So-net無料ブログ作成

1586 荒崎ノ鼻=香川郡直島町(香川県)国立公園の第一号は備讃瀬戸を対象とした瀬戸内海国立公園だった [岬めぐり]

DSCN0614 (1).jpg
 岡山県と香川県の間に広がる備讃瀬戸は、日本で最初に国立公園に指定された地域である。1934(昭和9)年の国立公園第一号指定は瀬戸内海国立公園のほか雲仙と霧島の三か所で、富士も箱根も日光も入っていなかった。
 現在の瀬戸内海国立公園の領域はぐんと広がっているが、最初の指定時の範囲はこの備讃瀬戸一帯のみで、それこそが瀬戸内海そのものだったわけだ。
 今でこそ瀬戸大橋というわかりやすい目印もあるけれど、ただ広く広がる海とそこに点在する島々の景を、まとめて国立公園の第一号に指定したのは、なかなかの慧眼で大きな視野があってのことだったろうと思われる。ちなみに雲仙や霧島は温泉や神話伝説といったポイントがあった。
 この備讃瀬戸の真ん中付近で、少し岡山寄りに集まっているのが、直島諸島と呼ばれる27もの島々である。そのうち人が住んでいるのは直島、向島、家島、牛ケ首島、屏風島の5島のみで、残り22島は無人島。無人島がそんなにたくさんあるのか、と思うが数え直してみるまでもあるまい。
 歴史的にみると、ここでもいくらかの変遷があって、男木島や女木島もひっくるめられたり、小豆島地域の一部であったこともあるようだ。もともとこの辺りは備前の勢力が及んだり、幕府の直轄地になったりした経緯も絡んで複雑なのだ。
DSCN0599 (1).jpg
 荒崎ノ鼻は、この有人島のひとつである向島の北東端にあたる。フェリーが鞍掛ノ鼻を右手にみる頃から、その進行方向正面に見えてくるのが向島でその奥に連なる山々は直島である。
 本島である直島の本村の向かいにある「むかえじま」。同じ漢字表記で同じ意味の尾道の場合は「むかいしま」。東京にある地名は「むこうじま」。こちらの「むかえじま」は、有人島とはいえ人口は十数人でしかないらしい。地図で見ても集落らしい集落もなく、建物がいくつか島の二か所でみられるくらいで、荒崎ノ鼻の周辺もまったくの無人地帯になっている。
DSCN0618 (1).jpg
 すでに植生が茂って崖が崩れた跡のようにも見えるところを覆っているが、岬の東側には岩石の露頭も多くある。あるいはかつて採石場があったのかもしれないが、確かなことはわからない。
 鞍掛ノ鼻と荒崎ノ鼻の海峡をフエリーが北西へ進路をとると、家島との間から直島北部を占めている三菱マテリアルの銅製錬所の一帯も視界に入ってくる。
DSCN0615 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度28分15.65秒 134度0分34.51秒
スクリーンショット 2019-04-13 10.57.37.jpg
dendenmushi.gif四国地方(2018/10/12 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:香川県
コメント(0) 
共通テーマ:地域

1585 トウガ鼻・帆槌ノ鼻=高松市男木町・女木町(香川県)高松港の北ふたつの島の両端にふたつの岬 [岬めぐり]

DSCN0594 (1).jpg
 高松市の男木島と女木島は、各島の各地を結ぶたくさんの連絡船やフェリーが出入りする高松港の北側で南北に並んでいる。高松港に近い少し長めの島が女木島で、その北で狭い水道を挟んで男木島が続く。小豆島と高松を結ぶフェリーはこのふたつの島の東側を通り、豊島経由で高松へ向かう船は、男木島と女木島の間の加茂ヶ瀬戸を通り抜けて行くらしい。
 男木島北端のトウガ鼻と、女木島南端の帆槌ノ鼻は、ともに灯台があって、行き交う船の拠り所になってきた。
 豊島の最南端礼田崎からは3.5キロのところに男木島トウガ鼻があり、井島最南端の鞍掛ノ鼻を回り込んで西へ向かうフェリー航路からは南東6キロに位置することになる。
 これまで、トウガ鼻と帆槌ノ鼻については、他の項目でついでにちょこっと名前だけあげたことがある。
 今回は、遠望ながら直接この二つの島とふたつの岬を視認確認できたということで、通算番号をつけた項目を設けて勘定に入れることにした。
DSCN0607 (1).jpg
 トウガ鼻の背景に写るのは、庵治半島とその北に点在する島々。
 庵治半島で、ぴょんと鍋ブタのつまみのように飛び出しているのは八栗山(五剣山)であろう。また、ふたつの島の間には、屋島の南部も見える。
 フェリーが大きく方向転換するので、それに連れて島とその背景が変化する。男木島と女木島の間に屋島が見えるのも、ほんのわずかの間、微妙な位置にあるときに限られる。
DSCN0608 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度25分59.50秒 134度3分39.01秒 34度22分46.68秒 134度2分17.76秒
スクリーンショット 2019-04-16 16.31.28.jpg
dendenmushi.gif四国地方(2018/10/12 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:香川県
コメント(0) 
共通テーマ:地域

1584 礼田崎=小豆郡土庄町豊島唐櫃(香川県)縄文早期の貝塚があるという豊島最南端の岬は秘境 [岬めぐり]

DSCN0605 (1).jpg
 東西6.3キロ、南北4.5キロの豊島は、豊島唐櫃・豊島家浦・豊島甲生と大きく3つの集落と地域に分けられるが、主なのは北海岸に面していてフェリーが寄港する唐櫃と家浦のふたつだけで、南海岸にある甲生(こう)は島を周回する道路は通ってはいるものの、フェリーも寄らないので完全に取り残されたような格好になっている。
 豊島南端の礼田崎は、当然この甲生の領域だと思っていたら、ここは唐櫃だという。甲生の領域は、集落の周囲に限定されていて、豊島最高峰の壇山340メートルは家浦だし、その南にある230メートルのピークも唐櫃になっていて、そこから南に張り出して、礼田崎の大きな出っ張りも丸ごと唐櫃に所属している。
DSCN0626 (1).jpg
 この岬は、秘境といってもいいのだろう。いちばん近いはずの甲生からは南東にわずか1.5キロしか離れていないが、そこへは道がない。いちばん近い道路まではピークを越えて1.25キロ北になる。船で行こうにも接岸できるような場所もないのだろう。
 距離的にはさほど遠く離れているというわけではないが、道がないということで、秘境になっているようだ。
 そういうわけだから、ここには行けないし、フェリーからも鞍掛ノ鼻の南を回り込んで西へ転回するときに、その前方や後方に遠く見えるだけでよしとしなければならない。
 位置的には、礼田崎の南は高松市で、男木島の北の端も視界に入ってくる。
DSCN0601 (1).jpg
 地図で見ると、礼田崎の付近は、切り立った断崖や岩礁が続いているようで、最南端の出っ張りの東側には、崖が小さく盲腸のように飛び出しているところがある。ここが礼田崎貝塚のある場所だろう。
  約9000年ほど前の、西日本では最も古い縄文早期のヤマトシジミなどからなる貝塚は、その出っ張りの上のほう、高さ17メートルのところに、その層があるらしい。
DSCN0641 (1).jpg
 つまり、鞍掛ノ鼻の旧石器人と違って、早期の縄文人たちは、海進が進んだ瀬戸内海東部で、島となった丘の上でシジミを食べていた、とシロウトには想像できるが、それでいいのだろうか。ということは、この頃には海上の往来を自在にする術も持っていたことになる。
 ダッダガ鼻からは南東に3.8キロ離れている礼田崎を後に、フェリーは西へ進んで行く。鞍掛ノ鼻を南に回り過ぎるところで、その向こうに姿のいい山が現れる。これは小豆島の最南端である白浜山299.7メートルで、その下が釈迦ヶ鼻になる。
DSCN0643 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度28分31.59秒 134度2分38.87秒 34度27分34.08秒 134度4分52.27秒
スクリーンショット 2019-04-16 16.29.49.jpg
dendenmushi.gif四国地方(2018/10/12 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

すみません、2019年4月から「きた!みた!印」欄は表示していません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:香川県
コメント(0) 
共通テーマ:地域