So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

列島の輪郭をなぞって電車とバスと徒歩で知らない土地を通り過ぎていく…=記憶遺産Part2-10 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 なぜ「岬めぐり」などということを始めることになったのか、それについては、2009年に
 番外:なぜ「みさき」なのか?
という項目を立てて書いていた。このボタンを押してもらえばいいのだが、こう書いていてもおそらくリンクページに飛んで読んで、また戻ってくる人は10人に1人もいないだろう。
 そこで、これもまた重複感はあるが、要点だけをかいつまんでいうと、最初からはっきりとした動機やきっかけがあったというわけでもなくて、ただ漠然とした想いが積み重なって、だんだんと固まっていった結果、というしかないであろう。その漠然とした想いの中では、ふたつのことが大きな要因となっている。
toujinbo08-36be2.jpg
 そのひとつが岬とは名前がついていない福井県の東尋坊であり、もうひとつが和歌山県の潮岬であった。これらについても、それぞれ項目を設けて書いていた。
 053 潮岬=東牟婁郡串本町潮岬(和歌山県)いつかはきっとやってくる…
 726 東尋坊・雄島=坂井市三国町安島(福井県)「岬めぐり」の原点は“岬”はつかないココでした
 東尋坊も潮岬も、その場所との最初の接近遭遇は、まだでんでんむしが10代の終わり頃のことであった。北アルプスの山行きから広島へ帰る途中に芦原温泉に泊まり、翌日おまけで訪れた東尋坊の岩峰に荒波が打ち寄せる様は、瀬戸内海しか知らなかった身には、極めて感慨が大きかった。
 また、同じ頃、乗組員の一人だった叔父のつてで、特別に宇部セメントのタンカーに便乗させてもらう機会を得て、太平洋を行く船の上から遥かに小島のような潮岬を眺めていた。その時に考えたのは、自分の人生の中でこれから先、あの岬の上に立つようなことが、果たしてあるのだろうか、ということだった。
kurezaki01.jpg
 それがとにかく岬への興味の始まり・原点で、後にくっついてくるいろいろな理屈は、すべて後付けのものだと言える。
 日本地図を眺めていると、大きく目立つ出っ張りには、みなちゃんと名前がついている。街からは遠く離れた最果てのようにも見えるそこは、どんなところなのだろう。もっと細くみると、日本列島の海岸線にはもっともっとたくさんのでこぼこがあって、それぞれにまた名前がついているが、ついていない出っ張りの方がもっと多い。
 そうした岬の出っ張りの多くは、ほとんど誰も知らないし、誰も行かない。人が寄ってくる観光地のようになっているところもあるだろうが、そのほとんどは、人知れずそれでも常に風雪に耐え波浪にあがらいながら、そこで出っ張っている。どうしてそこだけ出っ張って、そんなに頑張っているのだろう。
 「ここに地終わり、海始まる」というロカ岬は、ヨーロッパの人にとってみれば確かに大陸の果てであり、自分たちの領分がここで終わってしまう感が強いのだろう。だが、周囲を海に囲まれた小さな島国である日本では、それともちょっと違うような気もする。
 岬の多くは、固い岩石が壁となり大きな塊となって、絶え間ない波浪の侵食に耐えているからで、その周辺に伴っている岩礁地帯や広く大きく湾曲した砂浜や断崖絶壁や段丘などとともに、日本列島の輪郭を形づくっている。
 そう思ってみると、岬をめぐるということは、この国の国土の形をなぞって歩くということで、知らない土地を初めて通り過ぎて行くという旅人感とともに、なかなかの味わいがある。
5750794.gif
 なぜ岬めぐりなんですか?という質問については、個人的な想い入れの強い東尋坊や潮岬を持ち出して答えようとするよりも、単純に「列島の輪郭をなぞって電車とバスと徒歩で知らない土地を通り過ぎていくのがとてもおもしろくて楽しいんですよ」、というほうが、納得性が得られるかも知れない。
 いつもご自身のブログに「読んだ!」ボタンの返信コメントを書いてくださるChinchikoPapaさんからは、今回もまた、「既存の交通機関のみを活用して、日本全国の「岬」をめぐる旅というのは前人未踏のオリジナルテーマで、誰にもマネのできない偉業だと思います。ぜひ、これからも日本中の「崎」「碕」「岬」「鼻」を、ときに埋め立てや開発、自然災害などで失われてしまったそれらも含めて、探査ご紹介ください。」との励ましをいただいた。ありがたいことだ。
 偉業かどうかは甚だ疑問だろうが、前人未踏のオリジナルテーマでありそうなことは、どうやらそう言えるかも知れない。ただ、全踏破ではない、行けないところもある、遠くから眺めるだけの遠望でもOKなどと、不徹底なところも多いので、マニアック度も減点されそうだ。
 しかし、岬めぐりだからと言って必ずその岬の上に立たなければならないということはない。むしろ遠望でないと岬の姿形もわからない、ということも多い。
sagareishizaki-8.jpg
 岬なんてただの出っ張りに過ぎず、それを写真に撮って見たところで、どれもこれも似たようなもので、大した違いはない。それでも大きな岬の場合には、灯台があるとか、周辺が公園になっているとか、観光施設があるとかの違いもあるが、中小の岬になると実際、ぱっと見に見える形には大差がないように見える。
 だが、周辺の地形やその地の人との関わり方や、地域の歴史にも絡んでいたりして、よく見ていくとさまざまなことに思いは飛んでいき、書くことにはそれぞれ困らない。
 人との関わりが薄いところでも、その岩や石や地質に注目してみると、いろいろなことを雄弁に語っていたりする。ただ、残念ながらこちらの知識が充分でないため、理解が不足していて、どうしても中途半端ななまかじりになってしまう傾向がある。それでも、素人ながらにそういうことにも触れてみるのはおもしろい。
 そのようにして、有名な岬や観光地でもない、一見なんの変哲もない出っ張りにも名前がついているというその一事に着目して、その岬に注目してみよう、というのが岬めぐりの精神なのだ。
 とはいっても、ほとんどの岬が有名でもなく、都合よくエピソードや物語や伝説を秘めているわけでもないので、まるっきり書くネタがないというごくフツーの岬も多いのが実情だ。
 当岬めぐりでは、それでも強引に無理矢理一項目は設けてしまうのが方針なので、それを何を書いてどのようにして切り抜けるか、それに四苦八苦するのもまた一興かも。

dendenmushi.gif(2018/08/25 記)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:blog
きた!みた!印(24)  コメント(0) 

日本中の岬の数は3,858もあるがこれまで行ったのは約1,500くらいしかないので…=記憶遺産Part2-09 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 日本中に岬(崎・鼻などを含む。以下同じ)の数は、いったいいくつあるのか? そんな統計は知る限りどこにもなかった。それならば、自称「岬評論家」を名乗るでんでんむしとしては、自分で調べてみるしかないだろう。
 そう考えて、国土地理院の地理院地図で海岸線を舐めるようにして岬を拾い上げ、数え出してみたのは2008(平成20)年のお正月のことだった。その結果は、番外:日本全国津々浦々岬の数はいったいいくつある? 数えてみた(岬・崎・鼻データベース=その1)として、ブログに書き出していたのだが、一部に間違いもあったうえに、地理院地図の表記自体も変わっていることに気がついた。
 そこで、その10年後の2018(平成30)年3月には、改めて全面的に数え直し作業をゼロからやり直した。そうして数え直してみた結果は、データベース改訂新版として、
に掲載している。
 それによると、日本中の岬の数はでんでんむし調べでは、3,858となった。それを地域エリア別、沿岸・島嶼・内陸の所在別、岬・崎・鼻の呼び名別に一覧表にまとめている。その表とマップを、ここに再掲しておこう。
misakiDB-1.jpg
 改めて数え直しながら地図を全部しらみつぶしにみると、この岬全部を回るのは、やはりむずかしいことを痛感する。どうみても行けそうにない、そばにも近寄れそうにない、遠くから見ることもできそうにないような岬が、相当数ありそうだということがわかるからだ。
 もともと「全踏破」などという大それたことは謳ってはいないものの、点から線にコース設定を変えてから、道中にある岬はことごとく拾い出してみようとしてきた。だが、それでも結局見えなかったね、という岬もいくつかある。それは仕方がない。そう割り切ることにした。
 長いお休みに入る前、直近の岬の通算番号は、「1523」の横須賀市破崎であった。同じ岬で二項目以上を数えるものもあるので、これが即1523の岬に行ったということにはならないが、だいたいはそんなもの。つまり、3,858中の1,500で、まだ全岬の半分にも遠く及ばないことになる。
 これまで行って見て、項目にあげた岬は、東日本が多い。北海道は利尻礼文とその他の一部を残しているものの、ほぼ終わりに近い。東北地方は、三陸に一部どう見てもむりかなというところがあるほか、猪苗代湖などの内陸の一部を残しながら、太平洋側・日本海側とも全部いくつものコースに分けて網羅してきた。関東は、小笠原諸島を残してはいるがだいたい終わっている。北信越は、日本海の離島を含め、だいたい終わっているはずだし、東海も、熊野灘沿岸の道もないリアス海岸の岬を残す以外はほぼ終了。近畿は、但馬と播磨・淡路の一部が残っているだけ。
misakiDBmap-1.jpg
 …と、概ねこんな具合で、近畿以東の東日本は、大筋ではほぼ終わっていると言っても差し支えあるまい。
 となると、残るは西日本。今後の岬めぐりのコース設定は、中国・四国・九州が対象となる。西日本もあちこち飛び飛びに行っていて、いくらかは線でも繋がっているところがないわけではない。中国四国地方では、岡山・広島・山口、香川・高知などでは行っているところもあるけど、まだ残っている線もある。九州地方では、福岡・宮崎・鹿児島・熊本・長崎とその一部はつついているが、対馬から与論島まで、たくさんある島嶼部も含めてまだこれからだ。沖縄も本島と先島諸島は済んでいるが本島周辺の離島がまだである。
 ざっと眺めてもこんな具合で、あと半分以上を残す西日本の岬めぐりは前途多難と言えそうだ。
 諸事情が許せば、次の岬めぐりの再開は、案として3コースが考えられると、大まかなプランはできている。A案は徳島から阿南、牟岐と南下し、県境を越えて高知県に入り、室戸から奈半利へというルートで岬をめぐる。ここは蒲生田岬や室戸岬は行っているが、そのほかは抜けていた。B案は、まだ残っている淡路島の西海岸から橋を戻って姫路へ行き、たつの市の岬をめぐった後姫路に戻って、家島諸島に船で渡って戻ってくるというルート。そしてC案は、小豆島と直島の岬をめぐり、橋を渡って丸亀市の手島・広島・本島の島めぐりを済ませてまた橋を戻るというルート。いずれも、いずれは行かなければならないところなので、要は順番だけのことではあるが…。
 A案は、徳島までと高知からと往復飛行機になりそうだ。飛行機になると、予約やらなんやらが面倒なうえに早割で取らないと高くつく。相当前から決めておかなければならないうえ、変更ができないので、計画としては敷居が高い。
 その点、B案・C案は、往復新幹線だから、週間天気予報を見ながら数日前に思いたって出かけるということも可能。ここから、いよいよ瀬戸内海の島めぐりに入ることになる。順番からいうと、小豆島の前にここはまずB案からかな…という感じでもあるのだが、そういうほど気軽でも簡単でもなく、相当いろいろ問題含みなのだ。
 B案の問題点のひとつは、まず淡路島の西海岸に残っている5つのちょこんとした出っ張りで、なかなか計画がむずかしくて、これまでの淡路島の岬めぐりからはいつも積み残しになっていたものだ。何が問題かというと、まず西海岸を縦貫するバス路線がない。洲本から出て西海岸の一部を回ってまた洲本へ戻る路線はあっても、毎朝一便のみとかどういうわけか非常に不便にできていて、あれこれ首をひねりバス会社のサイトの時刻表をひっくり返して見ても、どうにもうまくいかない。
 改めて思う淡路島の大きさと、不可解なほど不便なバス路線とその時刻表だが、島に2泊でもする覚悟と時間を費やす覚悟ならそれでも可能なのだろうが、そういうわけにもいかない。5キロ10キロと歩くことを前提にすればできても、もうなるべく歩く距離は少なくしないと体力が持たない。
 できることなら、ここはもう三宮からバスで西海岸の五色町まで行ってまた戻ってくるというくらいでできるだけ簡単に済ませたい。そうなると、南側のふたつの岬はもう遠望でOKということにするしかない。そういう割切りをすれば、この計画もなんとかなりそうだ。
 また、家島諸島にしても、船に乗って通る航路から見えればよいが、どうしても航路からは影になって見えないところが出てくる。これもどうしようもない。たつの市の室津湾付近の岬に行くには、山電網干からのバスだが、これがなぜか休日しか運行しないという。これでスケジュールの全体を合わせるのも一苦労だ。
 こういう問題は、A案・C案にもそれぞれ似たようなのが含まれているので、どうやら、今後の西日本の岬めぐりとその計画では、無理をせずそういう割切りを徹底するという、ある種の方針の修正が必要なのではないだろうか。その代わり、見えなかった、行けなかったという岬名も、その原因理由とともに明記するようにしたらどうだろうか。
 考えてみると、これまで東日本の岬めぐりは比較的順調にこなせてきたと言えるが、実はそれには理由がある。東日本の海岸線は、島が少ないので沿岸だけだと総じてさほど複雑でない。そのため、一筆書きコースも組みやすい。もうひとつは、JR東日本の大人の休日倶楽部の会員限定のパスというのがあって、閑散期の期間限定だが4日間(北海道を入れると5日間)乗り降り自由、特急券の指定も6回まで可能だった。これをいつも利用していたが、西日本にはそういうものがなさそうだ。おまけにこれからは東京からの新幹線利用で、目的地へ近寄るまでにもより時間がかかることになる。
 数が多いうえに、いろいろと制約が多くなりそうな西日本の岬めぐり、さてさていかがなりますことやら…。
kenbetuMap-3.jpg
dendenmushi.gif(2018/08/22 記)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:blog
きた!みた!印(24)  コメント(0) 

So-netブログ「でんでんむしの岬めぐり」を始めてから13年目…その計画と地図=記憶遺産Part2-08 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 So-netブログ「でんでんむしの岬めぐり」を始めたのは、2006(平成18)年のことだから今年(2018)で12年になる。最初のほうは過去にホームページに載せていたものを持ってきているので、文章も写真も少ない。岬の選び方も統一性や法則性もなく、ただ単にたまたま行ったところが、バラバラと並んでいる。
 これは、まだ岬めぐりの方針自体が定まっていなかったからだ。実は、当初はなんとなく各地でそれなりに目立っていそうな岬をいくつか回ればいいのではないかくらいの、ごくいい加減なつもりでいたのだ。ネットで見ると、その頃はまだブログよりもホームページで、岬や灯台をめぐっているという人もいくらかあって、その多くはリスト的なものだったり、観光ガイド的なものばかりだった。ドライブやツーリングの記録のようなものが多かったが、確かに岬めぐりは足が問題だ。
 車で自分で運転して回れば、かなり効率よく回ることができそうだ。しかし、残念ながらでんでんむしは車も持っていない。免許もない。だからレンタカーを借りて回ることもできない。
 電車やバスなどの、いわゆる公共交通機関に頼るしかない。それでは自分で車を転がして行くのと比べると、格段に効率は悪くなる。はっきり言って、極めて不便である。決定的なのは、岬のある場所というのからしてもともと不便なところにしかない、交通の便利な場所にあることは少ないという事実である。
 そこで、へそまがりは閃いた。そうだ、これを逆手に取ったらおもしろいのではないか。ユニークな切り口が、そこに生まれるのではないか。
 公共交通機関で回るという、この岬めぐりのコンセプトの特徴は、こうしたやむを得ない事情からのもので、それ自体自慢に値することではない。が、車で回れば大して難題とも言えないことに、わざわざハンデのある不便な方法だけで挑戦する、ということにも意味を見いだせるのではないか。
 またそんなことをわざわざ始めようという人は、ほかにあまりいないはずだ。まず第一に、そこが気に入った。
 始めた頃には、いったい日本中に岬の数はどのくらいあるかも、考えたことがなかった。相当多いだろうというくらいの認識だったので、全部回るという発想は最初からなく、地図で見て目立って出っ張っているところをチェックして行けばよかろう、というつもりだった。
 だから、当初の岬めぐりでは、その目当ての岬だけを目指して、スタコラ出かけるというスタイルだった。地蔵崎・禄剛崎・室戸岬・越前岬・野島崎・佐田岬などなど、地図上の目立つ出っ張りという「点」を目指して行っていた。当然、そのほかのことは目に入らない。その近くや道中の途中に別の岬があっても、知らん顔で通り過ぎていた。
 So-netブログを始めてしばらくの間は、こうした過去の記録をほじくり出しては載せていたが、それが概ね一段落ついたところで、こういうめぐり方ではあまりにもムダが多いと思うようになった。
 また、昔に行ったところはまだフィルム写真の頃で、ネガを探してきてそれをデジタルデータにするのも、いかにも面倒なことだった。それくらいなら改めて再訪して行き直したほうがいい。そこでまずはと足元の三浦半島の岬(2006年の054 観音崎〜)から、再訪を始めた。
 このときから、点ではなく「線」で岬をつなぎながらめぐるようにした。近場の場合にはまた行く機会もつくることができるから、飛び飛びでも残ったところはまたもう一度行けばいいのだが、遠隔地の場合には一度で済むように、その周辺の岬は全部一筆書き方式で回るほうがいい。
 となると、岬もメインのひとつだけでなく、その順路や周辺にあるものすべてを網羅することになる。
国土地理院地図 (2).jpg
 こうして、地図を見ながら岬をめぐるコースを考えていかなければならない。そこで問題になるのが、岬の定義と選定であるが、これにも一定の基準が必要だ。でんでんむしは、国土地理院の地形図には若い頃山歩きをしていたときからの愛着があるので、岬めぐりに出かけるときにもそれを見て、海岸線から岬の名前を探していた。
 そうして買ってきた5万分の1や2.5万分の1の地図が、どんどん溜まっていくが、これも一度使うとまた再び使うということもない。
 そのうち、国土地理院のサイトで地形図が公開されるようになり、使いやすくなったので、これら紙の地形図も、あるとき整理してしまった。
 計画を立てるときにも、もっぱらこの地理院サイトを基準にして岬を探している。ネットの地図は、地理院以外にもいろいろあることはある。一通りは試してみたのだが、いい加減な地図ばかりで使い物になるものがない。ただ、Mapion にはひとつだけ地理院地図にもないいい点があって、困ったときには参照している。それは「いちおう」とカッコつきながら、バス停が表記してあるからだ。こういう地図はほかにはない。
 岬だけにしか用がないので、地図を見るのももっぱら海岸線のみである。山の中は見ても仕方がない。そこで気がついたが、伊能忠敬の測量隊も同じように海岸線を主に歩いて行ったのだ。
 海岸線から探すのは、○○岬に限らない。○○崎もあれば、○○鼻もある。数は少ないが首などというのもある。そういった岬の名前は、地理院地図では斜体で表記されている。斜体で記された名前には岩とか島などいろいろあるのだが、それらは岬の名前とは言えないので除くことにする。
 そうしてピックアップした岬・崎・鼻を見て行くには、当然コース順にしないと行った來たりまた戻ったりはできない。一筆書きでコース順を組み立てることになるのだが、そこでは電車やバスの公共交通機関のあるなし、その路線や停留所、発着時刻が問題になる。その肝心の公共交通機関も、今やバス路線の廃線・縮小や会社の撤退が全国各地で進行しており、縮む一方である。
 コース計画の基本は、何時何分の電車でどの駅まで行き、そこからどの路線の何時何分のバスに乗って、どこの停留所で降りてどこまで歩くかを想像してみなければならない。実際に行ったときにどういう状態になるかを、極力想像力を働かせて、思い描いてみることが重要なのだ。
 場合によっては、電車やバスを降りないで、その車窓から岬が眺められればそれでよし、ということもある。降りて歩くか、それとも車窓で済ませるかは、そのときその場所、交通機関の時刻表の都合などによって総合勘案して判断する。それらダイヤなども、もっぱらネットで情報を探り出してくる。
 そういう交通時刻表の情報は、なるべくその電鉄会社やバス会社や船会社のサイトを確認しなければ、善意の第三者がアップしたものの中には、更新されないで古いダイヤをそのままにしているものもよくあるので、注意が必要だ。
 ここで降りたら次のバスはいつになるのか、次の岬までは何キロ歩かなければならないか、この岬は通りすがりではなくじっくり眺めて見たいがそのためにはどこに宿を取らなければならないか、その辺に泊まることができる施設はあるのか…などなど、それが、すなわち計画を立てる、ということになるわけで、そこがまた実におもしろく楽しい。
 計画を実行するときには、できるだけ持ち物は少なくする。必需品はデジタルカメラと計画(行程)表と、地理院地図だけ。ガイドブックなどは一切見ない持たない。今時だから、その気になれば、行く前からその岬に関する情報なども集められる。だが、でんでんむし流では、それはしない。
 事前に情報収集するのは、交通機関の時刻と、宿泊施設予約のためだけで、あとは実際に現地へ行ってホーとかへェーとか…で、初めて知ることになる。もっとも、帰ってきて記事を書くときには、必要に応じて調べたり裏付けを取ったりはする。
iPadMap.jpg
 地図はiPadが出てからというもの、紙の地形図を買ってきてそれを畳んで持って行くことがなくなった。国土地理院のサイトから岬の部分を開いて、それをキャプチャー画面に撮り、それをそのままiPadに入れて持って行くようになったからだ。2010年以来、このスタイルが続いているが、近年では、より小さくて持ち運びに便利なiPad mini で持って行く。
 WiFi 環境は望んでも得られない、辺鄙な場所ばかりを選んで歩くようなものだから、これが唯一最善の方法なのだ。

dendenmushi.gif(2018/08/19 記)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:blog
きた!みた!印(20)  コメント(0) 
前の3件 | -