So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

待たれた1984年がやってきてMacintosh(Mac)との長い付き合いが…=記憶遺産Part2-04 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 その前の年1983年から、Appleはゼロックスの研究をモデルにした(?諸説あり)Lisaというマウスやアイコンやウインドウをマウスのクリック、ダブルクリック、ドラッグなどの操作できるまったく新しいユーザー・インターフェイスを備えたモデルを出していた。それが1984年には安く小さくなって、Macintoshとして発売されるというニュースは、日本でも「ASCII」などでもうよく知られていた。
 だから、一部の人間にとっては、1984(昭和59)年は待ちに待ったものだったとも言える。ジョージ・オーウェルの「1984年」に引っ掛けてコンピュータの巨人IBMに対する皮肉を込めてもじったCM(なんと、その監督はリドリー・スコット)の話題とともに、全米で年明け早々の1月には華々しく発売されたMacintoshは、その4月にはもう日本で発売された。
 でんでんむしも待ちかねたなかの一人で、帝国ホテルで開かれた発表会に駆けつけ、その場で購入契約をしてきた。その当時は、Apple日本法人の力は整っておらず、Apple II からの関係なのか、東レやキヤノン販売の大手のほか、中小の販売代理店が入り混じっていたので、でんでんむしが買ったのもそんな代理店の一つだった。
 値段は確か当時のお金で70数万くらいだったと思うが、はっきりと覚えていない。これ以降の数多くのMacの購入はすべて自腹で、会社で買ってもらったものではない。
 記憶ははっきりしないが、おそらくその販売代理店の担当者が東京の仕事場に運んできてくれたような気がする。梱包を解いたという記憶がなく、赤と青と黄色とグレーの刷毛でさっと描いたような洒落たデザインの外箱の印象が強く残っている。中のマウスやキーボードの箱も同じようにデザインしてあった。
 天板の後ろから片手を入れて、持ち上げられるようになっていて、キャノン販売は肩からかけられるオリジナルのケースも用意していた。それに入れて持ち歩くことも可能だったが、まるでクーラーボックスをしょった釣りおじさんのようだった。
mac1300.jpg
 それまでのBASICマイコンと違って、9インチの画面も真っ黒けに緑の文字、四角いカーソルが点滅するだけのものというのではなく、全体にグレー基調で、しかも画面の位置制御は自由自在。起動すると中央に小さなMacのアイコンがニコニコとあらわれる。
 デスクトップという概念も、非常に馴染みやすく、すぐに慣れた。マウスでカーソルを合わせアイコンをダブルクリックすると、そのソフトやデータがボワーッと画面いっぱいに動くのも感動的だった。
macWPhako (1).jpg
 メモリは128Kしかなかったが、まだ多いだの少ないだのも問題にならない。Macintoshには、あらかじめ別箱で標準バンドルされているソフトが2種類あって、それだけで充分に楽しめた。それはMacWriteというワープロソフトと、MacPaintというお絵描きソフトで、その箱を開けると当時まだめずらしかったSony製の2枚の3.5インチフロッピー・ディスクが入っていた。それをスロットに差し入れてソフトを読み込ませるという方式も素晴らしかった。
 まだ、日本語は使えなかったので、もっぱらお絵描きで遊んでいたが、マウスで鉛筆や絵筆を選び、白い紙に自由に絵が描けるというのは、まさに驚異的だった。絵が描けなくても、丸や四角やいろいろな太さ濃さの線やアミが使えるので、そのおもしろさは充分に味わえた。1985年の年賀状は、当然このMacPaintでウシさんの絵を描いた。しかし、いくらお絵描きができても、日本語が使えない高いおもちゃがそんなに売れるわけがない。
 もちろん、BASICも使えたのでプログラムをいじっても遊べたし、 Microsoft Multiplanという表計算ソフトも感歎ものではあったのだが…。
 WYSIWYG(見たものを見たままに)が売りのMacintoshは、アメリカなどでは世界初のパソコン用レーザープリンタであるLaser WriterとAldus Page Maker(ページレイアウトソフト)が発売され、手軽なDTPマシンとしての地位を確かなものにしていた。実用という面では日本語がネックとなった日本と米欧では、周回遅れ以上の差がついていた。
 英語のできないでんでんむしが、漢字はおろかカタカナも使えないMacintoshに、いち早く飛びついたのは、その問題はいずれ時間が解決するだろうと考えていたからだ。そして、これこそが編集者にとっては素晴らしい創造の道具になるに違いないという確信があったればこそである。
 日本市場を伸ばしたいキヤノン販売の強力なプッシュと具体的な肝いりもあってのことだろう。Macintoshの日本語化は、意外に早くやってきた。発売の翌年の1985年には、512Kに漢字ROMを搭載するというかなり大胆なアップグレードが行なわれた。128kのバックパネル(開発者のサインが、その内側に刻印されていた)をすっぽり取り替えて512Kにするという荒技であった。
 そしてさらに、それに呼応してエルゴソフトが日本語入力して処理できるFEP(EG Bridge)とワープロソフトEG Wordを発売し、なんとか日本語対応が進んでいった。
 ただ、漢字が多い日本語のWYSIWYG化までには、さらに時間を要した。でんでんむしもさっそくLaser WriterとAldus Page Makeを購入して使ってはみたが、Page Makeは縦組みができなかった。だから、実用的な日本語DTPへの道はまだまだ遠かった。
 それよりもすぐ近くにやってきたのは、RS-232cポートにモデムを繋ぎ、電話回線を使って行なうパソコン通信で、Nikkei-MIXやnifty-saveなどが発足すると同時に入会し、フォーラムの書き込みなどに参加したりしていた。それも1985年のことだった。当時のモデムの通信速度は300ボーで、ピーピーガガガ…という音とともに繋がる人間的な何かを感じさせた。

dendenmushi.gif(2018/08/07 記)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:MAC
きた!みた!印(27)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

それは1978年に偶然出会ったPET2001からすべてが始まったことになる=記憶遺産Part2-03 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 エニアックからいきなり電算写植機に飛んだわけではい。電子計算機というものが大砲の弾道計算ではなく、実際に大手企業で事務処理に導入されるようになったのは、まだでんでんむしが大阪で雑誌の編集をやっている頃だった。その実情を知りたくて、道修町のある大手薬品会社で見学させてもらったこともある。そこで見たのはガラス張りの大きな部屋で穴の開いたカードやテープが飛んだり回ったりしていたパンチカードシステムだった。
 COBOLの本を読もうとしてみたが、ちんぷんかんぷんでまったく歯が立たない。まだまだ電子計算機は遠かった。
 それよりもずっと近くにあって、仕事に欠かせないものはテープレコーダーだった。今どきのICレコーダーの何百倍も大きくて重い、オープンリールのテレコを抱えて夜行に乗り、大阪=東京を行ったり来たりしていたものだ。
 雑誌から単行本の編集に移る間で、ちょっとだけ総務や商品管理の仕事をさせられたこともある。そこでは、電算機からはあまりにも遠く離れたところで、何人もかかって毎月の個別原価計算を何十枚もの大きな表の縦横計を、伝票をめくりそろばんパチパチで合わせるという作業に追われていた。
 数表の縦横計を合わせるというのは、一見極めて単純な作業のように思えるが、これが実際には思った以上に大変なのだ。
 とにかく、伝票と集計表の縦横が合わない。これなんとかならんのか。まだ、キャノンやカシオが卓上計算機を出す前のことで、売り込みにきた事務機屋さんから加算機を借りて試してみたり、手回しの計算機も一部使ったりしていた。(それから15年後、Macintoshの画面でMultiplanを初めて自分で使ってみた時には、これがもっと早くあれば…と思ったものだった。だが実際には、原価計算システムのほうを変えればすむことだった。)
 日本語タイプライターの簡易版パンライターを、会社で導入したのもその頃で、なにしろその当時の対外文書といえば、カーボン紙を挟んで下敷きを入れて書くといったありさまで、それをなんとかしたかった。映画のタイプライターのようにはいかないが、せめてカナタイプはどんなものだろうかと、これは自分でオリベッティが出していたものを買ってみた。実用にはならなかったが、経験にはなった。
 こんな具合で、要はモノ好き小道具好きといえばそうなのだが、こういうことも下地にあったのが、何十年にわたってコンピュータへの興味を持続させ続ける一因ではあったろう。
 1978(昭和53)年は、でんでんむしにとっては思い出深い年となった。その年の終わり頃に、あるシンクタンクの事務所で、Commodore社のPET 2001に出会ったからだ。それが「史上初のオールインワンパソコン」だという、白いカクカクしたダースベーダーの顔の部分にあたる小さなモノクロ画面では、デモのたて棒グラフを繰り返し描きだしているだけだったが、その時に「これだ!」と閃くものがあった。
 その年には、日本生産性本部の企画した、アメリカ東海岸と西海岸の出版社を視察訪問するというミッションに参加していたのだが、どこでもそんなものは見ることがなかった。(「スター・ウォーズ」は全米で公開されており、それを帰途のホノルルの映画館で日本公開に先駆けて観ることができた。)
 PET 2001が秘めている可能性は、一目見た瞬間からぼんやりとながら見えたので、それをどうしても自分で使ってみたかった。そこで社長に掛け合って買ってもらった。その辺のことは、当ブログのサブデータとしてくっつけている
に書いている。
 ただ買ってもらっただけじゃ申し訳ないし、当然これをテーマに本が出させると考え、それを実行した。けれども、あんまり畑違いの本を出すわけにもいかないので、ビジネスに使えるという点を強調し、実際に使えるデータベースの基本をBASICでプログラムした内容のあるものにした。
 そのため、制作には少々手間取ったが、1980(昭和55)年には本を出した。「くわしくなる本」と銘打ったその本は、日本で二番目となるマイコンの本だった。(数十日の差で一番目は逃したが、この本は非常によく売れて、何十倍にも元は取れた。)マイコンの本として、この数年前のNECの大内さんのTK-80の本をあげる向きもあるが、これはいわばマイコンチップの本であって、まったく別物であろう。
PETs.jpg PETm.jpg
 当時コモドールジャパンからもらっていた写真やPETのマニュアルの表紙、それで入力したプログラムのリストの写真も、古いCDフォルダから探してきた。四角く碁盤目に並んだテンキーとカタカナが使えるキーボードの左側にあるのは、記憶装置のカセットテープレコーダーだ。
 その頃になるとBASICで動くマイコンは、いろいろと出るようになっていて、輸入物ではTRS-80、APPLE IIがあり、国産でも日立、シャープ、沖など大手電機メーカーがこぞって8ピットBASICマシンを発売していた。NECもちょっと遅れてPC-8001を出す。月刊「ASCII」も出ていて、そのメインの記事はプログラムの画面を白抜き文字で並べたものだった。それらのプログラムの多くは、簡単なゲームなどで、まだホビー機の域は出なかった。
 1981(昭和56)にはコモドールジャパンが8ビットの家庭用パーソナルコンピュータVIC-1001を日本で発売した。これはキーボード状の本体だけで、ディスプレイは別に調達してつなぐ方式だったが、これは会社ではなく自分ですぐに買った。自分で買った初めてのマイコン、第一号がこれだったわけだ。これでBASICのコマンドを組み合わせて、自分でプログラムをつくっては遊んでいた。BASICでプログラムをつくるのは、なかなかおもしろかった。できたプログラムを読み込み、RUNと実行命令を入れると、その結果が画面に出るが、たいていは途中でエラーになってしまう。当然ながら、一文字のタイプミスがあってもダメなので、今度はそのエラーの原因を探さなければならない。それ自体がもうゲームのようなものだった。
 この後に出た、エプソンのハンドヘルドコンピュータも自分で買って、これと音響カプラをつなぎ、電話回線を使って会社のPET-2001との通信実験も試みた。通信といっても最初は自宅のマイコンから押したキーボードの文字が、会社のPETの画面に出るというだけのものだったが、これもその実験の過程と結果を本にして出した。それは1982(昭和57)年のことで、パソコン通信が始まる3年前のことであった。
 ワープロもこの頃登場している。当初数百万円もしたものがどんどん安くなり、100万円くらいで買えるものが出たところで、これは会社で買ってもらった。しかし、ちょっと使ってみてわかったのは、この商品はいずれ袋小路に入ってしまうだろうという芳しくない結論だった。RS-232Cポートを備えていながら、メーカーにはそれを使う才覚もセンスもない。ワープロ通信などと一部ではやし始めたのは、それからずっと後になって、ワープロという商品自体が行き詰まる直前のことだった。ワープロの活用術的な本も出してみたが、これは案外に売れた。
 日本語をキーボードから入力して、画面で確認し修正し、プリントできるというのは、アメリカ映画のタイプライターで記事を書く新聞記者の姿に憧れた少年の夢に近いものだったが、それを実現して伸ばしていくのは、ワープロではなくパソコンの世界で可能になっていく。改めて調べてみると、パソコンの売上がワープロ専用機のそれを上回るのは、ずっと後の1999(平成11)年のことだという。思っていたより、ワープロもしつこくがんばっていたことになるのだが…。
 そのほか、会社で買ってもらった小道具にもう一つ、1981(昭和56)年のSORDの機械があった。これはBASICではなく、PIPSという独自の簡易プログラム言語を前面に押し出したベンチャー企業の製品で、確かに使い方によっては企業の定型的な事務処理には実用的かとも思われた。が、あまり普及しなかったし、本も出してはみたもののこれもあまり売れなかった。このように、書籍出版の編集者という本業と、密接に関わりあっていた部分はあるのだが、それとて本流からは外れた余技のようなものだった。
 PET以来、毎年の年賀状はその年(前年)のマイコン・パソコン事情を反映したものでつくってきたが、1982年にはまだPETでキーボードから入力したアラレちゃん(その当時流行っていた)でカタカナだったが、1984年はVICのBASICで描いた線を組み合わせて干支のマウスで、漢字も使っている。
IMG_0984.jpg
 だが、その当時それぞれどんなテクニックを使ってこういうものをつくったのかは、もうさっぱり記憶にない。印刷はプリントゴッコだろうと思うけど…。
 Macintoshが登場するより以前の、でんでんむしの小道具歴は、だいたいそんなところだろうか。

dendenmushi.gif(2018/08/04 記)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:MAC
きた!みた!印(28)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

その昔少年雑誌の記事で初めて電子計算機というものがあると知ってから40年=記憶遺産Part2-02 [ある編集者の記憶遺産Part2]

 何度か書いているように、でんでんむしはコンピュータに強いわけではない。むしろ専門的なことはなに一つ知らずわからず、弱いほうだと言っていい。ただ、一ユーザーとしての歴史は、日本でのマイコンの歴史が始まったその時からあるので、まあそれは日本一(?)長いと言っていいのかもしれない。長いだけでほとんど進歩もなく、専門的な知識の積み重ねもない。ただ、コンピュータの個人的な使用に関しては「偉大なるドシロウトユーザー」として、長い間その周辺をウロチョロしてきただけ、というのが実態であろう。
 どうして、それらの分野が専門の畑でもない一編集者が、そんなことを続けてきたのだろうか。そもそも何があってそんなことになってきたのだろうか。
 日本が広島と長崎に原爆を落とされ、戦争に敗れ無条件降伏をした翌年に、広島市の東の端にある小学校(その当初はまだ国民学校だった)に入学したでんでんむしは、遊ぶことしか考えていないごく普通のぼんやりしたこどもだったのだろう。食糧も物資も充分ではなかった小学生時代の記憶は、極めて断片的なものばかりだが、その後半に少ない機会(多くは借りたもの)にむさぼるようにして読んだ少年雑誌の記事で、初めて電子計算機(「コンピューター」という呼び方が当時使われていたかどうかは定かでない)のことを知った。
 その記事は、アメリカで戦争中から開発されていたエニアックについて書かれたものだったが、どえらい数の真空管が詰まっているというその機械は大きな部屋の一つにも入りきらないとか、その目的は大砲の弾道計算をするといったことが書いてあった。戦争はもう終わってるし、それ以外にその機械がなにをするのかはよくわからないままだった。
 そろばん塾にもほんのちょっとだけ顔をだしたくらいで、かけ算の九九にもつまづくようなこどもも、中学生になると、計算尺にはいくらか興味をそそられる。どうしてそうなるのかが不思議で、この頃から不思議なものに関心が向く。
 英語も苦手だったが、日本語も不思議だった。漢字の書き取りで苦労するたびに、こんな複雑な文字を使わなければならないのは、大きなマイナスになるのではないかと生意気なことを考えていた。その頃から見始めたアメリカ映画などで、タイプライターで文字を打つ場面が妙に羨ましく思われた。
 計算はもちろんだが、文字を書くのも、そのうち機械ができるようになるのではなかろうか、漠然とそんなことも考えたりもした。毛筆で履歴書を書くという作業で、何枚も失敗してみる(それも最後の「賞罰なし」のところくらいまできて書き損なったりすると泣きたくなる)とそれはだんだんと確信に変わっていく。
 その出版社の入社試験に応募するときにもまだ履歴書は毛筆だったか、それともペンで横書きに書くコクヨの履歴書だったか、その記憶がない。専門雑誌の編集部に配属されて、否応なく活字と向き合い、原稿用紙にひたすら字画の多い漢字を書き綴る毎日となった。
 原稿用紙への筆記は、もっぱら消ゴムで消せる鉛筆(柔らかめの)で、万年筆は使わなかった。むずかしい字画の多い字も、辞書を引き引き書いていた。その頃は、大抵の漢字はスラスラかけたはずなのに、今ではさっぱりその字が書けなくなってしまっていて愕然とする。また書き取りでもやろうかしらん。(というだけで、結局やらないんだけどね)
 その当時は、まだまだ通常の印刷物では活版印刷が全盛の時代で、写真が多いものではオフセット印刷も使われていたが、もっぱら活字がメインの編集業務だった。
 活字は、一文字一本の鉛の四角い棒でできたハンコだと思えばよい。大きさと字体の違うセットが何種類も斜の棚に並んでいて、原稿と小さな木の箱を手にした文選工が、原稿通りに活字を拾っていく。木の箱に拾われて並んだ活字は、原稿と割付用紙(これも編集者がつくる)とともに植字工にバトンタッチされる。自分専用の台の前に陣取った植字工は、その活字とその周辺に配置される詰め物(活字がない紙の白いままの部分をつくる)を組合わせて、一ページごとに組んでいく。
 それは、雑誌部門から単行本部門に配属が変わってからも同じだった。大手の出版社では原稿をつくるのと校正をするのは別部門というような話も聞くが、中小出版社では読者に届ける印刷物の最後の仕上がりまで、ちゃんと編集者が見届けて、チェックしなければならない。自分の書いた文字が活字になって、考えたレイアウトに従って形になっていく過程にも大きな関心を持たざるを得ない。このため、編集業務では印刷所とのやり取りや行ったり来たりも多くなる。
 活版印刷では、活字以外の図版や写真などは、別工程で亜鉛板や銅板に焼き付けて細かいデコボコをつくったものを台の上に貼り付け、活字と印面を並べて印刷機にかけ、版につけたインキを紙に転写して印刷していた。
 記念にと活字もいくつか印刷所で貰ってきたことがあったが、いつの間にかどこかへ消えてしまって手元にない。こういうガラクタお宝を何十年も保存し続けるのも、なかなかむずかしい。その代わりなぜか、本では使わなかった亜鉛板(ジンク板)が一枚手元にある。活字よりも大くて散逸しにくかったのだろう。これは写真のアミを飛ばして製版した、1970年代後半頃の新宿のビル街の風景である。(ハンコの印面だから左右は逆)
IMG_0969 (1).jpg
 そういう活版時代は結構長く続いた(なにしろ、その基本はグーテンベルグ以来から変わらないのだから)が、その世界を変えるのもやはり環境変化という外圧と技術革新の進展であったといえよう。
 活字は鉛でできている。鉛は人体に有害な物質でもある。そういう認識がじわじわと印刷現場への圧力となり、ついには各方面で法的な規制も始まり無鉛化への対応は必須になる。一方では、高技能を要する人手に頼ることの限界や職場環境の改善も、印刷業界としては課題であったこともあってか、活字を使わず写植で版をつくるオフ化(ホットメタルと言われる活版に対し、写真植字はコールドメタルとも呼ばれたので、コールド化ともいう)と、それを電子計算機で処理するという電算化が徐々に進むことになる。
 こども時代に雑誌で見た電子計算機と、自分の仕事がここで初めて結びつくことになる。ただ、印刷所の電算写植機は、大げさな空調のガラス張りの部屋に鎮座していて編集者からは遠くにあり、活版印刷のようには実態がよくわからない。いくら言ってもなかなかいう通りにやってくれない、厄介なシロモノだった。
 しかし、活字の追放は、同時に文選や植字など現場のベテラン熟練工をも追放することになった。代わりに電算で原稿からの入力を任されたオペレーターは、熟練工のようには文字も日本語も知らなかった。このため、電算初期には随分と校正にも苦労させられたという記憶がある。
 活版から平版へ、活字から写植へ…。このテーマに沿って大小さまざまな動きが起こり、それはやがて大きなうねりとなって印刷業界と出版業界を飲み込んでいった。印刷物の多くはのっぺりした写植の平版印刷になり、活字がつくるちょっと凹んだ影のある風合いがなくなったと言って嘆く人も少なくなかった。
 それが、だいたい1970年代の終わり頃から90年代にかけてのことだったろう。記念すべき初代Macintosh もちょうどそのさなかに登場するのだが、それの前にまだ…。

dendenmushi.gif(2018/08/01 記)
@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:MAC
きた!みた!印(29)  コメント(2) 
共通テーマ:地域