So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

1537 大崎・岩津ノ鼻=姫路市家島町宮:男鹿島(兵庫県)なくなった山の上と見えない岬にも… [岬めぐり]

osaki01.jpg
 男鹿島の最南端にあたるのがこの大崎。ヒシノ鼻からは南東2.4キロのところに位置するこの岬は、40メートルくらいの段丘状になっていて、その南西側は崖が続いている。崖の上はやはり採石場になっているようだが、ここを周回することはできないらしい。
 ヒシノ鼻から続いている広い採石場は、段丘の崖にまで達している。
osaki02 (1).jpg
 大崎の東側は丸い小湾になっていて、その海岸には2〜3の突起のように小さな桟橋が、地図には描かれている。建物も固まっていて、そこには田ノ浜という名がつけられている。
 島の南端に近いそこらあたりが、元は男鹿島では、いちばん人口が多く集まる地域だったようで、かつてはそこに小学校もあったという。では、姫路港からはいちばん遠い田ノ浜が、島の中心集落だったのはどうしてだろうか。それは情報もなく、想像しようとしてみても見当がつかないが、おそらくは水の便か港の地形的条件なのだろう。
osaki04 (1).jpg
 田ノ浜の東の山には灯台もあって、その尾根の南端には岩津ノ鼻という岬名表記もある。神社もあるように記号表記があるが、それはおそらく以前には山の上にあったもので、採石が進むにつれて居場所がなくなり、下に降ろされてきたという神社そのものではないかという推測もできる。osaki05 (1).jpg
 地理院地図には神社の名前がわからないので、Mapionを見ると「大山神社」と表記してある。やっぱりそうだった。島ではほかに神社はないので、これこそがかつて島のてっぺん近くにあって、周辺に大山神社遺跡を構成していたというその名のもとになっていた神社に違いない。
 大山神社遺跡は、1959(昭和34)年に行なわれた家島群島総合学術調査によって明らかにされたもので、弥生時代の高地性集落の遺跡だという。縄文や弥生の集落遺跡は、海浜や海に近い高台や山間などが普通で、山の上というのは確かにめずらしい。
osaki06 (1).jpg
 かつて大山の標高は200メートルを超えていたはずだが、現在ではそれを見ることはできない。というのは、その山自体が採石のために切り崩され、島全体では今の最高点が180メートルくらいになってしまっているからだ。それで、せめて神社だけは…と南の海岸近くまで移転させたわけなのだろう。
 その山の上には、竪穴建物跡14棟、掘立柱建物跡11棟の住居の跡が集まる遺跡と、そこから製塩土器、農耕具、狩猟具、漁労具なども出土した、という。周辺の島からも旧石器時代の石器なども発掘されており、かなり古く古代からこの瀬戸内の島々の一帯で暮らし、人々が自由に往来していたことを知って、今更のように驚きがある。
 また、高地性集落なのに製塩土器や漁労具があるというのも、不思議な感じがするが、島が海との関わりにおいてのみ成立することも、当然といえば当然だったろう。
 遺跡のそばにあったという烽火台に注目して見ると、わざわざ海から遠いその山の上に設けられた高地性集落の役割が、その展望のよさを活かした見張台にあったと言えそうだ。
 360度ぐるりと周囲の海を見渡すことができるという利点はと言えば、何もそこからの景色を眺め美しい風景を楽しむためにあったというものではない。周辺海域に近づいて来る舟や起こりそうな災厄の兆しをいち早く発見し、警戒態勢をとるためであったはずだ。
 そう考えると、この高地性集落の独特さと、古代人の厳しい生活環境の一面をも知ることができる。
 その高地も、そこにあった遺跡もすでになく、移設された山ノ神・大山神社も、灯台も、小学校もあったという集落の姿も、そして岩津ノ鼻も、すべては坊勢航路の船の上からでは、大崎の陰になっていて見ることはできない。しかも、船の航路は、採石場の白っぽい崖と大崎からは、だんだんと離れていき、遠ざかっている。
osaki07 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度39分4.79秒 134度34分32.53秒
osakiM.jpg
dendenmushi.gif近畿地方(2018/10/10 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:兵庫県
きた!みた!印(15)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1536 ヒシノ鼻=姫路市家島町宮:男鹿島(兵庫県)通りすがりながら採石場を眺めながらの想いも広がる [岬めぐり]

DSCN9737 (1).jpg
 男鹿島の地図を眺めて特徴的なことは、採石場の石切のために無数の崖があることと、いわゆる通常の道路にあたるものの表記がどこにもないことだろう。全島が私有地で、公道にあたるものがまったくない、というのがその理由ではないかと想像できる。
 島内にあるのは、二本の破線で描かれた道ばかりで、これは地理院地図の記号では「庭園路」を示している。いわば、庭の中にある道と同じというわけだ。公道ではないから、島内にある自動車にはすべてナンバープレートもついていないという情報もあった。ということは、免許なしでも走れるのかな。この辺は、車にも免許にも縁がないでんでんむしにはよくわからない。
DSCN9568 (1).jpg
 でんでんむしのように、雨の中を走ってきた船に乗ってちょっと桟橋に寄っただけですぐまた島を離れて行くような、文字通りのほんの通りすがりではなく、実際にこの島に上陸して歩き回っている人たちが残している記録も結構あった。釣り人もいるし採石場の写真を撮りに来る人、かつて山のてっぺんにあったという旧石器から縄文の遺跡を尋ねて来る人もいた。それらによると、採石場が休業しているときには島内を一周することも可能なようだ。
DSCN9738 (1).jpg
 島の住民は数十人ほどで、みんな採石に関わっている人たちばかりのようだが、島の所有者など、詳しい実情もよくわからない。しかし、この島で採石が始まったのは150年くらい前からで、最盛期には100軒もの業者があって、それぞれこの島から石の切出し、決められた大きさに砕石する加工、石材の運搬などの仕事を分担してやっていたという。
DSCN9741 (1).jpg
 国全体が近代化を目指して右往左往していた明治期には、阪神地区の近代的な港湾の建設と整備のために、大量の石材が必要とされたことだろう。また、近年でも関西国際空港や神戸空港などの、大規模な埋め立て建設現場への積み出しが行なわれてきたはずであろう。
DSCN9730 (1).jpg
 現在では、そうした大規模需要も一段落したのか、かつての盛業時のような活況はなさそうだが、重機など採石の道具の進化は、島の形そのものを大きく変えながら、その作業自体をも変えてきたに違いない。
 軽視できないのが運搬で、ガット船と呼ばれるクレーンなどを備えた無数の船が、賑やかに往来して石材を運んでいたのであろう。それは、船の停泊や修理保全の仕事も生み出し、家島の港の繁栄にも一役買っていたはずだ。
DSCN9728 (1).jpg
 男鹿島の最西端にあたるヒシノ鼻から南にかけての一帯は、大規模な採石場が広がっている。雨に烟るその露出した岩肌の風景を眺めながら、そんなことにも想いは広がっていく。
DSCN9718 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度40分6.75秒 134度33分43.30秒
hishinohanaM.jpg
dendenmushi.gif近畿地方(2018/10/10 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:兵庫県
きた!みた!印(25)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

1535 塩崎=姫路市家島町宮:男鹿島(兵庫県)家島十景のひとつ「淡賀楯崎」はここなのか [岬めぐり]

shiozaki01 (1).jpg
 岬名の拾い出しと表記は、国土地理院の地理院地図に拠っているのだが、Mapionも併せてみるとときどき発見がある。男鹿島のこの塩崎も、Mapionでは塩崎ではなく「淡賀楯崎」と表記されていた。どういう理由と経緯によるものか、ちょっと好奇心を刺激される。
 というのは、「淡賀楯崎(たんがたてざき)」とは、そもそも18世紀の播磨国の地誌に表れる家島十景のひとつの呼称だからだ。その十景からして、現在ではほとんどその面影を留めてはいないと思われるが、岬でこの十景に入っているのは、このほかに「観音崎月」というのがある。観音崎も地理院地図にはないのだが、その場所が「家島本島南端の観音崎」というのだ。ならば、それはどうやら地理院地図でいう堂崎のことらしいとわかる。
shiozaki02 (1).jpg
 「淡賀」というのは当然「男鹿」の音を当てたものであり、一説には「賀」には「崖」という意味があるそうで、「淡く白い崖がある島」が「淡賀」と称されていたという。「男鹿」と書いて「たんが」または「だんが」と呼ぶのと、どっちがどうなのだかはわからないが、こちらシカのほうは播磨国の飾磨(しかま)にいたオスとメスのうちのオスジカが海を渡ってこの島に辿り着いたところから、男鹿島という名になったという説が一般的らしい。
shiozaki03 (1).jpg
 なんだか、利尻島に渡ったクマのことを連想してしまったが、ありえないことではなかった。利尻島と北海道本島の間はおよそ20キロ、飾磨から男鹿島までは16キロである。利尻島のクマはメスを求めて渡ったとされるが、ここのシカはメスを本土に置いて海を渡ったことになる。しかとはわからぬが、いろいろ事情があったのだろう。
 それにしても、姫路市のサイトが「観光スポット:淡賀楯崎(あわがたてざき)」としているのはいただけない。どうしてこういう間違いが堂々と市のサイトに載ったままになっているのだろうか。(それとも姫路市の「あわが」のほうが正しい読みだとでも?)
shiozaki04 (1).jpg
 その昔、島の特徴として白く淡く輝いていたであろう崖は、今はもうなくなったことであろう。それは花崗岩の崖で、この島では全島に渡って採石場があり、島中いたるところで山を切り崩しているからだ。
shiozaki05 (1).jpg
 採石の後も生々しい風景の中に、岩が塔のように立っているのが目立っている。この塔がこのように見えるのも今だけで、前はもっと大きな山だったろうし、この後はやがて塔もなくなってしまうだろう。
 淡賀楯崎がなぜ塩崎になったのか、それともまた両者は微妙に別々の場所を指しているのか、それもよくわからない。だが、その場所も大きくその風景を変えてきたことであろう。
 姫路市がサイトで言う(あわがたてざき)淡賀楯崎を「観光スポット」としてあげている理由は、どうやらここに鹿公園なるものがあるためらしい。聞くからに侘しさと物悲しさが募るような感じしかしない「鹿公園」。船からではわからず見なくてすむのが、幸いというものであろう。
shiozaki11.jpg
 坊勢島へ行く船は、男鹿島へ寄港する便もある。船は宇和島という二つの小島を見ながら島へ寄る。宇和島の向こうに見える島は太島とクラ掛島という無人島。
shiozaki12.JPG
 船は塩崎を見ながら桟橋へ横付けされるが、乗る人も降りる人もいなかった。
shiozaki10.jpg
 坊勢から帰りの折り返し便は、男鹿へは寄らず、塩崎と宇和島を横目に通り過ぎて行ったが、この男鹿島の桟橋には港の名前もなく、島の名前で呼ばれる。小さな凹みに桟橋だけがあるだけで、建物はいくつかあるが人の気配がない。
shiozaki09.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度40分31.53秒 134度34分10.48秒
shiozakiM.jpg
dendenmushi.gif近畿地方(2018/10/10 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:兵庫県
きた!みた!印(31)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | -