半島の内側または付け根を通るだけなので、岬めぐりにははなはだ不便なことが多い。
 加えて、まだまだ復興工事の最中とあっては、海岸や浜へも行くのは制限されてしまう。
 いかなることになりますか、とにかく地図上の北から順に南に下って行きながら、バスと南リアス線の車窓から、リアス海岸の岬を追ってみることにする。
wansanrikuM.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
39.273237, 141.87301
hanakamaRM.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2014/11/04〜07訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
きた!みた!印(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

番外:大江本家と留辺蘂=北見市留辺蘂町温根湯温泉(北海道)多くの人にはめったに縁がないかも知れないこの地域の紹介 [番外]

hokkaidoM.jpg
 北海道は広い。岬めぐりでは、あと日本海側の一部と島嶼部を残すところまではなんとかこぎつけたわけだが、内陸部はほとんどと言っていいくらい知らない。道東・オホーツクと札幌や旭川を結ぶのは、鉄道では南の根室本線・釧網線と北の石北本線である。道路ではいくつものルートはあるが、国道の番号が若いものでは、釧路から帯広・富良野を結ぶ38号線と、網走から旭川に出る39号線がある。
 鉄道の石北本線が、遠軽のほうを大きく迂回しているのに対して、国道39号線は北見から西へ石北峠を越え、大雪山の東麓・層雲峡を抜けて旭川に出る。石北本線も石北峠も、その名はこの線で結ばれるふたつの国の旧国名(石狩国と北見国)からついている通り、高い山で隔てられた国を往来するには、高い峠を越えなければならない。
 紋別郡遠軽町と上川郡上川町を通る石北本線は北見峠を石北トンネルで越え、その南で北見市と上川町の層雲峡に抜ける39号線が1,000メートルの石北峠を越える。
rubeshibe-1.jpg
 海岸線ばかりを歩く岬めぐりでは、こうした内陸部へはなかなか縁がないのだが、かつてでんでんむしがやっていたマイナーなウエブサイトで、か細い縁がつながっていた温根湯温泉の大江本家には、かねてから行きたいと思いつつなかなか実現できずにいた。そこで、今回こそはぜひとも投宿してみたいと思ったので、石北本線を通るオホーツクからの帰り道に、留辺蕊(るべしべ)の駅で降りて、39号線を走るバスで温根湯温泉に寄ることにした。
rubeshibe-2.jpg
 留辺蕊駅の周辺はきれいに整備されていて、町の大通りの店にはそれぞれ看板でユニークなイメージを出そうとしている。高浜虚子の句碑があるという看板につられて駅前広場の自転車置き場(これがまた立派)のほうへ行くと、周囲を花壇で飾った黒い石の句碑がある。(これは平成7年に留辺蕊町が建てたものだが、2006(平成18)年には町は北見市と合併した。)
   皆降りて 北見富士見る 旅の秋
 旭川で開かれた俳句大会でやってきたのは1933(昭和8)年のことで、層雲峡で吟行して留辺蕊駅で北見富士を見るためにホームに降りたときの句である。当時はまだ石北峠越えのルートは開通していなかったはずなので、層雲峡からまた旭川に戻ってから石北本線の列車に乗っていて留辺蕊駅に降りたのだろうか。碑にあるようにその夜は阿寒湖に泊まっているとすれば、虚子一行はここからどういうルートを辿ったのだろうか。(もっとも、阿寒湖のほうは比較的早くから観光地として名高いところだったはずなので、交通の便はよかったのだろう。)
rubeshibe-3.jpg
 温根湯温泉に向かう途中の道筋の畑にも、タマネギの箱(枠)がたくさんおいてある。湧別で見たタマネギは、実はこっちの北見地域のほうが先にはじめた本場だったのだ。
oehonke-1.jpg
 運転手とのやりとりから、バスに乗り合わせたご年配のご婦人方のグループも、大江本家に泊まるらしいとわかったので、その一行とは反対側の道から無加川に出る。「無加」もアイヌ語の「川を越す=ム(塞がる)カ(いかに越すか)からつけられた名だと北海道が河畔に建てた看板が言う。温泉があるので、川が凍るのも遅かったが、凍って初めて川を渡ることができた。
 目の前に大江本家があり、隣にもホテルが並んでいるが、温根湯温泉の主な宿は現在ではこの2軒のようだ。足湯もある河畔や夢花橋と名付けられた橋の上から、北見富士を探してみたが見えない。
oehonke-2.jpg
 宿の裏の秋らしくなり始めていた林の中を一周りして大江本家に入り、まずは社長さんにご挨拶する。昔のささやかな繋がりを懐かしがってもらい、温泉に浸かって気持ちよくのんびりした。
oehonke-5.jpgoehonkeZ.jpg
 温泉浴場への通路に、大江本家の歴史が述べられている。この温泉宿のルーツを辿りながら、この地方の歴史も探ってみよう。
 この家の先祖は、山形の大江さんである。山形といえば、左沢(あてらざわ)の大江町があるし、寒河江には大江姓の人が多く集っている。そのルーツは大江広元にも繋がるのだが、それはさておき…。(この話は長くなるなるので、また折りを見てアーカイブスに入れておきたい。)
oehonke-9.jpg
 温根湯がアイヌの言葉では、「大きな湯の沸くところ」の意味だというので、古くからアイヌはそれを知っており、無加川沿いに狩猟期の宿泊場所を設けていたらしい。しかし、この留辺蕊の一帯は、壮大な原野であり、鬱蒼とした原始林に囲まれていて、滅多に人が入ることもなかった。
 1819(明治24)年には、網走と旭川を結ぶ中央道路が開通し、屯田兵1000名が野付牛(当時は北見のことはそう呼んでいた)と湧別に入植している。
 1897(明治30)年頃になると、この原始林の調査が入り、改めて良質な泉質、豊富な湯量の源泉が再発見される。ここで温泉宿を始めた、大江本家創始者の大江輿四蔵は、1899(明治32)年に温泉出願の免許を取得している。
 やはり温泉も豊富な山形の人であった輿四蔵は、屯田兵開拓に伴って北海道に渡ってこの地に縁ができ、温泉にはピンとくるものがあったのだろう。多額の費用を投じて温泉開発に乗り出す。
 けれども、当時はまだ交通の便も悪い山間僻地の域を出ないこの地では、相当に苦労があったようだ。明治40年以降になると、拓殖道路(後に国道39号線になる)の留辺蘂=温根湯間が開通し、大正の始めになって鉄道の開通整備が進んだことによって、本格的な温泉宿経営が成り立つようになったと思われる。
 実は、野付牛までは、大江本家開業の当時には旭川からの鉄道があったはずなのだが、これは富良野・池田経由だったという。地図でそのルートを想像すると、現在の帯広の東にある池田からは、足寄を経ているはずだが、その先がわからない。へたすると留辺蕊は通らなかった可能性もある。
 大江本家の記録でも、1912(大正元)年に留辺蕊=野付牛の間の鉄道が開通し留辺蕊駅開業とあるので、このときの網走延伸と1916(大正5)年の下湧別=遠軽=留辺蘂=野付牛を結ぶ湧別軽便線の開通など、大正になってからの周辺の鉄道網整備が待たれたのであろう。
 それによって、留辺蕊と温根湯の間には客馬車が運行され、町も徐々に発達し、1920(大正9)年には旭川第七師団の転地療養所にも指定され、延べ45,000人もの傷病兵が療養したという。
 大正5年には温根湯にも電灯がつき、それから5年後の1921年には客馬車が自動車になる。その名も“大江自動車”なのだが、大江本家の社長さんによるとこれは同郷の遠縁にあたる大江さんが起こしたものだったという。
oehonke-7.jpg
 昭和に入って二代目、三代目が受け継いだ大江本家は、大雪山国立公園の指定(昭和9)、法人化して株式会社設立(昭和29)、国道39号線の開通(昭和32)などもあって、観光地・温泉地として売り出しに力を注ぐ。(絵が好きで自分でも画筆をとった三代目敬二の絵は自家オリジナル土産物やパンフレットにも使われているが、コレクションを集めたギャラリーもある。なかなかクロウト裸足の絵である。)
 平成11年に、温根湯温泉開湯100年を迎えた後は、先代夫人の後を継ぐ現社長が四代目だという。
oehonke-13.jpg
 留辺蕊は、「ルペシペ=ru-pes-pe=[道・それに沿って下る・もの(川)」に由来するそうだ。温根湯を流れる無加川は、東に向かって大江本家の前を流れるが、北見で常呂川と合流してサロマ湖と能取湖の間からオホーツク海に注ぐ。
 石北峠の南、標高1,541メートルの三国山(この山の西にあるのが一時期有名になった2,141mのトムラウシ山)の源流から無加川・常呂川が海に出るまでは、およそ105キロもある北見市は、択捉島留別村を除くと北海道の自治体として最大の面積がある。
 “多くの人にはめったに縁がないかも知れない”とタイトルは付けてみたが、大江本家は旅行会社の北海道ツアーでは「あの」がつくくらい有名なのだ。これまで縁がなかった人は、ぜひ温根湯温泉に行ってみてね!
oehonke-12.jpg
 大江本家の歴史を通じて、この地域のことを少しだけなぞってみたが、鉱山の ことなどまだまだ触れなかったことも多いが、ひとまずこのへんで…。

▼国土地理院 「地理院地図」
43.759577, 143.509059
onneyuM.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2014/09/29〜30訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:北海道 歴史
きた!みた!印(37)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域