So-net無料ブログ作成

1500 大崎=むつ市脇野沢(青森県)「断層海岸」と言われるマサカリの刃はこうして研がれていったのか [岬めぐり]

osakishimokita-2.jpg
 大崎という名のつく岬は、黒崎についで二番目に多い。どれもその付近では最も存在感を発揮しているような岬に、この名はつけられることが多いようだが、ここの大崎もそうで、まぎれもない大崎である。
osakishimokita-1.jpg
 見た目はそんなに大きく飛び出しているという感じでもないのだが、やはり地図で検証してみると、大崎と呼ぶにふさわしい。
osakishimokita-3.jpg
 国道からは2.6キロ離れているだけだが、佐井村とむつ市の境界線がある武士泊から穴間の凹みまで、大崎を頂点とする5.6キロもの長い折れ線(細長い三角形の二辺)が引ける。それがほぼ丸々大崎の出っ張りだとも言える。
osakishimokita-10.jpg
osakishimokita-11.jpg
 したがって、福浦崎から南の海岸線ではどこからでも、いとばん遠くの端に見えていたのがこの大崎なのだ。
osakiM-2.jpg
 ほんのりと丸く膨らんだ大崎から、対岸の平舘灯台までは10.5キロで、ここが下北半島と津軽半島の間の平舘海峡がいちばん狭くなっているところ。
 大崎の上の山は300メートルと、そんなに高い山ではない。しかし、その山頂の下標高200メートルの地点から大崎の先端までは垂直の幅で180メートルしかない。180メートルの幅の距離で200メートルもの落差がある。つまり等高線が、ぐっと狭く詰まっているわけで、それは急傾斜であることを示している。そして、おそらくはその断崖は海の中まで続いていることだろう。
osakishimokita-4.jpg
 これが、下北ジオパークその他青森県関係のサイトでも繰り返し強調している「急峻な断崖」そのものなのだ。
 似たような状況の断崖は、新山崎でも焼山崎でも同様にあったが、落差の激しさ(急傾斜度)では、大崎がいちばん。
osakishimokita-5.jpg
 この断崖が、下北ジオパークが「断層海岸といわれる」という断層でできた海岸とすると、その断層はいつ頃に起きたものだろうか。まず想像できるのは、グリーンタフ変動の時期(約2,300万年前から約500万年前までくらいの中新世)だが、それと同時期と考えていいのだろうか。いやいや、それは岩石が形成された時期なので、その頃から日本列島の形ができていたとは考えられない。したがって、現在の地形に近い形をつくり始めたのは、もっとずっと新しい時代の地殻変動による断層なのだろう。
osakishimokita-6.jpg
 海蝕崖というのは、崖または山ができたその後で、長い時間の間にそれが海に削られて崩れてできた急傾斜の崖ということになるはずなので、この両者の間にはかなり大きな時間的なズレが生じることになる。
 つまり、「断層海岸」と「海食崖」は、その断層と海食のそれぞれ作用した時期が大きくずれているはずで、強いて言えばまったく別の時期の別の状況を示していると思われるが…そういう解釈でいいのだろうか。
 そうだとすると、新山崎から南に向かって連なる焼山崎そして大崎の3つの岬の崖は、断層でできた海岸が、さらに海食によって削り取られて急峻な崖をうんだ、そういうことになる。
osakishimokita-7.jpg
 地図で大崎の表記がある東には300メートルのピークがあるが、ここを東西の断面でみると「ヘ」の字型になっている。西側は急な崖だが、海岸に近いピークから東へは、谷がゆるやかな傾斜をつくる面木沢から、脇野沢川の上流に合流し南に下っている。
osakishimokita-8.jpg
 大崎の崖は、深い大きな山の端にあるのではなく、海岸だけで盛り上がって急に落ち込んだようになっているわけだ。このことからみても、この崖が大きな地盤の変動によって生じた断層で生じた、マサカリの刃は断層によって研ぎすまされたという想像はできる。
 さらにシロウトの想像を膨らませれば、屏風を立てたような崖と山は、南の八甲田山や岩手山とつながる奥羽脊梁山脈の一部だったのだろう。
osakishimokita-9.jpg
 大崎の北にある焼山崎(前項)については、アイヌ語源関連もあった。いつもの「落合道人」ブログのコメント欄では、次のような指摘もいただいた。
北海道にも多い地名ですが、アイヌ語でya・ke(ヤケ)は削られた岸辺=断崖絶壁の意味になりますね。by ChinchikoPapa (2017-11-05 12:08)
 なるほどそうでした。そうすると、アイヌの命名者も、特異な岩肌の色については完全スルーしていることになるので、ナゾはいっそう深まる。

▼国土地理院 「地理院地図」
41度11分40.36秒 140度45分53.27秒
osakiM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/05 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(32)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1499 焼山崎=下北郡佐井村大字長後(青森県)ここの岬はなぜ「焼け」たのか誰も教えてくれないのも不思議ですが… [岬めぐり]

yakeyamazaki-3.jpg
 下北半島のサルとその生息地が、なぜ「∴ 」つきで特筆されるのかといえば、それは世界的にみてもヒトを除く霊長類ではここのニホンザルが最も北に生息しており、その場所としてはこの下北が世界でいちばん北に位置しているからだ。
 彼らは山の中に孤立しているわけではなく、生息地の南部、脇野沢に近いところではしばしば人間の世界に降りてきて農作物を荒らすなどの食害も起こっていて、保護と対策が問題になったりしている。
 山の中では、自然林の伐採などによって広葉樹林帯が縮小され、食料確保がむずかしくなるという事情もあったのだろう。そのため、下北のサルは道路もなく人もいない海岸に降りてきて、海藻貝類など海性の食料をじっくり調達するという芸当も身につけた。ポーラスターから海岸を眺めていても、サルらしい姿は発見できなかったが、これも世界的にめずらしく、ここだけでみられる現象だという。
yakeyamazaki-2.jpg
 地理院地図では、焼山崎のすぐそばに記された「∴ 下北半島のサル…」表記から大荒川を越えて少し東にずれた山のところにも、もうひとつ別の「∴ 」がある。それは「縫道石の特殊植物群落」というもの。世の中には、普通には知らない知らずにすんでいることがいっぱいあるものだ。これはいったいなんだろう。
yakeyamazaki-11.jpg
 縫道石山(ぬいどういしやま)というのは、仏ヶ浦の東3.6キロのところにある標高526メートルの岩峰ドームの山で、その岩に生えているオオウラヒダイワタケの群生が天然記念物に指定されており、それの群生が縫道石山から離れた焼山崎の東(縫道石)にもあるらしい。なんでも、その地衣類は氷河期をも生き残ったものなのだという。そしてまた、世界では北米東部のアパラチア山脈と日本にしかないのだという。そうきけば、それもまたありがたく思えてくる。
yakeyamazaki-4.jpg
 ポーラスターの船内放送で観光ガイドが流れるのはたまにしかないようだが、それによると焼山崎はこの海岸で屈指の見どころだという。確かに、赤茶けた岩肌が広く大きく露出しているのは、なかなかない景観であろう。
yakeyamazaki-6.jpg
 焼山という火山性の山の名もあちこちにあるが、ここは日本列島形成時のことはさておけば、その後の火山噴火によるものではないようなので、「焼山」ではなく、「焼けた」山崎なのだろう。また、焼山崎という名の岬もいくつかある(下北半島の太平洋側にもひとつある)が、それらの多くは、なぜ「焼」なのかよくわからないところも多い。
yakeyamazaki-8.jpg
 ここは一目見ただけで「焼」のつく意味がよくわかるが、不思議なことにどうしてこの海岸の岩肌が、こんな色になっているのか知りたいと思って調べようとしても、なかなかまともに答えてくれる情報が見当たらない。
 下北ジオパークのサイトを見ても、「下北の南西部海岸は断層海岸とも呼ばれ、落差100mを越える断崖が連続しており、新山崎、焼山崎等では落差300~500mの急峻な断崖」と断崖は強調されているが、なぜこのような岩肌なのかの説明はない。その下北ジオパーク推進協議会の焼山崎ジオサイトの説明は、こう言う。

 断層海岸といわれる西海岸は、落差100mを越える断崖が連続しており、新山崎、焼山崎等では落差300~500mの急峻な断崖となっています。断崖を形成している岩体の下部は前期~中期中新統金八沢層の玄武岩、上部は中期中新統檜川層の流紋岩質凝灰岩より構成されます。赤褐色に変色した岩肌が特徴的で津軽海峡を横断するフェリーからも確認できます。


yakeyamazaki-5.jpg
 これまた岩肌には触れながらも、その理由や原因は無視している。ジオパークやジオサイトの説明が、「かっかそうよう(隔靴掻痒)」であるということについては、前にも佐渡ヶ島かどこかで書いた記憶があるが、せっかくみんなに広く興味を持ってもらいたいというその趣旨には充分に届いていなくて、まだまだ工夫も努力も足りない。
yakeyamazaki-9.jpg
 もうひとつそこで気になったのが、「断層海岸」という用語で、あまり聞き慣れないないなあと調べてみようとすると、確かにそういう用語はあるらしくネット辞書の用語解説はぞろぞろ出てくる。要するに断層でできた海岸という文字通りなのだが、しかし、それについて記述した情報は、ほとんどといっていいほどない。この用語を使っているのは、下北ジオパークくらいしか出てこないのだ。それもまた不思議というかおもしろいなあと…。
yakeyamazaki-10.jpg
 では、国土地理院はどう言っているのだろう。
 「日本の典型的地形に関する調査」の結果をまとめた、地形を成因別に 194 の地形項目に分け、それぞれの代表的な地形項目を示している国土地理院のサイトがある。それによると、「海の作用による地形」のうち「海食崖(波食崖ともいう。海に面した山地や台地の前面で主に波食作用によってできた崖)」に該当する青森県の地形として、仏ヶ浦と焼山崎をあげているが、断層海岸という用語はどこにもない。
 焼山崎の岩肌が赤茶けているのは、どうやら、玄武岩に含まれている鉄分が風化によって変化したから、ということらしいのだが…。それで合っていますかね。
yakeyamazaki-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
41度15分11.99秒 140度46分49.47秒
yakeyamazakiM-12.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/05 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(34)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1498 新山崎=下北郡佐井村大字長後(青森県)国道338号線は海岸から遠く離れていくので… [岬めぐり]

niiyamazaki-1.jpg
 仏ヶ浦観光の遊覧船の拠点である牛滝港を出た船から南の海岸を見ると、3つの比較的大きな岬が並んでいるのがわかる。手前から(北から)、新山崎・焼山崎・大崎の順になる。
niiyamazaki-3.jpg
 牛滝からいちばん遠くに見えている大崎までは、約11.5キロある。いちばん手前の新山崎までは2.3キロ、そこから次の大崎までは2.5キロと、ほぼ等間隔に並んでいる。
niiyamazaki-9.jpg
 新山崎の名は、「新」しい「山崎」という意味ではなく、「新山」という山から伸びてきた尾根の「崎」を示している。482メートルだからそんなに高山というわけではないが、小荒川という谷筋で区切られて新山から北に延びる尾根が海に落ちるところの西の張り出しに、その名がついている。
niiyamazaki-10.jpg
 先端部は何本かの突き出た岩が、複雑なでこぼこをつくっている。このように、この付近の海岸は岩が連なる崖で覆われ、水流のある谷筋で切れ目ができる以外は、ずっと同じような海岸線が続いている。
niiyamazaki-5.jpg
 道はない。徒歩で歩けるような山道すらどこにもない。崖の下はすぐに海となっている。道を探し求めるなら、新山崎から東に4キロ以上も山の中に登って入って行かなければならない。そこには下北半島の東沿岸を走る国道338号線が通っているのだが、佐井村とむつ市の境界線も走るその付近は、標高250メートルもある。
niiyamazaki-6.jpg
 大間町からつながってきた338号線は、大間の原発建設工事中のところで内陸に迂回する以外は、佐井村の磯谷集落まで18キロほどは、ほぼ海岸線に近いところを通っている。山に上った仏ヶ浦付近でも、道路脇の展望台から海岸が見降ろせるくらい近かった国道は、牛滝ではいったん牛滝川と並行して走るほど下まで降りてきて、そこからまた南東に向かって山の中に入っている。
niiyamazaki-7.jpg
 牛滝以南には人家も集落もなく、高くはないが深い山が続くこの新山崎・焼山崎・大崎という3つの岬の山側は、なべてこのように道も海岸から遠く離れた山の中で、人の世界からは遠くなっている。
niiyamazaki-8.jpg
 少し前の地理院地図では、下北半島のこの一帯が野生のサル生息の北限という表示が大きく目立っていたが、最近の地図では拡大してやっと小さくその文字が出てくる。曰く「∴ 下北半島のサルおよびサル生息北限地」。その意味は、天然記念物に指定(1970(昭和45)年)されたということであろう。
 専門家のおっしゃることに間違いはないのだろうが、よく考えてみるとこの表現はいささか要領を得ない。つまり「および」という並列表現がついているので、この「∴ 」はふたつのことを指しているらしい。ひとつは「下北半島のサル」であり、いまひとつは「サル生息北限地」ということになる。わざわざ別々にする意味が、よくわからないのだが…。ま、なにか理由があるのだろう。
niiyamazaki-2.jpg
 その表記は、新山の南、焼山崎のところと、佐井村の南端付近に当たる湯ノ沢山のところと、むつ市に入って東北自然歩道の通る穴間山のあたりの3か所につけられている。これによると、「北限地」とは新山付近くらいとなりそうだが、佐井村よりさらに北の大間町の山でもサルは確認されているという情報もあるらしいので、あまり厳密に考える必要はないのだろう。
 いよいよこの新山崎から南にかけては、人間の世界ではなく名実ともにおサルさんの世界になっていくのか。
niiyamazaki-4.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
41度19分19.93秒 140度47分59.10秒
niiyamazakiM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/05 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:青森県
きた!みた!印(30)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

番外:仏ヶ浦=下北郡佐井村大字長後(青森県)呆れ果て驚き果てて仏ウタ念仏申すほかなかりけり… [番外]

hotokegaura-14.jpg
 仏ヶ浦へ行く方法は、車で行くのと船で行くのとふたつがある。
 車なら北の佐井からでも南の脇野沢からでも、まず国道338号線で山に登って150メートルくらいの高いルートを仏ヶ浦の上から駐車場へ降りる。そこに車を停めて、あとは110メートルの山坂を延々と下って、仏ヶ浦の磯に降りることができる。帰りはまた、そこを上ってくることになる。山道の急斜面の登り降りくらいなんでもないよ、という人と、罰当たりな展望台から仏ヶ浦を見下ろしたいという人限定のコースになる。
 船で行くらくちんコースを選びたい場合は、これも北からでも南からでも、とりあえずは牛滝港まで行き、そこで小型の遊覧船に乗り換えることになる(ほかに佐井や脇野沢から出る遊覧船もあるのかもしれない)。遊覧船には二種類あってひとつはグラスボートを標榜しているが、これは期待しないほうがよい。その遊覧船で仏ヶ浦の船着場に上陸し、周辺を散策することができる。現地には、地蔵堂と管理事務所とトイレくらいしかない。
hotokegaura-12.jpg
 二種類の遊覧船は、それぞれ時間やポーラスターとの接続方法などが異なるようなので、事前によく調べて予め予約などの確認が必要だろう。
 でんでんむしは前にその遊覧船で行っているので、今回は仏ヶ浦の沖を通るポーラスターから眺めるのみ。実は、遊覧船で行って帰りは脇野沢で大湊方面に行くバスに接続できないかも検討してみたのだが、数少ないバスが出てしまった2分後に脇野沢に帰ってくるようになっていた。2分くらいどうにかして、バスに接続できないのかとむつ市に問い合わせてみたが、それはまったく考えていなかったらしい。つまり、遊覧船は、ポーラスター接続しか考えていない。
hotokegaura-2.jpg hotokegaura-3.jpg
hotokegaura-4.jpg hotokegaura-5.jpg
 往路のポーラスターが牛滝港に入ると、小さな港なのにやたら長い堤防(これは地理院地図にはまだ表示されていない)と、何の工事だかよくわからないがこれまた長い構築物を港につくっていた。そこで同乗者はみんな降りて遊覧船に乗り換えて行ったので、船室はそして誰もいなくなった状態。
hotokegaura-6.jpghotokegaura-19.jpg
 船が牛滝港を出て北の仏ヶ浦へ向かうとき、大細間沢という谷を通過する。遊覧船より大きいポーラスターは、仏ヶ浦を通るときは、極力海岸近くを徐行する。船からの写真ではどうしても平板になるのと、大きさのイメージがつかない。前項でもふれた前の031 福浦崎の項も合わせて見ていただきたいが、地蔵堂の建物と岩の間に浮かんでいる遊覧船を見ると、その岩の大きさがわかる。人間は豆粒のようにしか見えない。
hotokegaura-13.jpg
 地蔵堂の前から、背後の山の上の国道につながる駐車場と登り降りする道がある。岩にはそれぞれ仏などの名前が付けられているが、それはまあどうでもいいというか…。どうでもいいが、当初ここを見た人が仏の世界と連想を広げ、昔はここが「佛宇陀」と呼ばれたのは、なるほどと思わせる。「宇陀(うた・うだ)はアイヌ語で「浜」という意味なのだが、それに佛をくっつけ、その読みが転訛して仏ヶ浦になったものだろうか。
hotokegaura-8.jpg
 ポーラスターの船内放送でも、ガイドのアナウンスが流れる。往復同じものを聞かされたが、そこでもやたら引用されていたのが、大町桂月だった。地理院地図で地蔵堂の下の岩磯に石碑の記号があるが、これも大町桂月の歌碑なのだ。
hotokegaura-7.jpg
 ここだけでなく、とくに東北ではどこへ行っても大町桂月の名がでてくることは多い。誰も行かないようなところへでも、積極的に出かけているからだろう。そうした各地の歌碑などの紹介には「文豪」としているものが多く、ここでも遊覧船のページでは「文豪」となっていた。
hotokegaura-11.jpg hotokegaura-10.jpg
 へそまがりでんでんむしは、前からこれに苦言を呈していてどこかで書いてきた。代表作の名前ひとつ誰も知らない「文豪」はあり得んだろう。美文調の紀行文は当時広く読まれたらしいが、確かに仏ヶ浦に関して言えば、この地を世間に広く紹介したのは彼の功績といえるのだろう。桂月がここを訪れたのは、1922(大正11)年のことで、亡くなる3年前だった。
hotokegaura-12.jpg
 仏ヶ浦の景観をつくっている緑色凝灰岩(グリーンタフ)は、海底に堆積した後に隆起し、それが長い間の風雨波浪の影響によって侵食され、現在見るようなさまざまな形をした巨岩が残った、と考えられている。
 前項で緑色凝灰岩の形成背景については触れていたが、このグリーンタフの仲間のひとつである石は、われわれのごく身近にあって(とくに関東では)、誰もが見たり触ったりしているはずだ。それは大谷石という名で、石垣などに広く使われているからだ。復路のポーラスターは、一路南へ向かい脇野沢港を目指していく。
hotokegaura-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
41度18分39.31秒 140度48分14.71秒
hotokegauraM1-16.jpghotokegauraM2-18.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/05 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(28)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1497 福浦崎2=下北郡佐井村大字長後(青森県)白い崖を眺めて思う2000万年前からできはじめた列島のことなど [岬めぐり]

fukuurazaki-1.jpg
 福浦崎については、2006年に仏ヶ浦を訪れたときに、そこから見た岬を項目にしていたが、実はその内容はほとんど仏ヶ浦の写真ばかりで、とりあえずあげておいたという感じでお茶を濁していた。

 031 福浦崎=下北郡佐井村大字長後(青森県)仏ケ浦は有名でもその北に大きくある岬を意識する人はいない

 そこで、今回は「福浦崎2」となる。…といって、格別たくさん書くことがあるわけもないが、前回はひとつだけしかなかった福浦崎の写真を、福浦港からぐるりと回りこんでみた眺めも補足しておきたい。
fukuurazaki-6.jpg
 福浦の港からは、左手に長い岸壁の先にあるのが福浦崎で、北側の下ノ崎よりも港からは遠く離れている。45度に角度のついた岬の上は、八柄間山という313メートルのピークがあり、写真では丸くその頂きが岬のスロープと共に映り込む。
 このピークの70メートルくらい下のところを、国道338号線が巻いている。その南側は、恐れ多くも仏の磯をその遥か上から見下ろすことができるという、まことにバチあたりな展望台になっているようだ。
fukuurazaki-3.jpg
 福浦崎の先端は、港から延びる岩の崖が丸くなっているが、その岩が変化に富んでいて、複雑な岩の節理がいろいろな造形を見せている。岩棚の上では鬼の洗濯板状態になる節理が、崖の縁では細かいギザギザの鋸の刃のようになっている。
fukuurazaki-9.jpg
fukuurazaki-10.jpg
 港から見る福浦崎の遠くに見えているのは津軽半島で、ちょうど今別から北へ新幹線のトンネルが海峡に向かって下り、あるいは海峡から上がってくる傾斜になって通るところにあたる。
fukuurazaki-5.jpg
 船で岬の北側と南側を見比べてみると、光線の加減もあるかもしれないが、南側の崖は白さが一段と際立って見える。あるいは南と北では岬をつくっている岩石の種類が異なるのかもしれない。
fukuurazaki-4.jpg
 福浦崎南面の崖は、はっきりと白い。どうかすると薄い緑がかかっているようにも見える。
fukuurazaki-2.jpg
 これはこの南に続く、仏ヶ浦の構成岩石と同じ、緑色凝灰岩(グリーンタフ)なのであろう。
 緑色凝灰岩というのは、実はその生成過程がわれわれの日本列島の成立と深く関わっている岩石のひとつで、現在の日本で北海道東部から東北日本海側にかけて、広く縦長い帯状に分布している。
 日本列島が今のような形に落ち着くまでには、地殻大変動を伴う長い長い時間が必要だったが、ざっくり言えばおよそ2000万~1500万年前に、ユーラシア大陸の東の端っこにあった地塊が、活発な火山活動と陥没によって離れ、間に縁海(日本海)をつくり、それがさらに大陸と列島を引き離していく。このとき、列島は真ん中付近からふたつに折れ曲がるような動きをしている。グリーンタフの分布は、まさしく日本海の拡大で押し出された列島の、ふたつに折れた北側の縁の部分を描いているようでもある。
 この日本海ができる過程で、海底火山の活発な活動が続き、大量の火山灰が海底に堆積し、マグマの熱や地中の圧力によって緑色凝灰岩という火山岩の巨大な帯となっていく、というわけだ。
fukuurazaki-8.jpg
 今見ている福浦崎の白い崖も、そんなことを思いながら眺めると、また一段と味わい深い、と思うのですがいかがでしょうかね。

▼国土地理院 「地理院地図」
41度19分19.93秒 140度47分59.10秒
fukuurazakiM-1.jpg
dendenmushi.gif東北地方(2017/09/05 訪問)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(31)  コメント(0) 
共通テーマ:地域