So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

番外:岬・崎・鼻の名前にはどのような傾向があるのか(岬・崎・鼻データベース2018改訂新版=その3) [番外DB]

▲黒崎・大崎・長崎・赤崎…が多い
 岬・崎・鼻のそれぞれの前につく名前には、どんなものがあり、どんな名前が多く使われているのだろうか。
misakiDBnamae10-1.jpg
 日本の岬で、一番目に多い名前は黒崎という名で51あった。ほかに黒崎鼻・黒鼻もあり、これらを合わせると65になる。この最も多い名が、西日本に多く北海道にはまったくないというのも、アイヌ語源で地名が多くつけられてきた地域と、そうでない地域の違いであろうか。
 黒崎というのは、ほかの赤・白とともにその色彩の感じ方でつけられたという判断もできるだろうが、どうもそれがすべてではないような感じもする。赤や白の場合には実際にその土壌や岩の色でついた名も多いと考えられるが、黒の場合は実際に黒い岬などは、どちらかというと少ないはずで、「黒く見える」「黒々としている」といった感じ方でついたというほうが多いのではなかろうか。
 二番目に多いのが大崎で40だが、これにも大崎鼻(大崎ヶ鼻・大崎ノ鼻を含む)というのが24もあるので、合わせると64となり、黒崎グループと大崎グループが拮抗してトップグループを形成している。この名は、実際に大きな岬という意味もあるだろうが、大きい小さいは比較相対の問題なので、「大きく見える」「その付近で目立っている」といった意味合いも兼ね含んでいるように思われる。これは黒崎と違って北海道にもあるが、大崎鼻だけでみるとほとんど西日本に限られている。
 多い名前の三番目は観音崎で35、赤崎が34で続くが、鼻を合わせてみると、観音鼻・観音岬などは7しかないのに対して、赤崎鼻・赤鼻・赤石鼻まで含めると21もある赤崎グループが55となって、42の観音崎グループを逆転する。
 赤崎が島嶼部に多いというのは、実際に土壌や岩が赤いというのも当然あるだろうが、船から見るとき朝日や西日に映えて赤く見えるから、という状況も考えられる。
 五番手は長崎鼻で30。ただし、それとは別に長崎が24もあって、同数6位につけている。長崎のほかにも、大長崎や大長岬というのが5あるので、崎も鼻も合わせた長崎グループとしてみると59になり、赤崎グループを抜いて黒崎G・大崎Gに次ぐまでになる。
 つまり、日本の岬の名前で多いのは、黒崎とつく名、大崎とつく名、長崎とつく名、赤崎とつく名…がそれぞれ50以上ずつもあって大勢を占めている、ということになる。
 以下では、東日本に多い弁天崎が23だが、弁天岬や弁天鼻などを含めた弁天Gでは46となり、仏崎と仏の文字がつく名の岬は24、明神崎・明神鼻などは21でこれに続いている。
 十番目に顔を出す松ヶ鼻は20だが、松ヶ崎も19、松崎も11あって、松ノ鼻・松ヶ崎鼻を加えると52になる。そのほかにも「松」という文字がつく名前の岬を数えあげれば、14もある。これを含めて大きく松グループとしてくくってみると、66にもなる。なんと、松Gとしてみると、一気に黒崎Gを抜いてトップに踊り出ることになるのだ。
 だからといって、松Gが第一番目に多い名前として、最初にあげなかったのは、松という一字がつく名前は松山崎・松原鼻・松倉崎のような雑多なもので、それをすべて同一の名前グループとしてまとめるには、いくらか抵抗があったからだ。
 ただし、日本の岬の名前と「松」とのかかわり合い方は、確かに絵になる。海に突き出た岬の上に、松が青く立っている、茂っている。その下は荒磯かもしれないし、穏やかな砂の浜かもしれない…。
 そんな風景こそは、日本の岬のイメージとして、それを代表し象徴するにふさわしいものかもしれない。忘れずに留意しておきたい。
 
▲弁天・観音に松に竜…
 岬の名前で多いもの上位10までをリストアップしてみてきたが、そのほかに岬にどうしてそんな名前がついたか、その関連や由来ごとにまとめてみよう。
namae1.jpg
 まず、色がつくものは黒と赤が多かったが、白崎・白崎鼻は16。そのほかに白がつく名前も含めると50を超えている。そのなかには白石崎・白岩鼻のようなものもあり、それらの白グループのいくつかは、石灰岩の露頭などが白く目立っているところからの命名だろうと思われる。
 金や青は、必ずしもそれ自体が色を示しているというわけではあるまい。
 多い名前上位10までにも、観音・弁天・仏・明神と出てきたが、神仏に関するものも、なかなか多彩で種類も多い。ほかには権現・恵比寿・地蔵・八幡・天神などが続くが、宮崎・御崎・神崎・寺崎のように、神仏を総合的に表わす名前も多い。
 それらの多くは、素朴な信仰心や神仏に対する畏敬の念が込められているものと解すべきであろう。また、実際に岬の上に祠や社・鳥居が建てられ、岬全体が神仏の領域となっている例は結構多くある。岬というロケーションを、うまく利用しているわけだ。
 恵美須・恵比寿は、豊漁を願う漁師の信仰からだろうし、住吉・金比羅のように海と航海の安全を守護するものもある。
 また、海や潮の流れの状況、岬の地形的な状況などに関わる文字が使われた名前もさまざまにある。なかでは瀬と大瀬を合わせると28になるが、これと洲17は、岬の形成の過程にも関わるものと考えられる。
 架空の想像上の動物だが、竜・龍がつく名も竜神以外に多く、34を数えている。この中の幾つかは「神」の字がついていないだけで、竜神信仰に関わるものも多いのだろうと思われる。
 そのほか、実在の動物としては、なんといっても牛がトップで、牛後に甘んじた馬には何馬身もの差をつけてぶっちぎりである。これはどうしてだろう。やはり想像するしかないが、より庶民の暮らしに近い存在として牛が抜きん出ていたということではないだろうか。農耕や運搬にも牛が先で、馬はどちらかといえば戦に欠かせない兵馬のほうが先にあったからだろうか。
 広島の沿岸で猫の岬はめずらしいと書いていた覚えがあったが、犬ほどではないものの猫も5と、象・虎・猿・蛇に並んでいる。
 植物の名前は、竹に大きく差をつけた松以外は、ほとんど目立たない。花の名では藤7のほか、梅や桃などないわけではないが意外に少ない。岬といういわば特殊な地形と、花はうまく結びつかなかった。
 鳥の名前では、岬のそばにいる鵜がやはり抜きん出る。船や漁に関連する文字が使われた名前や、戦やその武具などにからむ名前もある。また、文字自体に意味がありそうな名前では、城や番所や舘といったものがある。
misakiDBnamaeB-3.jpg
 岬は、昔の戦では重要な戦略拠点になり得た。小規模な砦のようなものや祭祀の場が、岬の上に建てられるということも多く、それが名前になっていることもあるだろう。また、船の航行を見張る監視所または関所を置く場所として岬が注目される場合もある。番所がつく岬は、海上の要衝または関所として、その役割を担う場所だったろう。
 そのほかでは、「大」や「小」の文字がついたものが多い。大崎Gには数えていないが大鼻5を始めとして、大がつく名前は96もあるのだが、これも内訳はバラバラで、要するになんにでも大はつく。同様に小も小崎8を始めとして、小がつく名前は80あるが、これもまとまりには欠け、集めてもそこに意味は求めにくい。そういう判断で、ここにはあえて入れていない。
 因みに、「中」は17あり、「長」のつくものも長崎G以外に51あった。また、カナ(かな)名前のものもアイヌ語源を含めて90程度ある。
 ここでは、同じ名前が多いものから順に集めて取りあげてみたが、その他ほとんどの大多数は個別のオンリーワンである。それこそが名前の本来なのでもあろう。そして、それにもそれぞれ理由があるのだろうが、それらについてはまとめて言及しにくい。また、個々の岬の命名の由来も、わかるものは各項目の本文でできるだけふれるつもりでやってきたが、これがなかなかそうした情報が伝わっていないので、たいていはよくわからない、というのが実情だ。そこは悩ましい。
 海岸の出っ張りをなんと呼んでいるか、そんなことはどうでもいいことで、誰も注意を払わず、どこでもそれらを意識して記録し伝えていくということが、ほとんど行なわれてこなかったためであろう。

dendenmushi.gif(2018/03/31 記)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:岬の名前
きた!みた!印(28)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

番外:数え直し都道府県別分布 岬のある県・ない県・少ない県(岬・崎・鼻データベース2018改訂新版=その2) [番外DB]

▲都道府県別にみる沿岸部と島嶼部・内陸部の分布
 「多い県」を赤字で「少ない県」「ない県」を青字で、表記してみると、はっきりした傾向が浮かび上がってくる。
kenbetuSyuseiMap-1.jpg
 岬の多い県は、西日本に偏っている。これは、離島や内海の島々が多く、海岸線が複雑に入り組んでいるからにほかならない。でんでんむしの岬めぐりは、ここまで1,500項目を超えているが、一部を残して近畿以東のエリアはだいたいほぼ一応めぐり終わっているといえる。それでもまだ全体の半分には遠く届かないわけで、中国・四国・九州それに沖縄も宮古・八重山の先島諸島まで含め、いくらか行ってはいるものの、歯抜け状態でまだ多くを残しているし、隠岐・対馬・壱岐・五島それに奄美の島々は、まったく手つかず足つかずで、先が思いやられる。
 「でんでんむし西に」これからの課題であるが、これは大変ですよ。さてさてどうしたものやら…。
 岬のある県・ない県・少ない県からみると、まず「ない県」は群馬・埼玉・岐阜・奈良の海なし4県だけで、「少ない県」は、富山県の2、栃木・大阪・鳥取がそれぞれ5となっている。富山と大阪・鳥取が少ないのは、海岸線がさほど長くないうえに、でこぼこが少ないからであろう。海なし県の栃木には中禅寺湖があるが、他の海なし県には湖がない。いや、群馬県には榛名湖があった。が、残念ながら岬はない。
 岬のある県のうち、多いほうでは長崎県が飛び抜けて多い。これは対馬・壱岐・五島の島嶼部を広範囲にかかえているため。薩南・奄美諸島がある鹿児島と、なにしろ大きくて広く、したがって海岸線も長くなるうえ北方領土もある北海道がこれに続く。
 愛媛・山口・和歌山といった各県は、島もあるがギザギザと細かいでこぼこのある長い海岸線をもつからだろう。沖縄・東京は伊豆と小笠原の島々の多さで、石川は能登半島があるためで、島根も隠岐の島がある。
 あと100前後の岬を数えるところでは、高知の場合は長い海岸線があるが比較的すんなりしていて、室戸岬はあってもその周辺の岬は多くない。高知の岬は足摺岬側の西部に多くあり、熊本・広島・香川の各県はそれぞれ天草と瀬戸内の島々が岬の数を押し上げているといえる。
 以下、宮城・岩手・新潟・大分・三重・青森・岡山と続くが、このうち岩手と青森は島なしで、新潟は佐渡ヶ島で、大分・三重・岡山は海岸線のでこぼこで数を稼いでいる。これに続く兵庫は淡路島と家島諸島で島のほうが多く、福岡は逆に島より沿岸部が多い。
 福井・静岡は島がなく沿岸部だけで、宮崎も沿岸部が主だが、佐賀は北部ででこぼこも島もと続く。神奈川は芦ノ湖もあるが、三浦半島が主になっていて、島はない。それに続く、徳島・千葉・秋田・京都・茨城・福島また愛知はいずれもほとんどが沿岸部のみだが、山形は沿岸も島嶼も同じく少ない。
 長野・山梨・滋賀それに「少ない県」でふれた栃木の、いずれも海なし4県では、野尻湖・富士五湖・琵琶湖それに中禅寺湖と湖の岬を数えている。
 以上、不公平のないように、全都道府県を網羅して俯瞰してみたが、それぞれに沿岸部・島嶼部・内陸部のちゃんとした数字の裏付けとなる地理的な背景があっておもしろい。
kenbetu1-1.jpgkenbetu2-2.jpg 
▲岬・崎・鼻の名前の呼び方分布を見渡してみると
 では、今度は岬・崎・鼻といった呼び方では、いったいどんな特徴があるかを眺めてみよう。
 これは厳密なデータ比較でどちらがいくつ多い少ないとかいってもあまり意味がないので、ごくおおまかなデータの印象でみるしかないが、一番にはっきりと目立っているのは、岬が北海道では229もあり、これだけが飛び抜けていること。なにしろ、これに続く二番手は山口の29なのだから、飛び抜けるにもほどがある(こういう表現はヘンだがそんな感じ)。北海道でこのように「岬」が多い理由には、どうもはっきりしたものはなさそうだ。
 想像では、アイヌ語源の名前が多く使われていた北海道では、それ以外の名前は比較的新しくつけられたものだということはできそうだ。あるいは、アイヌ語の名前を和名に変えたというのものも、あったかもしれない。それが、和人の蝦夷地進出によるものか、明治以降に本格化する開拓に伴うものかはよくわからないが、いずれにしろ時代がかなり下がって後からつけるときに、最もつけやすいわかりやすい命名としてそれがあったのではないか。
 山口のほかは高知・鹿児島・沖縄までが20となっていて、あとはちょぼちょぼなので、全国的には岬の名で「◯◯岬」はみんなが思っているほど多くはない。
 多いのはなんといっても「崎」だが、これの一番は長崎の350。鹿児島の216、沖縄の105がこれに続く。100には届かないが、和歌山・北海道・宮城・岩手・青森までが70超となっている。
 これも西日本に多いが、それは岬の総数自体が多いからであって、とくに「崎」が西に極端に多いというわけではなく、東日本にもそれなりにあって、ほぼ全国まんべんなく多いのが「崎」だといえる。
 これに対して、「鼻」は明らかな地域的な偏りが認められる。長崎が282、愛媛が132、鹿児島が118と、ここまで九州・四国ばかりでビッグ3。以下、山口・広島・島根・大分・香川・岡山と中国・瀬戸内沿岸と、西日本ばかりが並んでいる。その後に伊豆・小笠原の諸島を抱える東京と、能登半島の石川が続いて顔を出すが、全国的な分布としては明らかに「鼻」は西日本に集中して多いといえる。
 そして、岬を「鼻」と呼ぶ習慣は、東日本にはあまり波及しなかったらしい。とくに北海道では300を超える岬があっても、鼻は10しかなく、青森ではゼロである。一方、南は奄美までは結構ある「鼻」も、沖縄に行くとまったくないという極端な分布になっている。
 想像の域を出ないが、でんでんむしの考えでは、西日本に「鼻」が多いのは、まず島が多いからではなかろうかと思う。島が多いということは、船から見る岬が多いということになる。船で内海や沿岸の島々の間を抜けるとき、島の出っ張りはその傾斜といい角度といい、ちょうど人間の鼻のように見えることが多い。また、この地域では端っこのことをハナと表現することも広く定着していた。
 そう呼び始めた人々は、主には船に乗っている人たちで、やはり航海上の必要からの命名が多かったのではないか。自然、その地域で使われていた小さな出っ張りを鼻と呼ぶ習慣は、そこに引き継がれ広まっていくが、内海の小さな船の乗り手が、島もほとんどなく岬の出っ張りも少ない、波も荒い東日本の沿岸沿いに東進北上していくことはなかったのだろう。
 次には、名前のつけ方について考えてみよう。(次項(岬・崎・鼻データベース2018改訂新版=その3)へ続く。)


dendenmushi.gif(2018/03/26 記)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:岬めぐり
きた!みた!印(24)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

番外:日本全国津々浦々岬の数はいったいいくつある? 数え直してみた(岬・崎・鼻データベース2018改訂新版=その1) [番外DB]

▲数え直した結果日本の岬・崎・鼻の数は3,858に   
 日本中にある岬・崎・鼻の数は、いったいいくつあるのかというデータは、でんでんむしが独自に調べた結果を、このブログで公開していた。その最初は2008年のことで、そのときには3,703だったと報告していた。その後、その数字に疑問が出て、2016年に調べた結果その数字を3,735と応急修正していた。
 そのあたりの経緯は、
 番外:日本全国津々浦々岬の数はいったいいくつある? 数えてみた(岬・崎・鼻データベース=その1)
としてまとめていた。(↑これは旧データです)
 この数字は、国土地理院のサイトが公開している地理院地図(電子国土Web)から拾い数えあげたものだが、例外的に地理院地図にはない岬もいくつか加えている。それは、行ってみると地元の案内図などでは、ちゃんと名前の明記があるものも、わかる範囲で入れたからだ。数か月前、たまたま横須賀付近の地理院地図を眺めていて、前に調べたときにはなかったところに、いつのまにか岬名が付されていることを発見した。そこでは3つの岬が増えていたわけだ。このぶんでは、全国ではもっとそういう例がたくさんあるのかもしれない。
 最初のデータ調査からも10年を経過することもあり、ここらでもう一度ゼロベースで数え直してみることにした。…というのは簡単だが、きわめてアナログで原始的な方法で探し拾い数えあげていく作業は、なかなか簡単ではないが、まあ暇にまかせて根気よくやるしかない。
 ということでコツコツ数え直してみた結果を、以下に報告しておこう。
 2018年調査による日本全国の岬・崎・鼻の数は、3,858となった。前回調査との差は、新たに増えた分と減った分を差し引きし、それに集計ミスを修正した結果ということで、トータルで大幅な増加になったのは、やはり新たに表記が増えたからとみていいと思われる。
misakiDB-1.jpg
 岬のある場所は沿岸部・島嶼部・内陸部に分けて、また岬・崎・鼻といった名前の呼び方によって集計してみた。このうち「崎」には「埼」も含まれる。これによると、前のデータでは沿岸部のほうが島嶼部より若干多かったのだが、今回調査では島嶼部が逆転している。
 沿岸部というのは、北海道・本州・四国・九州の四島の海岸線にあるという意味で、島嶼部というのはその周辺に散らばっている島々にあるものを指している。近年では島に橋が架かり、道路が本土からつながっている島も多くなっているが、これらは島嶼部であり、かつて島だったものが陸継島となって本土と一体化しているものは沿岸部としている。
 呼び方の「ほか」というのは、岬・崎・鼻以外の呼び方が付いた名前で、その代表的なものは「首」だが、このへんの取捨選択、岬に数えるかどうかは、多少でんでんむしの主観的な判断によっている。が、首以外はできる限り限定的にしている。というのは、「岩」とか「碆(はえ)」や「根」などの名であっても、明らかに岬の形状として、その地域で代表的なものはカウントしたが、だからといってたとえば「岩」のつく名の全部を網羅するとなると、際限がなくなるからだ。また、「瀬」とか「島」とかいった名がついている出っ張りも数多いものの、それらまで全部岬に数えるのもどうかと思われる。
 そんな事情で、このあたりの数え方は、増やす気になればいくらでもとは言わないまでも、もっともっと増えてしまうので抑え気味にした。そういう意味で、ここは数えたものもあり数えなかったものもあり、多少グレーゾーンであることはお断りしておく。
 やはり岬の呼び方でいちばん多いのは「岬」ではなく「崎」で、それについで「鼻」。「崎」には「埼」も含めているが、これも使い分けがはなはだ微妙なものが多い。一説によると、「埼」は灯台の名に使われるという。たしかに「埼」とつけた灯台は多いのだが、それがすなわち岬の名となるとも、はたまた灯台とは別に岬のほうの名は「崎」と分別されているとも、どちらとも断定しにくい。実際には「崎」と「埼」は混同・混在して使われているので、ここではひとつにまとめた。

▲日本列島を北から南へエリアごとに区切ってみる
 北から順に南にくだりながら、太平洋岸と日本海側にエリアを区切りながら、全国の岬を地域別に仕分けしてみた。このエリアの区切り方は、この岬めぐり独自のものなので、そのエリアマップをつくっておいた。
misakiDBmap-1.jpg
 たとえば、北海道は、宗谷岬と襟裳岬を結んで線引きをし、東部と西部に分けた。実際には襟裳岬から白神岬までを南部とすることもできるのだが、あまり細かくしないために西北と一緒にしてまとめた。また、北方領土は、別書きにしてある。
 この北方領土、これまでのデータでは、57として数えていた。それが今回の調査では83と、一気に26も増えている。実は、前述の島嶼部の数が沿岸部の数を逆転した要因のひとつにはこれもあった。
 北方領土については、国土地理院でも政府方針に従って地理院地図に入れており、それをくまなく海岸線をたどりながら拾っていったのだが、前の調査後に新たに書き加えられた岬が多かったということなのだろうか。それとも、前のでんでんむしの数え方がおかしかったのだろうか。よくわからない。
 いずれにしても、国後島や択捉島は大きな島で、その海岸線を辿っていくと集落はほとんどないが漁場や川や岬の名前だけが、はっきりと記されているのに、誰もそこへ行くことも見ることもできないわけで、ある種独特の感慨を禁じ得ない。
 東北は、大間崎から東部と西部にわけている。陸奥湾沿岸を西部に含めてなお、東部のほうが圧倒的に岬の数が多いのは、三陸のリアス海岸のでこぼこのためであろう。十和田湖は陸奥湾沿岸とともに、相対的に岬が少ない西部に含めている。
 関東甲信越の東部太平洋沿岸には、伊豆諸島と小笠原諸島(東京都)を含んでいる。ここで内陸が多いのは、中禅寺湖や霞ヶ浦があるからであり、甲信越日本海側には富士五湖や野尻湖を含んでいるからだ。
 東海は三重県まで、北陸は福井県で区切ったのは、常識的な線引きだが、京都から山陰はひとつながりとして北部日本海沿岸にまとめた。南部太平洋沿岸は、和歌山・大阪と兵庫の南部、それに琵琶湖が含まれている。
 山陰日本海沿岸は山口県の西部響灘沿岸までとし、山陽と四国の沿岸を合わせてひとつのエリアにしたが、ここで九州についで二番目に岬が多いのは、もちろん瀬戸内海とその島々があるためだ。
 九州は福岡・佐賀・長崎を北部九州としたが、ここには、対馬・壱岐・五島列島などの島々のおかげで、岬の数が飛び抜けて多くなっている。大分・宮崎・鹿児島・熊本は南部九州としたが、種子島以南の島嶼部は、同じ島弧を形成している奄美群島として、沖縄・先島諸島と合わせて南西琉球諸島のエリアにまとめた。このため、九州地方として括った前回の島嶼部の区切り方とは異なっている。
 呼び名の傾向としては、「岬」は北海道に多く、「鼻」は中国・四国・九州では「崎」よりも多いということが言えそうだ。
 では、エリアではなく行政区画の都道府県別にみるとどうなるか、それはおって公開予定の(その2)の「数え直し改訂新版 番外:岬のある県・ない県・少ない県」でね。

dendenmushi.gif(2018/03/22 記)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

きた!みた!印(24)  コメント(0) 
共通テーマ:地域